544件中 41 - 50件表示
  • 模倣宝石

    模倣宝石から見た京セラ京セラ

    synthetic(artificial), Lab-Createdとも表記され、化学的に合成された宝石である。天然宝石と同じ物質であるため物理的特質は同じである。宝飾目的以外に工業製品に利用されている。日本では京セラのクレサンベールなど一部を除き、一般には真っ赤なニセモノ扱いをされ、無価値に等しいとされるが、諸外国ではそれなりの評価がされる。模倣宝石 フレッシュアイペディアより)

  • 谷本秀夫

    谷本秀夫から見た京都セラミック京セラ

    長崎県出身。1982年、上智大学理工学部卒業。同年4月、京都セラミック株式会社(現・京セラ株式会社)入社。入社後は、同社創業以来の事業であるファインセラミック事業を一貫して歩んだ。谷本秀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 衛星電話

    衛星電話から見た京セラ京セラ

    日本でも第二電電(DDI,現:KDDI)と京セラらが出資して1993年に設立した「日本イリジウム」によって1998年11月からアメリカと同時にサービスが開始された。DDIとしてはDDIセルラーグループ、ツーカー、DDIポケットに次ぐ移動体通信事業への参入であった。これに伴い日本で発着信するイリジウムの衛星電話網とイリジウム以外の電話回線(国際電話含む)を中継するアースターミナルと称する関門局が長野県内の山間部に3カ所設置され、DDIが同時期に参入した国際電話(0078)網も大いに活用されることになった。2000年3月末日を以て、米国イリジウム社のサービス停止により日本でも端末の使用ができなくなり、アースターミナルも運用停止状態を経て2005年前後に解体された。衛星電話 フレッシュアイペディアより)

  • フルブラウザ

    フルブラウザから見た京セラ京セラ

    日本では、DDIポケット(現・WILLCOM)と京セラはここに着目し、既に欧米ではノキアなどのスマートフォン端末にも採用されているOperaを搭載したAIR-EDGE PHONE端末「AH-K3001V」を開発、発売。同機はPHSとしては異例の大ヒットを記録するまでになった。フルブラウザ フレッシュアイペディアより)

  • CDMA 1X WIN

    CDMA 1X WINから見た京セラ京セラ

    パナソニック・東芝(富士通東芝→富士通モバイル製を含む)・日立・京セラ・ソニーモバイル(旧:ソニー・エリクソン)・富士通・NEC・モトローラ製端末のJATE通過時のメーカー略称が2桁である(それぞれP/MA、T/TS、H/HI、K/KY、S/SO、F/FJ、N/NE、M/MOである)。CDMA 1X WIN フレッシュアイペディアより)

  • BREW

    BREWから見た京セラ京セラ

    日本では、2016年8月現在、KDDI・沖縄セルラー電話のスマートフォンとシャープ製のAQUOS Kシリーズ(SHF31、SHF32等)、京セラ製のGRATINA 4Gシリーズ(KYF31等)、同じく京セラ製のかんたんケータイシリーズ(KYF32等。旧称・簡単ケータイシリーズ)を含む一部のフィーチャーフォンを除く各au携帯電話のほとんどの機種がEZアプリ(BREW)を使用している。2016年9月現在、スマートフォン、およびAQUOS Kシリーズ、GRATINA 4Gシリーズ、かんたんケータイシリーズ、mamorino Watch(ZTF31)以外で使用できない機種には、W11H、W11K、W21H、A101K(簡単ケータイS)、A1405PT、A1406PT、A1407PT、mamorinoシリーズ(KYY01、KYY02、KYY05)全機種、PT001(簡単ケータイS)、Mi-Look(KYY03)等がある。BREW フレッシュアイペディアより)

  • 高橋メアリージュン

    高橋メアリージュンから見た京セラ京セラ

    日本人の父とスペイン系フィリピン人の母のもと京都府で出生し、滋賀県の大津市で育つ。2003年の8月に『横浜・湘南オーディション2003』でグランプリを獲得、翌2004年の4月から『CanCam』の専属モデルとなった。2007年から歌番組やバラエティ番組などを含む様々なテレビ番組や、セシルマクビー、京セラ、森永製菓、グーグルなどの各種企業・商品のテレビコマーシャルに出演してきた。2012年の6月号をもって『CanCam』の専属モデルを卒業。以後は『CLASSY.』や『Oggi』、『GINA』などの雑誌に姿を見せている。さらに女優活動を活発化させてもおり、同年にもNHK連続テレビ小説『純と愛』にてマリヤを演じるなどしている。高橋メアリージュン フレッシュアイペディアより)

  • 霧島市

    霧島市から見た京セラ京セラ

    薩摩地方と大隅地方、また宮崎県を結ぶ交通の要所で、国道・鉄道などの交通手段が発達し、古くから鹿児島県内有数の都市として発展してきた。また、鹿児島空港の開港、九州自動車道の開通による地理的な条件を生かし、国分隼人テクノポリスの指定を受けて、ソニーや京セラなどのハイテク産業が発展した。霧島市 フレッシュアイペディアより)

  • 三州自動車

    三州自動車から見た京セラ京セラ

    《停車停留所》…鹿児島空港 - 京セラ隼人工場 - ホテル京セラ - ソニー国分北 - 霧島市役所 - 国分中央6丁目 - ホテル京セラ前 - 南日本新聞国分制作センター - 牧ノ原ドライブイン - ビューホテル前 - 市成本町 - 百引 - ゴルフ場前 - 高隈 - 上祓川 - 鹿屋 - 鹿屋市役所前 - 寿中央 - 東団地前 - 東笠ノ原三州自動車 フレッシュアイペディアより)

  • スマートフォン

    スマートフォンから見た京セラ京セラ

    日本では1990年代以前に東芝「GENIO」や京セラ「DataScope」「DataScope for DoCoMo」、パナソニック「ピノキオ」といった、“PDA的要素を付加した携帯電話/PHS”はいくつか発売されたが普及は進まず、むしろ一般の携帯電話(フィーチャー・フォン)の高機能化を受け入れるユーザー層の増加が目立った。しかし、3G(第三世代携帯電話)の普及にともなって、日本国外で生まれたカテゴリーであるスマートフォンを日本語化して発売することが可能になり、2004年にはボーダフォン日本法人(現ソフトバンクモバイル)からノキア「Vodafone 702NK」が、2005年にはNTTドコモからモトローラ「FOMA M1000」が発売された。また同じく2005年に、シャープとウィルコムがWindows Mobile 5.0 for PocketPCを搭載した日本独自開発の「W-ZERO3」シリーズを出すなどの動きがあり、このころ日本でも本格的なスマートフォンが普及するきざしが出始めた。日本国外製の3G対応のスマートフォンを個人輸入するユーザーもいた。スマートフォン フレッシュアイペディアより)

544件中 41 - 50件表示

「京セラ」のニューストピックワード