1098件中 41 - 50件表示
  • 中古車

    中古車から見た交通事故交通事故

    アメリカでは2006年時点で、34%の消費者が中古車購入前に、その中古車の履歴が判る「車歴報告書(vehicle history report)」を手に入れている。これは各州の運輸局が車体番号を基に発行している報告書であり、当該車に関して、過去にどのような保険金が支払われたかどうか、過去の交通事故歴といったことも記載されている。また、過去の所有者の変更・遍歴、それにともないオドメータ(累積距離計)の数字がどのように変化してきたかも記載されているものである。ここには併せて、「:en:lemon law レモン法」 と呼ばれる法規(品質が悪いものが流通しがちなレモン市場の状況を改善させるための法規群)、(ありがちな)オドメータの改竄、自動車のリコールなどについても、説明がされている。中古車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の自殺

    日本の自殺から見た交通事故交通事故

    WHOによると2015年の世界の10?19歳の若者の死因一位は交通事故、二位が大気汚染などによる呼吸器疾患、三位が自殺である。欧州と南アジアを含む地域で死因の1位または2位を占めている。日本の自殺 フレッシュアイペディアより)

  • バラク・オバマ

    バラク・オバマから見た交通事故交通事故

    1982年、父が自動車事故が原因で逝去した。46歳であった。日本のドラマ医龍3?team medical dragon?1話に出演している。バラク・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • イベントデータレコーダー

    イベントデータレコーダーから見た交通事故交通事故

    イベントデータレコーダー()とは、車載型の事故記録装置の一種。エアバッグ等が作動するような交通事故において、事故前後の車両の情報を記録するために、自動車内に設置される装置である。イベントデータレコーダー フレッシュアイペディアより)

  • クロス探偵物語

    クロス探偵物語から見た交通事故交通事故

    黒須剣は、母親を早くに亡くし父親と2人暮らしをしていたが、その父も小学生の時に交通事故で帰らぬ人となっていた。クロス探偵物語 フレッシュアイペディアより)

  • モータリゼーション

    モータリゼーションから見た交通事故交通事故

    この様な先進国の事例の他にも、現在でも多くの国でモータリゼーションが進行中である。しかし、特にモータリゼーション初期段階の国においては交通安全に寄与する社会的なインフラが、ハードウェア面(道路設備など)においてもソフトウェア面(交通マナーの普及など)においても不足していることが多く、人口当たりの交通事故の発生率が急激に上昇する傾向がある(日本でも一時期「交通戦争」が大きな社会問題となった)。また、モータリゼーション初期の国においては排出ガス対策も往々にして不十分であり、大気汚染など、都市部を中心に深刻な環境問題を引き起こすことがある。モータリゼーション フレッシュアイペディアより)

  • 自動車保険

    自動車保険から見た交通事故交通事故

    自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)においては、自動車(オートバイを含む。農耕用の小型特殊自動車は加入できない)、原動機付自転車の運行により他人を死傷させた場合(主として交通事故による)において、その被害者に対し車両の運行供用者が損害賠償の義務を負う場合に、その車両の運行供用者が被る損害(賠償額)を担保する保険(賠償責任保険)である。自動車保険 フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た交通事故交通事故

    噂は尾ひれがついて拡大し、「群馬県の赤城国際カントリークラブで急性心筋梗塞を起こし急死した」「尾瀬を観光中に尾瀬沼に落ちて溺死した」「煙草の吸い過ぎが原因の肺ガンで、宇都宮のがんセンター(栃木県立がんセンター)で死んだ」「栃木県の国道で交通事故に巻き込まれて事故死した」「死んだことは四十九日法要が過ぎてからでないと公表されない(この時期に亡くなった渥美清が遺言に「四十九日法要が済むまで公表するな」と書いていたことからとされる)」「今放送している番組は生前に撮り溜めしたもの」などと具体的な内容の噂に発展。栃木県立がんセンターが「志村(康徳)さんは入院していない」という異例の声明を出すに至り、9月28日には本人がインターホン越しに記者会見し、健在をアピールする事態になった。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 〈物語〉シリーズ

    〈物語〉シリーズから見た交通事故交通事故

    実は「迷い牛」という怪異であり幽霊(地縛霊)。両親が離婚したため離れて暮らすことになった母親に会いに行く途中、車側の信号無視による交通事故で死亡し怪異となった。自力では目的地にたどり着けないという怪異の特性上、事故以来ずっとさまよい続けていたが、暦やメメの協力によって目的地に辿り着いたことで地縛霊から浮遊霊になる(本人によると「二階級特進」)。しかし、本来その時点で成仏するはずだった真宵はその後も残り続けたことで「くらやみ」の標的になってしまい、再び「迷い牛」に戻って人を迷わせ続けるか成仏するかという選択を迫られる。そして「迷い牛」に戻ることを拒んだ真宵は、暦に別れを告げて成仏した。そして暦の考えにより、「くらやみ」の事件に関わった人間、怪異と扇(女性)以外はこの事実を知らなかった。〈物語〉シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 土谷正実

    土谷正実から見た交通事故交通事故

    1989年2月、同乗していた車が交通事故を起こして鞭打ち症を患い、医師の勧めで水戸市内のヨーガ教室へ通いはじめる。同年4月22日、友人から麻原彰晃説法会に誘われた。説法は遅刻して聞き損ねたが、科学に詳しい村井秀夫に関心を抱く。村井の勧めに従い同日世田谷道場を訪れ「ここなら本格的なヨーガの修行ができる」と思い、宗教団体という認識のないままに入信。深夜から開催された「超能力セミナー」に参加したところ、日頃徹夜して研究に励むなど意思の強さや体力には自信があったのに修行について行けず、か弱そうな女性信徒が楽々こなしているのを見て「この人達は何者だ」と驚いた。蓮華座を組みダルドリー・シッディ(座禅ジャンプ)を体験した。土谷正実 フレッシュアイペディアより)

1098件中 41 - 50件表示

「交通事故」のニューストピックワード