133件中 11 - 20件表示
  • 交通事故

    交通事故から見た踏切障害事故

    以下では基本的に道路交通事故について記述する。踏切事故を含めた鉄道の事故は鉄道事故、船舶の事故は海難事故・水難事故(川下りなど)、航空機の事故は航空事故の項をそれぞれ参照。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た川下り

    以下では基本的に道路交通事故について記述する。踏切事故を含めた鉄道の事故は鉄道事故、船舶の事故は海難事故・水難事故(川下りなど)、航空機の事故は航空事故の項をそれぞれ参照。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た阪神淡路大震災

    交通事故による人口10万人当たりの死亡数は9人であり、これは他の死亡原因と比較すると、地震の5人(兵庫県南部地震による阪神淡路大震災のあった1995年の数値)、火事の1.7人、他殺の0.52人より多いが、自殺の24人よりは少ない。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た

    交通事故の心身への影響は最も軽い場合には無傷(外傷・骨折等がないだけでなく、むち打ち症などの後遺障害さえない)のこともあるが、最悪の場合走行中の車両との衝突は衝撃が大きく、はねられた場合、全身あるいは頭部をを強打して即死するケースが発生する。はねられず車両に轢かれた場合は、車輪に巻き込まれたり、踏みつけられたりするなどで体の至る所が切断、圧迫され、内臓破裂、またはや内臓や血管が飛び出したり、人身事故現場に散乱するなど、原型をとどめない状態になることもあり、凄惨な状態での死に至ることもある。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た安全運転義務違反

    人身事故における行政処分では、加害者の過失が少しでも認められた場合、安全運転義務違反(2点)および人身に係る交通事故の付加点数(最低2点、最大20点)で最低でも合計4点の付加点数が付くこととなる。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た教育

    交通事故死亡者数は、戦後の高度経済成長期に自動車保有率の上昇と呼応して増加し、年間1万人以上が死亡する事態となった。戦争でもないのに膨大な人数が犠牲となることから、「交通戦争」と比喩される事となった。特に1970年は、交通事故で年間で1万6765人が死亡し、史上最悪の年となった。警察や道路管理者などが教育と対策に取り組んだこと、シートベルトの普及等の自動車の安全性が向上したこと、また、2度のオイルショックなどで経済の伸びが鈍化したことなどによる影響で、事故数、被害ともいったん減少した。その後1980年代に再び増加し、バブル経済真っ只中の1988年に1万人を超えたが、1993年以降減少に転じている。1970年代の減少と合わせ、経済の盛衰が交通事故犠牲者の増減との相関を示している。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た鉄道

    交通事故(こうつうじこ)とは交通機関における事故のことをさす。広義では鉄道・船舶・航空機などにおける事故を含むが、一般的には道路における自動車・自転車・歩行者などの間に発生した道路交通事故を指すことが多い。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た船舶

    交通事故(こうつうじこ)とは交通機関における事故のことをさす。広義では鉄道・船舶・航空機などにおける事故を含むが、一般的には道路における自動車・自転車・歩行者などの間に発生した道路交通事故を指すことが多い。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た動物

    道路上への動物の飛び出し - 侵入防止柵、アニマルトンネル(動物用に地下に設置される専用のトンネル)、アニマルパスウェイ(動物用に空中に架設される専用の橋)などによる回避策が講じられることが多い。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た海難事故

    以下では基本的に道路交通事故について記述する。踏切事故を含めた鉄道の事故は鉄道事故、船舶の事故は海難事故・水難事故(川下りなど)、航空機の事故は航空事故の項をそれぞれ参照。交通事故 フレッシュアイペディアより)

133件中 11 - 20件表示

「交通事故」のニューストピックワード