135件中 61 - 70件表示
  • 交通事故

    交通事故から見た交通反則通告制度

    反則行為の結果として交通事故を引き起こした場合には交通反則通告制度の適用はない(道路交通法125条2項)。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見たプリテンショナー

    第二次交通戦争では自動車保有台数の増加と共に、交通事故犠牲者は自動車の乗員が主なものとなり、1990年代には乗車中死者数は歩行者死者数の約1.7倍にまで増加したが、1990年代に自動車アセスメントが開始され、エアバッグ、衝撃吸収ボディ、プリテンショナー(衝突時締付け)機能つきシートベルトなどといった車両側の安全装備の向上の取り組みが行われ、2008年から歩行者の死者数を下回っている。また、厳罰化等により飲酒運転等の危険運転も減少し、死者数の減少に繋がった。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見たイラン

    2015年時点では人身事故発生件数(人口10万人当たり)ワースト3はアメリカ513件、日本493件、オーストリア454件と、自動車交通の普及している国で占められている。一方死者数(同)は南アフリカ27人、マレーシア24人、イラン24人であり、医療事情の影響がうかがえる。アジアに焦点を絞ると、人身事故発生件数(同)がサウジアラビア・日本に続いて多いのは韓国429件、イラン316件、香港224という順である(前掲資料)。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た道路法

    道路交通法における「道路」は、道路法に規定する道路、道路運送法に規定する自動車道及び一般交通の用に供する全ての場所である。よって、道路交通法上の「道路」外での事故には交通事故証明書は発行されない。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見たサンキュー事故

    サンキュー事故 - 右折時に対向直進車が右折してもいいよと譲ってくれた時に速やかに右折しようとした所、車の死角から二輪車が直進する際に衝突するなどが代表的。二輪が譲った際の四輪車直進と四輪車右折より多い。→ 死角が多いにも関わらず確認を怠り右折するため交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見たバンパー

    バンパーの位置を、成人の大腿・骨盤の位置から下腿の位置に下げる(後者の部位に骨折・裂傷を負っても致命的とはなりにくい)交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た警察庁

    警察庁「平成28年度中の交通死亡事故の特徴及び道路交通法違反取締り状況について」交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た損害賠償

    交通事故を含む事故において故意または過失により他人の権利(生命、身体または財産)を侵害した場合、それによって発生した損害賠償する責任を負う(民法の不法行為原則)。人身事故、建造物損壊事故および物損事故の全てが該当する。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見たポーランド

    また、事故死を交通手段別に分類すると、メキシコ・韓国・ポーランド・リトアニア・日本などは、ドライバーの弱者優先の意識が低い、車道ばかりで歩行者道の無整備などの理由からか歩行者や自転車、そしてオートバイの比率が高い。交通事故 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た後遺障害

    労働災害や自然災害といった他の要因による事故と比較して、被害者が頭部や腰部に激しい衝撃を受ける蓋然性が高いことから、被害者に遷延性意識障害を始めとする重度後遺障害が残る例が少なからず見られる。また、脳に強い衝撃を受けた場合には、頭部に外傷がなくとも高次脳機能障害に至る場合がある(頭部外傷、外傷性脳損傷の項も参照のこと)。交通事故 フレッシュアイペディアより)

135件中 61 - 70件表示

「交通事故」のニューストピックワード

  • 韓国の素材技術センターはGMの電気自動車の未来を率いる中心軸