748件中 41 - 50件表示
  • 八幡町 (千葉県東葛飾郡)

    八幡町 (千葉県東葛飾郡)から見た京成電鉄京成電鉄

    1915年(大正4年)11月3日 - 大字八幡に京成電鉄八幡駅、新八幡駅(現在の京成八幡駅)が開業。八幡町 (千葉県東葛飾郡) フレッシュアイペディアより)

  • 柴又駅

    柴又駅から見た京成電鉄京成電鉄

    柴又駅(しばまたえき)は、東京都葛飾区柴又四丁目にある京成電鉄金町線の駅。駅番号はKS50。柴又駅 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県立保健医療大学

    千葉県立保健医療大学から見た京成電鉄京成電鉄

    最寄り駅は、JR総武線幕張駅、京葉線海浜幕張駅、京成千葉線京成幕張駅。千葉県立保健医療大学 フレッシュアイペディアより)

  • 立石 (葛飾区)

    立石 (葛飾区)から見た京成電鉄京成電鉄

    一方、近代化に伴い、それまでの農村地帯は急激に変貌を遂げていった。1912年(大正元年)には京成電気軌道が開業し、京成立石駅が開設されたことで、東京市部との移動が容易になった。また、1923年(大正12年)9月に発生した関東大震災では本所、深川、浅草などから発生した罹災民が比較的距離の近い本田村へ流入し、以降地域は急速に人口増加・宅地化した。なお現在でも、奥戸街道沿いなど方形に整然と区画整理されている地域がみられるが、これらは1922年(大正11年)頃から昭和初年にかけて、宅地化を目的に行われた耕地整理事業の産物である。立石 (葛飾区) フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道史

    日本の鉄道史から見た京成電鉄京成電鉄

    1911年、京成電気軌道(後の京成電鉄)が押上駅 - 市川駅間を開業。社名の由来となった、最終目的地の成田まで延伸したのは1926年であった。日本の鉄道史 フレッシュアイペディアより)

  • ちばシティバス

    ちばシティバスから見た京成電鉄京成電鉄

    1999年2月に設立され、京成電鉄(現・京成バス)の千葉営業所新宿車庫を引き継ぐことにより、2000年1月16日に営業を開始した。京成電鉄によるバスの地域分社化は、ちばフラワーバス、ちばレインボーバスに次いで3社目となる。営業開始時の路線は、千葉市西部の臨海地域を走る幸町団地線・幸町循環線、公務員住宅線であったが、その後京成よりさらに数路線の移管を受けるとともに、轟町循環線をはじめとする独自路線を開設し、営業規模を拡大した。ちばシティバス フレッシュアイペディアより)

  • 吉本興業

    吉本興業から見た京成電鉄京成電鉄

    またこの時期吉本興業は、スポーツや映画といった演芸以外の分野にも積極的に進出している。1934年(昭和9年)には、正力松太郎の音頭の下、京成電鉄や東芝等と共同出資して、プロ野球球団の大日本東京野球倶楽部(後の東京巨人軍、現:読売ジャイアンツ)を設立。林正之助を、球団の役員に送り込んでいる。また1933年(昭和8年)には、吉本の社内に映画部を設立。1935年(昭和10年)には、映画会社東宝の前身の一つであるピー・シー・エル映画製作所(PCL)と、さらに翌年東宝映画配給と提携し、1936年(昭和11年)には林正之助が東宝映画配給の取締役に就任している。こうして横山エンタツ・花菱アチャコ、柳家金語楼ら吉本所属の喜劇人の映画が、続々と東宝から封切られることになった。また、本業の演芸部門でも東宝との合弁企業・東宝演芸を東京に設立し、東京での演芸興行にも一層注力する事になった。その一方で当時三大興行資本と言われた松竹・東宝・吉本の内、東宝と吉本が急接近したことは、松竹を刺激し、松竹傘下の新興キネマによる、後述の吉本芸人の引き抜き騒動を引き起こすことにもなった。吉本興業 フレッシュアイペディアより)

  • 成田高速鉄道アクセス

    成田高速鉄道アクセスから見た京成電鉄京成電鉄

    成田高速鉄道アクセス株式会社(なりたこうそくてつどうアクセス、Narita Rapid Railway Access Co., Ltd.)は、京成電鉄が運行する成田空港線(成田スカイアクセス)のうち、印旛日本医大駅 - 成田空港高速鉄道接続点(成田市土屋)の鉄道施設を保有する第三種鉄道事業者である。第三セクター方式の会社であり、本社は千葉県船橋市本町2丁目10-14におく。成田高速鉄道アクセス フレッシュアイペディアより)

  • 京成百貨店

    京成百貨店から見た京成電鉄京成電鉄

    最盛期は上野(東京都台東区)、大森(東京都大田区)、市川(千葉県市川市八幡) 、土浦(茨城県土浦市)、水戸(茨城県水戸市)の1都2県に5店舗を有していた。しかし、親会社京成電鉄の経営悪化等により徐々に店舗を売却または閉鎖し、現在は水戸の1店舗となっている。京成百貨店 フレッシュアイペディアより)

  • 東葉高速鉄道

    東葉高速鉄道から見た京成電鉄京成電鉄

    東葉高速線は、元来は京成本線の混雑解消路線として計画され、帝都高速度交通営団(現・東京地下鉄〈東京メトロ〉)東西線の延伸区間として、当初は「営団勝田台線」と呼ばれた(詳細は「東京地下鉄東西線」を参照)。しかし、京成電鉄が、オイルショックの影響による不動産投資・地域開発分野で大幅な損失を計上したことや、新東京国際空港(現・成田国際空港)の開港の遅れにより業績を悪化させたことに考慮して、当時の運輸省が一時的に計画を凍結し、さらに営団側が「東京のテリトリーから大きく外れる」として申請を取り下げた。当時、地元は営団経営による延長を主張していたが、結局は第三セクター方式で建設されることとなった。この原案は1965年頃に本八幡駅 - 船橋市行田団地 - 習志野駅 - 八千代市萱田間を予定経路として行われた地下鉄10号線(現・都営地下鉄新宿線)の千葉県内延長調査が元となっている。なお、計画凍結中の運行案として、京成電鉄の短絡路線とする計画もあったが、同社がこれを拒否したため実現しなかった。東葉高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

748件中 41 - 50件表示

「京成電鉄」のニューストピックワード