27件中 11 - 20件表示
  • アルピコ交通上高地線

    アルピコ交通上高地線から見た京三製作所京三製作所

    自動列車停止装置(ATS)、列車集中制御装置(CTC)(京三製作所製RCH6型)が導入されている。交換駅等には連動装置が設置されている。アルピコ交通上高地線 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の音響装置付信号機

    日本の音響装置付信号機から見た京三製作所京三製作所

    「ポー、ポー、ポー」:京三製作所・日本信号日本の音響装置付信号機 フレッシュアイペディアより)

  • ダーリンハニー

    ダーリンハニーから見た京三製作所京三製作所

    『タモリ倶楽部』の鉄道企画にたびたび出演している。2012年2月24日放送「こんなに街中にあふれてるッ!メイドイン京三製作所を見に行こう!」で初めてコンビで進行役を担当した。ダーリンハニー フレッシュアイペディアより)

  • 金沢八景駅

    金沢八景駅から見た京三製作所京三製作所

    かつては、逗子線の列車の発着番線のみを表示する反転フラップ式発車標および列車通過時にチャイムが鳴動する警告表示があったが、2007年(平成19年)4月より列車入線時に『6つのレントラー舞曲』(2008年12月からは『道』)、通過時にチャイムが鳴動する京三製のLED式発車標に更新された。金沢八景駅 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢文庫駅

    金沢文庫駅から見た京三製作所京三製作所

    発車標はホームの階段前に上下2箇所ずつある。当初は京三製作所製の停車駅案内付き反転フラップ式発車標(お知らせ・列車接近表示部はLED式)で、この発車標には当駅止まりや入れ替え列車が表示されていなかった。2016年3月下旬に上り・下りホーム共にフルカラーLED式電光掲示板へ交換された。金沢文庫駅 フレッシュアイペディアより)

  • 京急鶴見駅

    京急鶴見駅から見た京三製作所京三製作所

    京急鶴見駅(けいきゅうつるみえき)は、神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央一丁目にある京浜急行電鉄本線の駅である。駅番号はKK29。「京三製作所本社」の副称が付く。京急鶴見駅 フレッシュアイペディアより)

  • 富岡車両基地

    富岡車両基地から見た京三製作所京三製作所

    2013年1月10日、第1期として車両工場部分が供用された。構内の信号システムなどは台湾京三製作所が受注している。富岡車両基地 フレッシュアイペディアより)

  • 西武鉄道

    西武鉄道から見た京三製作所京三製作所

    歩行者用、自動車通行可能な踏切共にすべての踏切で遮断機及び警報器が自動化されている。踏切の遮断機・警報器や起動装置などはほとんどが京三製作所製で、一部日本信号製の物が使われている。2008年度には自動車が通行可能な踏切242踏切に、踏切支障報知装置(非常ボタン)と踏切支障検知装置の設置を完了した。列車の運転士が運転中に踏切遮断機の作動を確認する線路脇に設置されている表示灯は、他社では見られない特殊なものとなっている。他社では電球色で「×」印の表示灯が一般的だが、西武鉄道では踏切の警報灯と同じ上下点滅式のLED表示灯となっている。2005年より比較的大きな踏切では道路と歩行者用通路を明確にし歩行者の安全を確保するため、歩行者用通路が緑色で塗りわけられている。なお、警報音は設置当初から数十年以上手鳴らしによる「カンカンカンカン」という西武独自の独特な音のものであったが、1990年頃より2世代前、1992年頃より1世代前のものへ変更が始まり、一時期現行のもの含めすべての警報音が重なった時期もあったが、2008年に1世代前と現行の4代目の2つのみに統一された。なお、現在の2つは列車接近警報装置の警報音としても使用されている。西武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 中央高速バス

    中央高速バスから見た京三製作所京三製作所

    1980年 - 甲府線で座席予約システム(SRS-80:京三製作所製)の運用を開始。以後開設される路線は、この予約システムに組み込まれた。中央高速バス フレッシュアイペディアより)

  • 中央林間駅

    中央林間駅から見た京三製作所京三製作所

    1984年4月の開業時、電子連動装置が日本で最初に実運用を開始した駅である(京三製作所製)。中央林間駅 フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示