1098件中 71 - 80件表示
  • ひきのみち

    ひきのみちから見た交通事故交通事故

    また、交通量の多い車道とは地形を利用した立体交差により分離されており(車歩分離)、沿道には学校、スーパーマーケット、公園があることから通学や買い物等での交通事故防止に役立っている。ひきのみち フレッシュアイペディアより)

  • 誤解

    誤解から見た交通事故交通事故

    交通事故・航空事故・海難事故には、衝突した相手の意図や進路を誤解したために発生したものが多い。たとえば航空史上最大の死者を出したテネリフェ空港ジャンボ機衝突事故は、離陸の優先順位に関する誤解から発生している。誤解 フレッシュアイペディアより)

  • 対人事故

    対人事故から見た交通事故交通事故

    対人事故 フレッシュアイペディアより)

  • 下顎骨骨折

    下顎骨骨折から見た交通事故交通事故

    下顎骨骨折はその大部分が外傷性骨折であり、その内の約半数が交通事故によって発生する(増村ら 42.1%、小浜ら 45.1%、Halazonetis 46.0%、Haganら 55.8%)。下顎骨は各種咀嚼筋が多数付着しており上下左右あらゆる方向に力が作用しているので骨の変位が起こりやすい。また、下歯槽管を断裂した場合には多量の出血や下歯槽経の損傷による神経麻痺などが発生する。下顎骨は複雑な形態をしており、下顎骨の%骨体部及び下顎角部は直達骨折の場合が多いが、細い関節突起部は介達骨折を引き起こしやすい傾向にある。診断は触診などで骨折部位の推定を行い、X線撮影により特定する。下顎骨骨折 フレッシュアイペディアより)

  • 不思議少女 加藤うらら

    不思議少女 加藤うららから見た交通事故交通事故

    第12回は交通事故に遭ってしまううららの走馬灯を利用した総集編になっていて第13回の「DVDへ続く」と言う流れになっている。DVD全16話。不思議少女 加藤うらら フレッシュアイペディアより)

  • ヘッドレスト

    ヘッドレストから見た交通事故交通事故

    戦闘機の旋回時のGや、交通事故(追突)など、予想外の高い加速度(急激な加重)で搭乗者の頭部が大きく揺すられ、むち打ち症などの障害がひき起されることを防止するために設けられている。ヘッドレスト フレッシュアイペディアより)

  • ヴェルナー・ハース

    ヴェルナー・ハースから見た自動車事故交通事故

    ドビュッシーやラヴェルの専門家として名高いが、ほかにもベートーヴェンやショパン、プロコフィエフ、カバレフスキーも得意のレパートリーであった。1976年に自動車事故により急逝。ヴェルナー・ハース フレッシュアイペディアより)

  • クロード・デルヴァンクール

    クロード・デルヴァンクールから見た自動車事故交通事故

    1954年に自動車事故によりイタリアに客死した。クロード・デルヴァンクール フレッシュアイペディアより)

  • 腹腔内出血

    腹腔内出血から見た交通事故交通事故

    血管損傷はほとんどの場合、血管外傷(、)として発生する。血管外傷は交通事故、労働災害、喧嘩などによる発生が多く見られ、他にカテーテルなど医原性のものとして起こることもある。血管外傷には刃物、強い鈍力などによる開放性損傷と、鈍力、骨などによる非開放性損傷がある。特に胸腔、腹腔における損傷は血胸、腹腔内出血によるショックを招く恐れがあり、十分な検査が必要である。腹腔内出血 フレッシュアイペディアより)

  • ピエール=オクターヴ・フェルー

    ピエール=オクターヴ・フェルーから見た交通事故交通事故

    ピエール=オクターヴ・フェルー(Pierre-Octave Ferroud, 1900年1月6日 リヨン - 1936年9月17日 デブレツェン)はフランスの作曲家。地元でフローラン・シュミットに作曲を師事。ストラスブールに過ごした後、1923年よりパリに出て、室内アンサンブル「トリトン」を旗揚げした。また音楽評論家としても「パリ=ソワール」紙上で定期的に健筆を振るった。交通事故のためにハンガリーに客死。ピエール=オクターヴ・フェルー フレッシュアイペディアより)

1098件中 71 - 80件表示

「交通事故」のニューストピックワード