748件中 31 - 40件表示
  • 鉄道の車両番号

    鉄道の車両番号から見た京成電鉄京成電鉄

    車両番号は車体正面や側面、また車内などに表示される。表示方法はさまざまで、鉄板にカット活字を載せたナンバープレート、車体にカット活字を貼り付けたもの、車体に直接ペンキで書いたりなどがある。車両番号に片仮名を含む場合、日本国有鉄道(国鉄) - JR各社では「クモヤ145-1007」のように片仮名も表記するが、四国旅客鉄道(JR四国)の新形式車両や私鉄の多くでは通常、車体に車種片仮名を表記せず数字部分のみとする(京成電鉄や西武鉄道の一部旧型車両では片仮名も併記されている)。鉄道の車両番号 フレッシュアイペディアより)

  • 弘法寺 (市川市)

    弘法寺 (市川市)から見た京成電鉄京成電鉄

    京成電鉄京成本線国府台駅から徒歩10分。弘法寺 (市川市) フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県の歴史

    千葉県の歴史から見た京成電鉄京成電鉄

    1914年(大正3年):京成電気軌道(現・京成電鉄)の江戸川?市川新田(現・市川真間駅)間が開業。1926年、成田花咲町(仮駅)まで延伸。陸軍鉄道連隊の演習用路線を借用し、千葉県営鉄道八街線の三里塚?八街間が開業。1940年、廃線。千葉県の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 荒川区コミュニティバス

    荒川区コミュニティバスから見た京成電鉄京成電鉄

    この辺りの隅田川は、西から東へ流れているが、さくらはすぐに左折して、京成電鉄の線路沿いに南に向かい、日本初の浄水場施設の一つである三河島浄水場の上に造成された 7.荒川自然公園入口を通り、8.町屋駅にいたる。町屋には、京成電鉄、東京メトロ千代田線、都電荒川線の駅と停留所がある。そのまま、京成電鉄の線路沿いの道藍染川通り(あいぞめがわどおり)を 9.花の木に向かい、9-1.子ども家庭支援センターを経て、尾竹橋通り(おたけばしどおり)に出て、すぐに左折して 10.荒川四丁目至る。そのあと、荒川中央通りに出て、11.荒川図書館を経て、明治通りに出、12.荒川区役所に着く。荒川区役所の前の庭園は荒川公園で、シダレザクラとイチョウが多く、春秋ともに楽しめる。荒川区コミュニティバス フレッシュアイペディアより)

  • 鉄音アワー

    鉄音アワーから見た京成電鉄京成電鉄

    乗り鉄(失踪)企画・もしくはエアトレイン企画でよく出演する。36号の鉄オタチェックで初登場。京成グループの車両(京成電鉄・北総鉄道・新京成電鉄)に造詣が深く、最も好きな車両が北総鉄道7000系電車だったため、同車両の引退前は「北総DJ」「ゲンコツDJ」とも呼ばれていた。鉄音アワー フレッシュアイペディアより)

  • 京島

    京島から見た京成電鉄京成電鉄

    京島は墨田区の地理的中央部に位置する。墨田区役所の東北東約1.8kmにあたる。北東で八広、南東で文花、南で押上、北西で東向島と隣接する。町域の北東辺を明治通り、北西辺を曳舟川通り、南東辺を十間橋通り、南辺を鉄道路線の東武亀戸線と接する。また地区中部を八広中央通りが、西部を京成電鉄の鉄道路線が南北に縦走する。京島 フレッシュアイペディアより)

  • 成田空港交通

    成田空港交通から見た京成電鉄京成電鉄

    成田空港交通株式会社(なりたくうこうこうつう)は、成田国際空港を拠点とするバス会社である。京成電鉄の子会社。成田空港交通 フレッシュアイペディアより)

  • 銚子電気鉄道

    銚子電気鉄道から見た京成電鉄京成電鉄

    1990年1月に経営権が京成電鉄系の千葉交通から、千葉県東金市の総合建設業・内野屋工務店に移り、同社が子会社「銚電恒産」を設立して銚子電鉄はその子会社となった。また、同社社長内山健冶郎(元千葉県議)が社長に就任した。銚子電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄のダイヤ改正

    京成電鉄のダイヤ改正から見た京成電鉄京成電鉄

    京成電鉄のダイヤ改正(けいせいでんてつのダイヤかいせい)は、京成電鉄の鉄道線・軌道線における歴代のダイヤ改正に付いて記述する。乗り入れ先についても一部記述する。なお、本項では主に1960年12月改正および修正以降の記述とする。改正日が不詳の場合はXとして記述する。また、改正自体を実施したかどうか不明、及び特筆される事柄のない改正および修正の場合は記述を割愛した。京成電鉄のダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

  • 豊島百貨店

    豊島百貨店から見た京成電鉄京成電鉄

    第2次世界大戦後に霞百貨店となり、1961年(昭和36年)に関連会社の霞ストアー(現在のカスミ)を設立して茨城県石岡市金丸にスーパーマーケットの一号店を開設するなどしたが、1964年(昭和39年)9月に 京成電鉄の傘下に入り、1969年(昭和44年)4月25日に京成霞百貨店として新装開店し、後に土浦京成百貨店となった。豊島百貨店 フレッシュアイペディアより)

748件中 31 - 40件表示

「京成電鉄」のニューストピックワード