881件中 11 - 20件表示
  • 京成バス

    京成バスから見た京成電鉄京成電鉄

    京成バス株式会社(けいせいバス、)は、京成グループのバス事業者。かつては京成電鉄が運行するバスを指す通称であったが、同社バス部門の承継を目的として1999年(平成11年)1月に現在の京成バス株式会社が設立され、2003年(平成15年)10月1日より営業を開始した。本社は同社と同じく千葉県市川市八幡にある(2013年9月17日東京都墨田区押上から移転)。京成バス フレッシュアイペディアより)

  • 時刻表

    時刻表から見た京成電鉄京成電鉄

    現在、スマートフォンで時刻表や乗換案内が簡単に検索できる他、鉄道・航空・船舶・バス会社は自社のホームページや携帯サイトで時刻表や運賃表を公開しており、冊子タイプの時刻表は大幅に減少しつつある。しかし近鉄・京阪・京成・名鉄などの時刻表は旅行ガイド・航空や他社線接続の資料としての価値もあり、各鉄道会社の売店などで根強く売られている。また、一部の事業者や駅では小さな紙に印刷した携帯型発車時刻表や、壁貼り用の比較的大きな時刻表を配布している。壁貼り時刻表は自治体や商工会など、交通事業者以外の者が作成することもあり、新聞の折り込みなどで配布されることもある。時刻表 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道標識

    鉄道標識から見た京成電鉄京成電鉄

    標識・標の様式・形状は各鉄道事業者により異なる。日本全国の標識すべてを紹介することは無理があるので、本項では特記なければ鉄道に関する技術上の基準を定める省令の解釈基準(以下技術基準省令の解釈基準とする)に定められた標識を中心に日本の国鉄・JR各社で使用されているものを中心に記述する。大手私鉄を中心に比較的よく見られる標識も解説するが、系列関係にある私鉄同士(京成電鉄と京成グループ各社、阪急電鉄と能勢電鉄など)、あるいは系列でなくとも地理的に近い私鉄同士(関東鉄道と茨城交通、近畿日本鉄道と三岐鉄道など)では、同じデザインの標識を使用しているケースが見られる。鉄道標識 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱ふそう・エアロスター

    三菱ふそう・エアロスターから見た京成電鉄京成電鉄

    ファイル:b800l.mitsubishi.jpg|B800L(三菱G4)京成電鉄三菱ふそう・エアロスター フレッシュアイペディアより)

  • 神田外語大学

    神田外語大学から見た京成電鉄京成電鉄

    JR総武線幕張本郷駅/京成電鉄幕張本郷駅からバス約8分(幕22系統)神田外語大学下車神田外語大学 フレッシュアイペディアより)

  • 新京成電鉄

    新京成電鉄から見た京成電鉄京成電鉄

    800形以前の過去の車両(吊り掛け駆動方式)については京成電鉄の「1988年以前消滅形式」の項目を参照。新京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 通勤形車両 (鉄道)

    通勤形車両 (鉄道)から見た京成電鉄京成電鉄

    そこで、運輸省は1947年に電車の標準規格を制定し、この基準に沿った電車について優先的に新規製造を許可するという方針を採った。この結果、製造された電車は「運輸省規格形電車」と呼ばれている。その中でも大量に製造された例としては、東京急行電鉄のデハ3700形、名古屋鉄道の3800系、近畿日本鉄道の600系などが挙げられる。他にも主要私鉄では京成電鉄、京阪神急行電鉄(現・阪急電鉄および京阪電気鉄道)、山陽電気鉄道、西日本鉄道などが導入しており、地方の中小私鉄でも導入例がある。通勤形車両 (鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • 列車種別

    列車種別から見た京成電鉄京成電鉄

    京成電鉄では、AE形電車など専用電車による「スカイライナー」系統には「ライナー券」と呼ばれる特急券が必要であるが、一般電車による特急においては運賃のみで乗車できる。京成部内では前者を「特別急行(A)」(同社でのモーニングライナーおよびイブニングライナーを含む)、後者を「特別急行(B)」(同社での快速特急およびアクセス特急を含む)と呼称している。列車種別 フレッシュアイペディアより)

  • とうきょうスカイツリー駅

    とうきょうスカイツリー駅から見た京成電鉄京成電鉄

    その後も東武鉄道は都心側のターミナル駅を求め、当駅から上野駅への延伸計画を申請した。この申請は1924年(大正13年)に浅草雷門駅(現・浅草駅)まで認可されたが、浅草雷門駅 - 上野駅間は1919年(大正8年)に東京地下鉄道が免許の交付を受けていたため、上野駅までの免許は下りなかった。やむを得ず東武鉄道は浅草雷門駅をターミナル駅とする方針へ変更し、1927年(昭和2年)12月15日に延伸工事を開始したものの、隅田川橋梁と浅草雷門駅の設計変更により工期が長引いた。この頃、京成電気軌道(現・京成電鉄)も浅草への延伸を計画していたが、1928年(昭和3年)9月26日に京成電車疑獄事件が起きたことによって、京成電気軌道は浅草への延伸を断念することになった。このような紆余曲折の末、1931年(昭和6年)5月25日に東武鉄道は浅草雷門駅への延伸を果たした。この延伸に伴い、駅名を業平橋駅(なりひらばしえき)に改称した。延伸後は、旅客営業としてのターミナル駅は浅草雷門駅へ移ることになったものの、当駅は貨物営業としてのターミナル駅としては健在で、都内私鉄の貨物駅としては最大の取り扱い量を記録した。とうきょうスカイツリー駅 フレッシュアイペディアより)

  • 京急1000形電車 (初代)

    京急1000形電車 (初代)から見た京成電鉄京成電鉄

    本項では、1000形の試作車となった初代800形、京急車両工業(現・京急ファインテック)を通してリースされた京成電鉄1000形電車、ならびに千葉急行電鉄1000形電車、京急から譲渡された北総開発鉄道(現・北総鉄道)7150形電車についても記述する。また、特記のない限り以下の文中では各種文献に倣い、京急本線上で南側を「浦賀寄り」または「浦賀方」、北側を「品川寄り」または「品川方」、東側を「海側」、西側を「山側」と呼ぶ。編成番号は浦賀方先頭車の車両番号で代表する。京急1000形電車 (初代) フレッシュアイペディアより)

881件中 11 - 20件表示

「京成電鉄」のニューストピックワード