135件中 91 - 100件表示
  • 交通事故

    交通事故から見たクモ膜下出血

    しかし、いかなる安全装備を以てしても致命傷を予防することは不可能である。例えば胸郭内で心臓・大動脈が動揺することによる大動脈解離や、頭部への衝撃による脳挫傷・外傷性クモ膜下出血は、エアバッグの効果にも限度があり、速度の超過や薬物の使用、飲酒運転は大きな事故を招く。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た自動車アセスメント (日本)

    第二次交通戦争では自動車保有台数の増加と共に、交通事故犠牲者は自動車の乗員が主なものとなり、1990年代には乗車中死者数は歩行者死者数の約1.7倍にまで増加したが、1990年代に自動車アセスメントが開始され、エアバッグ、衝撃吸収ボディ、プリテンショナー(衝突時締付け)機能つきシートベルトなどといった車両側の安全装備の向上の取り組みが行われ、2008年から歩行者の死者数を下回っている。また、厳罰化等により飲酒運転等の危険運転も減少し、死者数の減少に繋がった。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見たアメリカ合衆国

    2015年時点では人身事故発生件数(人口10万人当たり)ワースト3はアメリカ513件、日本493件、オーストリア454件と、自動車交通の普及している国で占められている。一方死者数(同)は南アフリカ27人、マレーシア24人、イラン24人であり、医療事情の影響がうかがえる。アジアに焦点を絞ると、人身事故発生件数(同)がサウジアラビア・日本に続いて多いのは韓国429件、イラン316件、香港224という順である(前掲資料)。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た気分障害

    松岡らによれば、交通事故を経験した人間の多くが、気分障害、不安障害、強迫性障害など何らかの精神医学的後遺症を来たすとしている。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た台車

    特に、道路交通法上「歩行者」とみなされる車両(身体障害者用の車いす、歩行補助車等又は小児用の車、ショッピングカート等)同士、あるいはこれらと歩行者との事故も、同法上の交通事故とならない。なお、リヤカーや台車等(ショッピングカートを除く)は軽車両であり、道路交通法上の道路上であれば(歩道上であっても)交通事故となる。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た遷延性意識障害

    労働災害や自然災害といった他の要因による事故と比較して、被害者が頭部や腰部に激しい衝撃を受ける蓋然性が高いことから、被害者に遷延性意識障害を始めとする重度後遺障害が残る例が少なからず見られる。また、脳に強い衝撃を受けた場合には、頭部に外傷がなくとも高次脳機能障害に至る場合がある(頭部外傷、外傷性脳損傷の項も参照のこと)。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た共同危険行為

    共同危険行為等(共同危険型暴走族、違法競走型暴走族)交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た航空事故

    以下では基本的に道路交通事故について記述する。踏切事故を含む鉄道の事故は鉄道事故、船舶の事故は海難事故・水難事故(川下りなど)、航空機の事故は航空事故の項をそれぞれ参照。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た路面電車

    道路交通法:道路における車両等(自動車、原動機付自転車、自転車などの軽車両、トロリーバス、路面電車)の交通に起因する人の死傷又は物の損壊(道路交通法第67条第2項)交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た自動車安全運転センター法

    自動車安全運転センター法:道路交通法第67条第2項に定めるものに道路外で発生したものを含む交通事故 フレッシュアイペディアより)

135件中 91 - 100件表示

「交通事故」のニューストピックワード

  • 韓国の素材技術センターはGMの電気自動車の未来を率いる中心軸