814件中 71 - 80件表示
  • しょうにん通り商店街

    しょうにん通り商店街から見た交通事故交通事故

    身延町は日蓮宗総本山である身延山久遠寺を擁する門前町であり、その玄関口である身延駅周辺の商店街も身延駅前通り商店街として賑わいを見せていた。しかし1970年代になると鉄道や路線バスに代わりマイカーや観光バスで訪れる人が次第に増えていったのに対し、当商店街の通りは道幅が狭いうえ車道と歩道に段差があり、また電柱が犇めき合うなど自動車に対応しているとは言いがたい状態であったため利用者や売上が減少していった。さらに当商店街を通る県道10号線が全通すると交通量は急増し、交通事故が発生する危険性も高まったことから1988年(昭和63年)に商店街組合は道路整備に関連し商店街整備計画を発起した。しょうにん通り商店街 フレッシュアイペディアより)

  • アレクシス・フェルディナンド

    アレクシス・フェルディナンドから見た交通事故交通事故

    2010年2月4日にイタリアで交通事故に巻き込まれて死亡している。アレクシス・フェルディナンド フレッシュアイペディアより)

  • 初体験 (小説)

    初体験 (小説)から見た交通事故交通事故

    夏休みを直前に控えたある日、斉藤朋子は交通事故に遭ってしまう。もうろうとする意識の中で、朋子は「神」を名乗る人物から衝撃の事実を明かされる。山本龍太と田中雅也が約40日後の8月27日、午前0時1分にそれぞれ別の場所で死ぬというのだ。彼らを助けるためには、どちらか一人と初体験をしなければならないのだという。しかし初体験は、一生に一度、故に龍太と雅也のうちどちらか一人は、死んでしまう。どちらか一人を選ばなければならないと、朋子は悩む。初体験 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 花と泳ぐ

    花と泳ぐから見た交通事故交通事故

    交通事故で隣町の総合病院に入院し、間もなく昏睡状態に陥り眠り続けている女性。花と泳ぐ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のイタリア

    2009年のイタリアから見た交通事故交通事故

    2月6日 - 17年前の交通事故により植物状態に陥っていた38歳のイタリア人女性について、家族の要請により延命措置を停止。同月9日、女性は死亡した。延命措置の停止にはローマ教皇庁は猛反対しており、イタリアの世論も賛否二分していた。中道右派のベルルスコーニ政権は延命停止阻止に動いていたが、女性の死はその矢先だった 。2009年のイタリア フレッシュアイペディアより)

  • バイク事故

    バイク事故から見た交通事故交通事故

    バイク事故 フレッシュアイペディアより)

  • 市原刑務所

    市原刑務所から見た交通事故交通事故

    交通事故(特に死亡事故)の犠牲者を供養する慰霊碑が建てられている。受刑者はここで被害者の冥福を祈る。市原刑務所 フレッシュアイペディアより)

  • 通学帽

    通学帽から見た交通事故交通事故

    主に交通事故防止と、学年識別が目的である。前者であれば、黄色の通学帽(別名・黄色い帽子)が一般的であり、後者であれば、学年別に色を変えることになる。一部に、学年ごとに色違いの体操帽を被らせている小学校もある。ただし、1990年代半ば以降は、学校が着用義務付けを廃止する傾向がある。私立や国立を中心とする制服校では、いわゆる学帽スタイルの制帽やベレー帽などを採用している学校も存在する。通学帽を採用していない小学校は、体育の授業などで使用される紅白帽を代用している場合もある。理由は黄色の通学帽とほぼ同じ理由である。紅白帽を採用している小学校は、紅が通学用で白が体育授業用と使い分けている場合が多い。通学帽 フレッシュアイペディアより)

  • 交通量

    交通量から見た自動車事故交通事故

    自動車が実用化されたことにより、移動方向に大きく自由度が増えたため、交通量の問題は複雑化した。もはや道路そのものの拡張では交通量を適切にすることは出来ず、都市計画を含めて対策しなければ問題解決にならない可能性がある。また、自動車事故も密接に関係している。交通量 フレッシュアイペディアより)

  • 交通量

    交通量から見た交通事故交通事故

    交通事故が発生すると、怪我をした人の救急搬送、事故車や破片の撤去、実況検分などで交通に影響する。交通量 フレッシュアイペディアより)

814件中 71 - 80件表示

「交通事故」のニューストピックワード