814件中 81 - 90件表示
  • 自動車安全運転センター

    自動車安全運転センターから見た交通事故交通事故

    自動車の運転に関する研修及び運転免許を受けていない者に対する交通の安全に関する研修の実施、運転免許を受けた者の自動車の運転に関する経歴に係る資料及び交通事故に関する資料の提供並びに交通事故等に関する調査研究を行うことにより、道路の交通に起因する障害の防止及び運転免許を受けた者等の利便の増進に資すること(法第1条)。自動車安全運転センター フレッシュアイペディアより)

  • 東海林稔

    東海林稔から見た交通事故交通事故

    1958年の総選挙に群馬2区から社会党公認で立候補、当選して4期務めるが在任中に交通事故で死去。この間、畜産物価審議会委員・日本社会党群馬県連合会副会長・全日農ダム特別委員長・群馬県生活協同組合連合会会長などの要職を歴任した。東海林稔 フレッシュアイペディアより)

  • 夏の思いで

    夏の思いでから見た交通事故交通事故

    大胆な性描写で新境地を開いた『夢の散歩』(1972年5月 夜行1)に続く作品。おかっぱ頭の奥さんが登場する。日常をテーマにしたものが描きたいとの思いが結実したが、内容的には「追われるの犯罪者の心理」の描写にも焦点が当てられている。事件がないと描きにくい上、読者をひきつけられないとの思惑から、交通事故を題材にしているが、売れない漫画家の主人公の男と妻とのやり取りの中に物語が進行していく。主人公が交通事故にあって意識のないグラマラスな女性に痴漢を働き、その事実の発覚を恐れるという内容。他に夫婦の会話を中心にストーリー展開していく作品には『懐かしい人』がある。夏の思いで フレッシュアイペディアより)

  • 交通警察

    交通警察から見た交通事故交通事故

    に対し、このように呼ばれる。その所管は、交通違反の取締、交通安全、更に交通事故やひき逃げや車上狙いなど、道路交通法違反や刑法の危険運転致死傷罪や自動車運転過失致死傷罪などの捜査を含め、多岐に渡る。交通警察 フレッシュアイペディアより)

  • 帰省ラッシュ

    帰省ラッシュから見た交通事故交通事故

    そのため道路では渋滞、鉄道では乗車率の上昇・(指定席の場合は)指定券の不足(特に長距離移動の特急列車・新幹線)、ターミナル駅の混雑、航空機・旅客船では乗客率の上昇・空港・港の混雑といった問題が発生する。また、交通事故が多発し死傷者が出るという問題も帰省ラッシュの時期に発生している。帰省ラッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 玉井義臣

    玉井義臣から見た交通事故交通事故

    1935年2月6日、大阪府に生まれる。大阪府立池田高等学校を卒業後、滋賀大学経済学部に入学し、1958年に卒業。証券会社勤務等を経て、経済評論家として文筆活動に入る。1963年、母親が交通事故に遭ったことを契機に「交通評論家」としての活動を開始(母親は昏睡状態のまま36日後に死去)。また、妻も20代で脊椎ガンにて下半身不随となり、2年半後に死別。これらふたつの「死」が、玉井の「あしなが運動」の原点となる。玉井義臣 フレッシュアイペディアより)

  • 西本明和

    西本明和から見た交通事故交通事故

    、愛媛県立松山商業高等学校のエース・4番として夏の甲子園で準優勝し、その後の国民体育大会で優勝。1966年度第2次ドラフト1位で広島カープに入団。投手としてはシュート、カーブが武器のサイドスロー。しかし、4月に交通事故で2か月入院。同年10月に一軍に復帰し、10月14日の対大洋ホエールズ戦(川崎球場)でプロ初勝利を挙げるも、同年シーズンオフでまたも交通事故でむち打ち症となり、長くその後遺症に悩まされることになる。西本明和 フレッシュアイペディアより)

  • ミリ子は泣かない

    ミリ子は泣かないから見た交通事故交通事故

    2年前に前妻を交通事故で亡くしており、現在は元バレーボール選手と再婚している。ミリ子は泣かない フレッシュアイペディアより)

  • 松宮一彦

    松宮一彦から見た交通事故交通事故

    私生活では3度結婚したが3度とも離婚し、子供には恵まれなかった。晩年、約30年来の友でTBS退社以降の所属事務所社長の女性を乗せて車の運転中に交通事故に遭った。社長は重傷を負い、重い後遺症が残ったことから社長とは補償問題でもめるなど不仲となった。ただし、騒動後もこの女性の事務所に在籍した。松宮一彦 フレッシュアイペディアより)

  • 松谷與二郎

    松谷與二郎から見た交通事故交通事故

    1926年、日本労農党創立に参加、全国大衆党、全国労農大衆党の顧問を務める。1930年に衆議院議員となるが、満州事変の評価をめぐって労農大衆党と対立し離党。国民同盟・日本国家社会党を経て、1934年に勤労日本党総理となるも交通事故で死去。松谷與二郎 フレッシュアイペディアより)

814件中 81 - 90件表示

「交通事故」のニューストピックワード