1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示
  • 東京メトロ丸ノ内線

    東京メトロ丸ノ内線から見た京三製作所京三製作所

    当路線の全駅に可動式ホーム柵(ホームドア)が設置されている。ホーム柵は京三製作所製である。東京メトロ丸ノ内線 フレッシュアイペディアより)

  • 列車運行管理システム

    列車運行管理システムから見た京三製作所京三製作所

    TTC(列車運行管理システム)。東横線、目黒線、田園都市線、こどもの国線、みなとみらい線の全区間に導入されている。京三製作所製。列車運行管理システム フレッシュアイペディアより)

  • 東京メトロ南北線

    東京メトロ南北線から見た京三製作所京三製作所

    前述のコンセプトに基づき、全線でATOによる自動運転とワンマン運転を実施しており、全駅にホームドアシステムを装備する。2015年現在東京地下鉄では唯一の天井までほぼ完全にホームを被う半密閉式フルスクリーンタイプ(ナブテスコ製)を採用した路線である。ただし東急管理の目黒駅のみ目黒線や東京メトロ他線と同様に可動式ホーム柵(京三製作所製)を採用している。東京メトロ南北線 フレッシュアイペディアより)

  • 京王電鉄

    京王電鉄から見た京三製作所京三製作所

    運転保安度向上の一環として京三製作所製のATCの導入が決定し、設置工事が行われ、2010年3月から相模原線で先行導入し、2011年10月から京王線系統(京王新線・競馬場線・動物園線・高尾線を含む)、2013年3月から井の頭線で使用されている。近隣の鉄道では同時期に東武鉄道も東武東上本線より順次ATC化される。京王電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 阪急電鉄

    阪急電鉄から見た京三製作所京三製作所

    中でも東芝は阪急において主調達先に位置付けられ、神宝線のほとんどの電装品のほか、京都線の蓄電池や補助機器、全駅の駅務機器やエレベーター、業務用パソコンなど幅広い分野で使用されている。ただし、ATSの車上子についてはパナソニック製、信号・連動装置、発車標は京三製作所製、パンタグラフは東洋電機製造製が使われている。JR西日本や関西の一部の鉄道事業者では、車両に三菱電機の製品(電動機・推進制御装置・情報管理装置・空調装置など)を使用するケースが多いが、阪急では沿線に生産拠点(神戸線沿線の尼崎市にある伊丹製作所)があるものの採用していない。ただし一部の駅において、三菱電機製のエスカレーターやエレベーターを採用している。阪急電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 大神宮下駅

    大神宮下駅から見た京三製作所京三製作所

    相対式ホーム2面2線を有する高架駅である。階段付近とホームには京三製作所製のLED式発車標があり、京成船橋駅や京成大和田駅と同内容の放送が流れる。大神宮下駅 フレッシュアイペディアより)

  • 京王5000系電車 (2代)

    京王5000系電車 (2代)から見た京三製作所京三製作所

    主幹制御器はデッドマン装置付きのT形ワンハンドルマスコンで、運転士の操作がロータリエンコーダにより信号に変換された後に二重系で出力され、各機器に伝送される。保安装置として、京三製作所製京王線内用ATCに加え、日立製作所製新宿線用D-ATCを装備する。新たにホーム検知装置(ジェイアール西日本テクノス製)が備えられている。これは、乗務員室の運転士背面の中央部にホームの検知状態を示す表示灯とドア開操作の誤操作を注意喚起するブザーで構成された報知盤が設置されており、ホームの有無を車両側のセンサーで検知して、ホームが検知できない側で誤ってドア開操作をしても、ドアの開操作は行われず、ブザーで注意喚起する。事故発生時の記録を目的として、両先頭車に日立造船製の前方監視カメラを設置している。京王5000系電車 (2代) フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示