135件中 21 - 30件表示
  • 交通事故

    交通事故から見た海難事故

    以下では基本的に道路交通事故について記述する。踏切事故を含む鉄道の事故は鉄道事故、船舶の事故は海難事故・水難事故(川下りなど)、航空機の事故は航空事故の項をそれぞれ参照。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見たアンチロック・ブレーキ・システム

    シートベルト未装着や携帯電話使用への取り締まり、エアバッグの装備、合わせガラスの採用、クラッシャブルゾーンの採用、モノコックボディの高剛性化、ABSの普及など、安全装備を採用した自動車が増え、搭乗者の死亡減少に役立っている。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た新東名高速道路

    新東名高速道路(第二東名高速道路) 200件交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た横滑り防止装置

    約30年間にわたり横ばいだった交通事故発生率が減少し始めた要因は、第二次交通戦争時はエアバッグのような事故が起きた際に被害を軽減するパッシブセーフティが安全対策として普及したのに対して、2010年代に入り事故そのものを未然に予防するアクティブセーフティが普及しだした事が挙げられる。2010年頃から横滑り防止装置や衝突被害軽減ブレーキなどが普及しだしており、2014年には自動車アセスメントに予防安全性能アセスメントが追加されている。2016年には年間交通事故による死亡者数が1949年の67年ぶりに3000人レベルにまで減少して、飲酒運転の取り締まりと交通安全文化の普及で交通事故死亡者が最も多かった時期に比べると4分の1の水準に減少した。さらに全交通事故の発生件数も2015年より7.1%減の49万9232件だった。 2017年度には自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)などの事故を減らす技術の普及で事故率が下がったという理由で、自賠責保険料が引き下げされている。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た地震

    2012年の交通事故による人口10万人当たりの1年以内死者数は5人であり、これは他の死亡原因と比較すると、地震の5人(阪神淡路大震災のあった1995年の数値)と同等、火事の1.7人、他殺の0.52人より多いが、自殺の24人よりは少ない。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見たてんかん

    てんかんによる意識障害(特に意識や運動の障害に陥る発作を伴うもの)交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た交通事故の過失割合

    自動車または原動機付自転車の運行により人の生命または身体を侵害した場合には、加害者側で被害者の過失を立証しなければこれによって生じた損害(他人の生命、身体に対するものに限る)についてその責めを負い、重大な賠償責任を負担する事が殆どである(詳しくは交通事故の過失割合を参照)。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た骨盤

    重傷度の高い順に挙げれば、頸髄損傷、胸部外傷、気道閉塞(顔面損傷や頚部外傷など)、腹腔内・骨盤損傷などである。これらに比べれば、四肢の損傷のみによって死に至ることは少ない。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た飲酒運転

    飲酒運転(酒酔い運転)交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見たストライキ

    老人と子供のポルカ -第一次交通戦争「『ゲバ(学生運動)』『ジコ(交通事故)』『スト(ストライキ)』の被害者は老人と子供である」という痛切な叫びが込められたメッセージソングである。交通事故 フレッシュアイペディアより)

135件中 21 - 30件表示

「交通事故」のニューストピックワード

  • 韓国の素材技術センターはGMの電気自動車の未来を率いる中心軸