75件中 61 - 70件表示
  • 古屋圭司

    古屋圭司から見た交通違反交通違反

    国家公安委員会委員長時代の2013年6月4日に行われた閣議後会見で、交通違反の取り締まりを論じる中で、「歩行者が出てくる危険性がない場所で、制限速度の20キロ超過を取り締まるのは疑問」「取り締まりのための取り締まりになっている傾向がある」という趣旨の発言をした。古屋圭司 フレッシュアイペディアより)

  • 停車

    停車から見た交通違反交通違反

    には、そうではない場合に比べてそれぞれ、交通違反の罰則や反則金、行政処分の基礎点数が加重されている。停車 フレッシュアイペディアより)

  • 西村博之

    西村博之から見た交通違反交通違反

    1998年1月(2月6日説もある)、大学在学中に「Hirox's room」を開設。3月には大学の友人と合資会社東京アクセスを設立した。6月6日、「Hirox's room」から、「実録!交通違反をもみ消して罰金を払わない方法」(別名:「交通違反の揉み消し方」)にサイト名を変更。西村博之 フレッシュアイペディアより)

  • 罰金

    罰金から見た交通違反交通違反

    交通違反の際に課される「反則金」や、行政上の手続違反の際に課される「過料」を俗に「罰金」と呼ぶことがある。しかしこれらは行政処分の一種である「行政罰」であり、刑事罰たる罰金とは法的性質が異なる。端的に言えば、罰金は前科もしくは前歴になる刑罰であるのに対して、反則金や過料はそれにはあたらない。また過料は最高額が2000円を超えることは出来ないと定められている。罰金 フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛県警察

    愛媛県警察から見た交通違反交通違反

    2012年7月、妻の元同僚を交通違反で摘発したことを同年1月に妻に漏らしたとして、警察署地域課に勤務する男性巡査部長が地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで書類送検された。巡査部長は所属長訓戒処分となり同年3月、妻が元同僚の家族に話をしたため発覚した。愛媛県警察 フレッシュアイペディアより)

  • 認知件数

    認知件数から見た交通違反交通違反

    認知件数の大きな特徴は、交通違反などの一斉取り締まりを除いて、市民や被害者からの犯罪発生の届出受理件数である点にある。つまり、被害者や目撃者が事件を届けなければ犯罪発生は認知されないし、届けられた事件が犯罪を構成すると警察が考えなければ認知されたことにならない。認知件数 フレッシュアイペディアより)

  • 飲酒運転

    飲酒運転から見た違反点数交通違反

    酒気帯び運転は、2002年(平成14年)5月末までは、呼気中アルコール濃度0.25 mg以上で違反点数6点となっていたが、2002年6月以降は、0.15 mg以上で違反点数6点、0.25 mg以上で違反点数13点、さらに2009年6月以降は、0.15 mg以上で違反点数13点、0.25 mg以上で違反点数25点と、年々重い行政処分が課されるようになっている。飲酒運転 フレッシュアイペディアより)

  • 危険運転致死傷罪

    危険運転致死傷罪から見た交通違反交通違反

    なお、構成要件には上記以外の交通違反、たとえば過労運転、持病(てんかん、睡眠時無呼吸症候群など)を有する状態での運転、無免許運転、無保険運転などは含まれていなかったが、自動車運転死傷行為処罰法の施行により、それらの一部については準酩酊運転致死傷や病気運転致死傷として処罰されることとなった。危険運転致死傷罪 フレッシュアイペディアより)

  • 禁錮

    禁錮から見た交通違反交通違反

    禁錮以上(死刑、懲役、禁錮)の刑に処せられた場合について、法律や法令で欠格事由としている例があり、俗にいう「前科者」も「禁錮以上の刑に処せられた者」(または執行猶予中の者)を指すことが多いが、より厳格な例として「罰金以上の刑に処せられた者」(交通違反など)まで含まれることもある。禁錮 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た安全運転義務違反交通違反

    人身事故における行政処分では、加害者の過失が少しでも認められた場合、安全運転義務違反(2点)および人身に係る交通事故の付加点数(最低2点、最大20点)で最低でも合計4点の付加点数が付くこととなる。交通事故 フレッシュアイペディアより)

75件中 61 - 70件表示

「交通違反」のニューストピックワード