前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
881件中 1 - 10件表示
  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た京成電鉄京成電鉄

    日程が判明し次第、検問所への黄色い立て看板の設置と公式ウェブサイトの「トップページ」上、新聞の「政府広報」広告、首都圏のJRおよび京成電鉄の各駅券売所で告知がなされた。2000年代以降は、反対派勢力が少数派となっているため、年数回に留まっていたが、反対派敷地を空港会社へ明け渡しを求める絡みの裁判(審議・判決)が行われた直後に行われる傾向があった。2010年(平成22年)を最後に、反対派による集会等が行われていても、入場規制は行われていない。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • オリエンタルランド

    オリエンタルランドから見た京成電鉄京成電鉄

    会社自体は京成電鉄の持分法適用関連会社として京成グループに名を連ねているが、「K'SEI GROUP」ロゴは使用していない(こちらも参照)。オリエンタルランド フレッシュアイペディアより)

  • 千葉急行電鉄

    千葉急行電鉄から見た京成電鉄京成電鉄

    千葉急行電鉄株式会社(ちばきゅうこうでんてつ)は、かつて存在した日本の鉄道事業者。京成電鉄と千葉県・千葉市が出資する第三セクター。千葉急行電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 幕張

    幕張から見た京成電鉄京成電鉄

    花見川区幕張地域は内陸側にあり、JR総武線・京成電鉄千葉線沿線である。美浜区幕張地域は海浜側にある埋立地で、JR京葉線沿線である。これらの地域の地誌は、おおよそ以下の通りである。幕張 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄浅草線

    都営地下鉄浅草線から見た京成電鉄京成電鉄

    直通先の京急線・京成線がそれぞれ東京国際空港(羽田空港)、成田国際空港(成田空港)へのアクセスを担っているため、浅草線自体も空港アクセス路線としての役割を有し、羽田空港国内線ターミナル駅と成田空港駅を結ぶ列車も設定されている。また、2010年7月17日に開業した北総線経由のアクセスルートである成田スカイアクセス(成田空港線)との直通運転も行っており、都心部から成田空港へのアクセス路線としての役割は強さを増している。都営地下鉄浅草線 フレッシュアイペディアより)

  • 京浜急行電鉄

    京浜急行電鉄から見た京成電鉄京成電鉄

    京浜急行電鉄は、東京都港区から品川区、大田区、神奈川県川崎市、横浜市、さらに三浦半島へ至る鉄道路線を運営している。近年は羽田空港へのアクセス鉄道としても利用されている。また都営地下鉄浅草線、京成電鉄、北総鉄道北総線と相互乗り入れ、芝山鉄道芝山鉄道線に乗り入れを実施しており(詳細は後述)、千葉県北部の千葉ニュータウンや成田空港まで乗り入れている。京浜急行電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 北総鉄道北総線

    北総鉄道北総線から見た京成電鉄京成電鉄

    北総開発鉄道は、千葉ニュータウンと東京都心を結ぶことが建設目的であるため、1983年(昭和58年)に第2期線の建設に着手する。1991年(平成3年)に京成高砂駅 - 新鎌ヶ谷駅間を開業し、北総開発鉄道、京成電鉄、東京都交通局(都営地下鉄浅草線)、京浜急行電鉄の4者による相互直通運転を開始した。北総鉄道北総線 フレッシュアイペディアより)

  • 青戸

    青戸から見た京成電鉄京成電鉄

    葛飾区中部に位置する。公団青戸団地をはじめとする宅地化に伴い、戦後急速に発展した住宅地である。また環七通りと国道6号の交わる交通の要衝でもある。京成電鉄の駅名表記は青砥であり、この表記も混用される事が多い。また、白鳥の一部など旧青戸町であった地域や、逆に立石のうち青砥駅に至近な地域についても「アオト」と呼称されるケースがある。青戸 フレッシュアイペディアより)

  • 細田 (葛飾区)

    細田 (葛飾区)から見た京成電鉄京成電鉄

    なお、最寄駅は南小岩七丁目所在する東日本旅客鉄道(JR東日本)総武本線小岩駅、北小岩二丁目に所在する京成電鉄京成小岩駅、高砂二丁目に所在する京成電鉄及び北総鉄道京成高砂駅の三駅となっている。細田 (葛飾区) フレッシュアイペディアより)

  • 都営バス臨海支所

    都営バス臨海支所から見た京成電鉄京成電鉄

    新小20 : 一之江駅 - 大杉四丁目 - 新小岩駅北口 - 東新小岩四丁目(京成電鉄江戸川営業所→京成タウンバス奥戸営業所と共同運行)都営バス臨海支所 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
881件中 1 - 10件表示

「京成電鉄」のニューストピックワード