133件中 51 - 60件表示
  • 交通事故

    交通事故から見た交通反則通告制度

    反則行為の結果として交通事故を引き起こした場合には交通反則通告制度の適用はない(道路交通法125条2項)。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見たプリテンショナー

    1970年代後半からの交通事故犠牲者は運転中の乗員が主なものとなっていったが、プリテンショナー(衝突時締付け)機能つきシートベルト、エアバッグ、衝撃吸収ボディなどといった車両側の安全装備の向上により減少し、2008年から歩行者の死者数を下回っている交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見たサンキュー事故

    サンキュー事故 - 右折時に対向直進車が右折してもいいよと譲ってくれた時に速やかに右折しようとした所、車の死角から二輪車が直進する際に衝突するなどが代表的。二輪が譲った際の四輪車直進と四輪車右折より多い。→死角が多いにも関わらず確認を怠り右折するため交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た軽車両

    道路交通法:道路における車両等(自動車、原動機付自転車、自転車などの軽車両、路面電車、トロリーバスの全て)の交通に起因する人の死傷又は物の損壊(道路交通法第67条第2項)交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見たバブル経済

    交通事故死亡者数は、戦後の高度経済成長期に自動車保有率の上昇と呼応して増加し、年間1万人以上が死亡する事態となった。戦争でもないのに膨大な人数が犠牲となることから、「交通戦争」と比喩される事となった。特に1970年は、交通事故で年間で1万6765人が死亡し、史上最悪の年となった。警察や道路管理者などが教育と対策に取り組んだこと、シートベルトの普及等の自動車の安全性が向上したこと、また、2度のオイルショックなどで経済の伸びが鈍化したことなどによる影響で、事故数、被害ともいったん減少した。その後1980年代に再び増加し、バブル経済真っ只中の1988年に1万人を超えたが、1993年以降減少に転じている。1970年代の減少と合わせ、経済の盛衰が交通事故犠牲者の増減との相関を示している。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見たバンパー

    バンパーの位置を、成人の大腿・骨盤の位置から下腿の位置に下げる(後者の部位に骨折・裂傷を負っても致命的とはなりにくい)交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た損害賠償

    交通事故を含む事故において故意または過失により他人の権利(生命、身体または財産)を侵害した場合、それによって発生した損害賠償する責任を負う(民法の不法行為原則)。人身事故、建造物損壊事故および物損事故の全てが該当する。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見たポーランド

    また、事故死を交通手段別に分類すると、メキシコ・韓国・ポーランド・リトアニア・日本などは、ドライバーの弱者優先の意識が低い、車道ばかりで歩行者道の無整備などの理由からか歩行者や自転車、そしてオートバイの比率が高い。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た自動車損害賠償保障法

    自動車損害賠償保障法:自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命又は身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任ずる。(自賠責法第3条)交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た後遺障害

    労働災害や自然災害といった他の要因による事故と比較して、被害者が頭部や腰部に激しい衝撃を受ける蓋然性が高いことから、被害者に遷延性意識障害を始めとする重度後遺障害が残る例が少なからず見られる。また、脳に強い衝撃を受けた場合には、頭部に外傷がなくとも高次脳機能障害に至る場合がある(頭部外傷、外傷性脳損傷の項も参照のこと)。交通事故 フレッシュアイペディアより)

133件中 51 - 60件表示

「交通事故」のニューストピックワード