133件中 31 - 40件表示
  • 交通事故

    交通事故から見た器物損壊罪

    自動車等を利用して故意に人の死傷や物の損壊を起こした場合には自動車等を利用した故意犯となり刑法上の殺人罪、傷害罪、器物損壊罪等に問われる。人身事故および建造物損壊事故を除く、過失の物損事故の場合は、行為者に刑事罰が科されることはない。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た殺人罪

    自動車等を利用して故意に人の死傷や物の損壊を起こした場合には自動車等を利用した故意犯となり刑法上の殺人罪、傷害罪、器物損壊罪等に問われる。人身事故および建造物損壊事故を除く、過失の物損事故の場合は、行為者に刑事罰が科されることはない。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た原動機付自転車

    道路交通法:道路における車両等(自動車、原動機付自転車、自転車などの軽車両、路面電車、トロリーバスの全て)の交通に起因する人の死傷又は物の損壊(道路交通法第67条第2項)交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た歩行者

    交通事故(こうつうじこ)とは交通機関における事故のことをさす。広義では鉄道・船舶・航空機などにおける事故を含むが、一般的には道路における自動車・自転車・歩行者などの間に発生した道路交通事故を指すことが多い。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た運転免許証

    この場合の「道路」は、一般交通の用に供する全ての場所である。ただ、運転免許証の要件として「道路外致死傷」が新設され、道路交通法上でも一定の影響を及ぼすようになった。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見たオートバイ

    オートバイの交通事故は、ボディに覆われていない事から大きな事故になる場合がある。詳細はオートバイの事故を参照のこと。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見たクラッシャブルゾーン

    シートベルト未装着や携帯電話使用への取り締まり、エアバッグの装備、合わせガラスの採用、クラッシャブルゾーンの採用、モノコックボディの高剛性化、ABSの普及など、安全装備を採用した自動車が増え、搭乗者の死亡減少に役立っている。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た航空機

    交通事故(こうつうじこ)とは交通機関における事故のことをさす。広義では鉄道・船舶・航空機などにおける事故を含むが、一般的には道路における自動車・自転車・歩行者などの間に発生した道路交通事故を指すことが多い。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見たスポーツ

    芸能人やスポーツ選手が事故を引き起こすことは、イメージダウンにつながりCMやドラマを降板しなければならなくなったりと芸能活動において大きく支障が生じる。もちろん、芸能人らが事故の被害者となるケースもある。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た火事

    交通事故による人口10万人当たりの死亡数は9人であり、これは他の死亡原因と比較すると、地震の5人(兵庫県南部地震による阪神淡路大震災のあった1995年の数値)、火事の1.7人、他殺の0.52人より多いが、自殺の24人よりは少ない。交通事故 フレッシュアイペディアより)

133件中 31 - 40件表示

「交通事故」のニューストピックワード