748件中 11 - 20件表示
  • 鉄道標識

    鉄道標識から見た京成電鉄京成電鉄

    標識・標の様式・形状は各鉄道事業者により異なる。日本全国の標識すべてを紹介することは無理があるので、本項では特記なければ鉄道に関する技術上の基準を定める省令の解釈基準(以下技術基準省令の解釈基準とする)に定められた標識を中心に日本の国鉄・JR各社で使用されているものを中心に記述する。大手私鉄を中心に比較的よく見られる標識も解説するが、系列関係にある私鉄同士(京成電鉄と京成グループ各社、阪急電鉄と能勢電鉄など)、あるいは系列でなくとも地理的に近い私鉄同士(関東鉄道と茨城交通、近畿日本鉄道と三岐鉄道など)では、同じデザインの標識を使用しているケースが見られる。鉄道標識 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た京成電鉄京成電鉄

    乗入他者軌間及び構造の都合で、浅草線が標準軌、三田線が狭軌、新宿線が変則軌間、大江戸線が標準軌ベースのリニア方式となっているため、自力走行できるような互換性がない。これは建設当時、浅草線は京浜急行電鉄・京成電鉄と、三田線は東武鉄道(のちに計画段階で中止)・東京急行電鉄と、新宿線は京王電鉄との相互直通運転を考慮し、各路線とも直通先の方式を採用したからである。また大江戸線は、建設費削減のためミニ地下鉄方式を採用したことによって電化方式が独特だが、標準軌であるため浅草線へ回送入線が可能である。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京急1000形電車 (初代)

    京急1000形電車 (初代)から見た京成電鉄京成電鉄

    本項では、京急車両工業(現・京急ファインテック)を通してリースされた京成電鉄1000形電車、ならびに千葉急行電鉄1000形電車、京急から譲渡された北総開発鉄道(現・北総鉄道)7150形電車についても記述する。京急1000形電車 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 品川駅

    品川駅から見た京成電鉄京成電鉄

    当駅は途中駅ながら本線の起点という扱いである。泉岳寺駅も京急の駅で、当駅と泉岳寺駅の間も京急本線だが、支線の扱いとなっている。支線へ直通する列車は、当駅から「普通」または「快速」「通勤特急」「アクセス特急」など、京成電鉄の種別に変更される。ただし泉岳寺行きは種別は変更されず、都営浅草線内「エアポート快特」で運転する種別は押上駅で京成の種別に変更される。品川駅 フレッシュアイペディアより)

  • 通勤形車両 (鉄道)

    通勤形車両 (鉄道)から見た京成電鉄京成電鉄

    そこで、運輸省は1947年に電車の標準規格を制定し、この基準に沿った電車について優先的に新規製造を許可するという方針を採った。この結果、製造された電車は「運輸省規格形電車」と呼ばれている。その中でも大量に製造された例としては、東京急行電鉄のデハ3700形、名古屋鉄道の3800系、近畿日本鉄道の600系などが挙げられる。他にも主要私鉄では京成電鉄、京阪神急行電鉄(現・阪急電鉄および京阪電気鉄道)、山陽電気鉄道、西日本鉄道などが導入しており、地方の中小私鉄でも導入例がある。通勤形車両 (鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • 神田外語大学

    神田外語大学から見た京成電鉄京成電鉄

    JR総武線幕張本郷駅/京成電鉄幕張本郷駅からバス約8分(幕22系統)神田外語大学下車神田外語大学 フレッシュアイペディアより)

  • 北総鉄道

    北総鉄道から見た京成電鉄京成電鉄

    京成グループの企業の一つで、京成電鉄が筆頭株主であるほか、千葉県や松戸市など沿線地方公共団体が出資する。本社は千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷四丁目に所在する。北総鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ドアチャイム

    ドアチャイムから見た京成電鉄京成電鉄

    鉄道車両の乗降口に設置された車両のドアが開閉する際に鳴る音である。ワンマン運転の路線バスや路面電車、ローカル線の列車では、運転席から離れた後部ドアの開閉時にブザーが鳴るが、日本での一般の鉄道車両に1990年代から設置されたものはバリアフリーのための装置で、ドアが開閉される際に鳴る音声は、視覚障害者などに対する配慮であり、様々な鉄道事業者の車両で採用されている。交通バリアフリー法に基づき、設置が増えて来た。車両によってチャイムのメロディが異なり、一両の中でも左右異なることがある。大手私鉄の京成電鉄は、相互直通運転をしているため都営地下鉄浅草線5300形や京浜急行電鉄600形など京成電鉄3000形に音階を合わせている。ドアチャイム フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た京成電鉄京成電鉄

    開港4日前にあたる1978年3月26日、成田空港に反対派ゲリラが管制塔に乱入し管制塔内の機器を破壊した(成田空港管制塔占拠事件)ため、開港が5月20日まで延期となった。関連して1978年5月5日には京成電鉄の特急「スカイライナー」用車両が宗吾車庫で放火され、1両が焼失したほか、数編成が被害(後に復旧)を受けダイヤに支障をきたした(京成スカイライナー放火事件)。開港後も過激派の活動が続き、警察は厳重な警備を敷いた。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事業者

    鉄道事業者から見た京成電鉄京成電鉄

    JR貨物の営業路線のほとんど(JR旅客各社等が第一種)や、青い森鉄道の全線(青森県が第三種)、北総鉄道北総線の小室以東(千葉ニュータウン鉄道が第三種)、都営地下鉄三田線の白金高輪 - 目黒間(東京地下鉄が第一種)、のと鉄道の全線(JR西日本が第一種または第三種)、伊賀鉄道・養老鉄道の全線(両線とも近畿日本鉄道が第三種)、成田空港に乗り入れるJR東日本成田線成田 - 成田空港間・京成電鉄本線駒井野信号場 - 成田空港間(ともに成田空港高速鉄道が第三種)など。鉄道事業者 フレッシュアイペディアより)

748件中 11 - 20件表示

「京成電鉄」のニューストピックワード