881件中 91 - 100件表示
  • 川崎重工業車両カンパニー

    川崎重工業車両カンパニーから見た京成電鉄京成電鉄

    工場から甲種輸送によって総合車両製作所横浜事業所に送り込む。京浜急行電鉄、東京都交通局(都営地下鉄浅草線)への新造車輸送に使われる方法で、1972年から1979年までは京成電鉄向けもこの方法を使用していた。標準軌台車への付け替えや最終整備は横浜事業所にて行われる。このためJR横須賀線逗子駅から京急逗子線を通って横浜事業所まではJRと同じ狭軌の線路が三線軌条形式で敷かれている。川崎重工業車両カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県立保健医療大学

    千葉県立保健医療大学から見た京成電鉄京成電鉄

    最寄り駅は、JR総武線幕張駅、京葉線海浜幕張駅、京成千葉線京成幕張駅。千葉県立保健医療大学 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡町 (千葉県東葛飾郡)

    八幡町 (千葉県東葛飾郡)から見た京成電鉄京成電鉄

    1915年(大正4年)11月3日 - 大字八幡に京成電鉄八幡駅、新八幡駅(現在の京成八幡駅)が開業。八幡町 (千葉県東葛飾郡) フレッシュアイペディアより)

  • 東急車輛製造

    東急車輛製造から見た京成電鉄京成電鉄

    ファイル:Tokyucarcorp plate old2.jpg|車内銘板(2代目社紋時代)(上)(京成3500形電車)この社紋は新明和に売却された立体駐車装置事業でも使用されている。東急車輛製造 フレッシュアイペディアより)

  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た京成電鉄京成電鉄

    2008年に東証一部へ再上場してからは、首都圏でも積極的にPRするようになった。東京の南青山で「高野山カフェ」を行う時期がある。また首都圏の鉄道事業者(東京都交通局、京浜急行電鉄、箱根登山鉄道、京成電鉄)とのコラボレーションも展開し、互いに吊り広告などで割引切符や沿線にある名所のPRを行っている。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 連結器

    連結器から見た京成電鉄京成電鉄

    1953年の京阪電鉄1700系第3次車および国鉄キハ10系以降、一般的に使用されている。また密着連結器を採用していない一部の私鉄(例 : 東京急行電鉄・京成電鉄・相模鉄道・名古屋鉄道・京阪電鉄等)などでも使用されている。採用の背景として、いずれも本来なら密着連結器の方が適する用途であるが、従来保有する在来型車両等で自動連結器が多数使われ、それらとの相互連結を配慮した結果の策という一面がある。連結器 フレッシュアイペディアより)

  • 革命的共産主義者同盟全国委員会

    革命的共産主義者同盟全国委員会から見た京成電鉄京成電鉄

    中核派による闘争が最も激しかったのは、昭和天皇崩御と今上天皇の即位に関連して、1989年(昭和64年 / 平成元年)から約2年間の「天皇決戦」であった。中核派は、「大嘗祭粉砕」と称して、「一切が軍事的決着として帰結する死闘戦」を行うことを宣言。大山祇神社や秋田県護国神社等の旧日本軍の戦史に繋がる神社や、三千院・仁和寺・青蓮院など、皇室とゆかりの深い神社仏閣に対する器物損壊・放火事件を起こした「京都寺社等同時放火事件」を皮切りに、伊勢神宮に対する迫撃弾発射未遂事件・伊勢神宮爆破未遂事件、常陸宮さま襲撃未遂事件、往来妨害事件、行政対象暴力事件、企業恫喝事件、新幹線線路爆破未遂事件、造船所放火事件、成田空港襲撃未遂事件、新東京国際空港公団関係者脅迫事件、成田空港行き京成電鉄列車への放火事件など、実に124件ものテロ・ゲリラ事件を引き起こした。革命的共産主義者同盟全国委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 立石 (葛飾区)

    立石 (葛飾区)から見た京成電鉄京成電鉄

    一方、近代化に伴い、それまでの農村地帯は急激に変貌を遂げていった。1912年(大正元年)11月には京成電気軌道が開業し、京成立石駅が開設されたことで、東京市部との移動が容易になった。次いで1914年(大正3年)4月には中川に木製の奥戸橋(旧橋)が架橋されて、奥戸村との間を渡船を利用せずに移動可能になった。なお、開業時の京成電気軌道の線路は現在の位置と異なり奥戸街道上の併用軌道であり、立石駅舎も現在地より東に位置していたが1924年(大正13年)、現在ある軌道に変更、立石駅も現在の位置に移動した。立石 (葛飾区) フレッシュアイペディアより)

  • 空港連絡鉄道

    空港連絡鉄道から見た京成電鉄京成電鉄

    成田空港駅 - JR東日本成田線・京成電鉄本線・京成電鉄成田空港線(成田スカイアクセス)空港連絡鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 銚子電気鉄道

    銚子電気鉄道から見た京成電鉄京成電鉄

    1990年(平成2年)1月に経営権が京成電鉄系の千葉交通から、千葉県東金市の総合建設業・内野屋工務店に移った。内野屋工務店は子会社「銚電恒産」を設立して銚子電鉄はその子会社となった。また、内野屋工務店の社長内山健冶郎(元千葉県議会議員)が銚子電鉄社長に就任した。銚子電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

881件中 91 - 100件表示

「京成電鉄」のニューストピックワード