前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
133件中 1 - 10件表示
  • 交通事故

    交通事故から見た梨元勝

    かつては女優などは事務所が用意した運転手付きの車に送迎させていたのが多かったが、近年では経費削減のため少なくなり、仕事場へ向かうのもプライベートでも自ら運転するというケースが増えている。また、芸能リポーターの梨元勝は「付き人もいて送迎が当たり前だったスターが今や不在となり実力のないタレントが芸能界に多くなっていることの表れ」と分析している。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見たシートベルト

    シートベルト未装着や携帯電話使用への取り締まり、エアバッグの装備、合わせガラスの採用、クラッシャブルゾーンの採用、モノコックボディの高剛性化、ABSの普及など、安全装備を採用した自動車が増え、搭乗者の死亡減少に役立っている。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た自転車

    交通事故(こうつうじこ)とは交通機関における事故のことをさす。広義では鉄道・船舶・航空機などにおける事故を含むが、一般的には道路における自動車・自転車・歩行者などの間に発生した道路交通事故を指すことが多い。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た厚生労働省

    厚生労働省疾病、傷害及び死因分類:基本分類コードV01-V99交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見たエアバッグ

    シートベルト未装着や携帯電話使用への取り締まり、エアバッグの装備、合わせガラスの採用、クラッシャブルゾーンの採用、モノコックボディの高剛性化、ABSの普及など、安全装備を採用した自動車が増え、搭乗者の死亡減少に役立っている。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た自動車運転過失致死傷罪

    刑事上の責任は、刑法の危険運転致死傷罪や自動車運転過失致死傷罪、道路交通法違反(行政処分ではなく特別刑法として罰則に定められているもの - 刑事罰)による責任である。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た芸能人

    芸能人やスポーツ選手が事故を引き起こすことは、イメージダウンにつながりCMやドラマを降板しなければならなくなったりと芸能活動において大きく支障が生じる。もちろん、芸能人らが事故の被害者となるケースもある。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見たオイルショック

    交通事故死亡者数は、戦後の高度経済成長期に自動車保有率の上昇と呼応して増加し、年間1万人以上が死亡する事態となった。戦争でもないのに膨大な人数が犠牲となることから、「交通戦争」と比喩される事となった。特に1970年は、交通事故で年間で1万6765人が死亡し、史上最悪の年となった。警察や道路管理者などが教育と対策に取り組んだこと、シートベルトの普及等の自動車の安全性が向上したこと、また、2度のオイルショックなどで経済の伸びが鈍化したことなどによる影響で、事故数、被害ともいったん減少した。その後1980年代に再び増加し、バブル経済真っ只中の1988年に1万人を超えたが、1993年以降減少に転じている。1970年代の減少と合わせ、経済の盛衰が交通事故犠牲者の増減との相関を示している。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た強迫性障害

    松岡らによれば、交通事故を経験した人間の多くが、気分障害、不安障害、強迫性障害など何らかの精神医学的後遺症を来たすとしている。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た救急医療

    2012年の24時間以内死者数は4411人とついに4500人を下回ったが、これは1951年以来のことであり、いかに犠牲者が激減したかを物語っている。また、救急医療の発達によって24時間以上生存しているだけで死者数はあまり減少していないという誤った認識が存在するが、2011年の30日以内死者数は5450人、1年以内死者数は7065人とどちらも24時間以内死者数と同様に減少している。30日以内死者数は統計を取り始めた1993年以降、1年以内死者数は統計を取り始めた1965年以降もっとも少ない人数となっている。交通事故 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
133件中 1 - 10件表示

「交通事故」のニューストピックワード