748件中 71 - 80件表示
  • 山本 寛斎

    山本寛斎から見た京成電鉄京成電鉄

    また、山本は2010年(平成22年)に開業した日本の京成電鉄・成田スカイアクセスの新AE形の車輌デザインを担当したが、車体色の選定は候補の7色を直接車両に塗って行ったという。山本寛斎 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎重工業車両カンパニー

    川崎重工業車両カンパニーから見た京成電鉄京成電鉄

    工場から甲種輸送によって総合車両製作所横浜事業所(旧・東急車輛製造横浜製作所)に送り込む。京浜急行電鉄、東京都交通局(都営地下鉄浅草線)への新造車輸送に使われる方法で、1972年から1979年までは京成電鉄向けもこの方法を使用していた。標準軌台車への付け替えや最終整備は横浜事業所にて行われる。このためJR横須賀線逗子駅から京急逗子線を通って横浜事業所まではJRと同じ狭軌の線路が三線軌条形式で敷かれている。川崎重工業車両カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • 真間

    真間から見た京成電鉄京成電鉄

    古くは、真間の入り江といって、この低地部分まで海が入り組んできていた。この入り江の跡に、現在、真間地区を東西に貫いて真間川が流れている。北部の台地と南部の低地との境にある斜面林の緑は、矢切(松戸市)、国府台からつながっており、低地の黒松と並んで市川の象徴的な存在となっている。また、大正年間には黒松の自然林を生かした邸宅街が開発された。また、町域の南に京成電鉄本線が通る。一丁目に京成電鉄本線市川真間駅、二丁目に市川真間郵便局、四丁目に市立真間小学校、手児奈霊堂、真間山弘法寺、亀井院が置かれる。真間 フレッシュアイペディアより)

  • テレビカー

    テレビカーから見た京成電鉄京成電鉄

    テレビカーの名称は京阪電気鉄道(京阪)のものが広く知られているが、他社にも存在する。また、日本で初めてのテレビカーは京成電鉄のものであった。テレビカー フレッシュアイペディアより)

  • 東京都

    東京都から見た京成電鉄京成電鉄

    東京国際空港に発着する以外の大部分の国際線は、千葉県成田市にある成田国際空港に発着する。東京都との連絡手段は、開港当時には東関東自動車道経由のリムジンバスと、ターミナルから離れていた当時の成田空港駅(現・東成田駅)まで乗り入れていた京成電鉄のスカイライナーに限られていたが、1991年3月から空港ターミナル直下に東日本旅客鉄道と京成電鉄が乗り入れるようになり、連絡状況は向上した。しかし東京都の都心部からはなお1時間程度を要することもあり、2010年7月に成田高速鉄道アクセスが開業した。東京都 フレッシュアイペディアより)

  • 自動改札機

    自動改札機から見た京成電鉄京成電鉄

    東京地下鉄(東京メトロ)や都営地下鉄・東京急行電鉄・京成電鉄・大阪市営地下鉄・神戸市営地下鉄および福岡市地下鉄では、同一事業者の路線同士であっても一旦改札外に出ないと乗り換えできない構造の駅がある。この場合、乗り換え元の駅を出る時に特定の改札機から通る、または最初の駅で予め乗り換え用の乗車券を購入することで、切符を持ち越すことができるようになっている。自動改札機 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の地下鉄

    日本の地下鉄から見た京成電鉄京成電鉄

    12月10日 京成電鉄本線の上野延長線(上野公園(現・京成上野) - 日暮里間)日本の地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 動力車

    動力車から見た京成電鉄京成電鉄

    私鉄では、制御電動車を「クモ」と区別しているのは西武鉄道や三岐鉄道、それに山陽電気鉄道など少数派であり、制御電動車も含めて「モ」とする方が一般的である。名古屋鉄道・近畿日本鉄道などでは、「モハ」などのような等級表示との組み合わせとせず、電動車は全て「モ」1文字としている。東京急行電鉄・小田急電鉄・京王電鉄などでは、「モ」の代わりに「電動車」の頭文字である「デ」を用い、「デハ」などとしている。また、その他にも電化から昭和初期まで「電」を用いた南海鉄道などや、「M」を用いた栗原電鉄及び札幌市交通局の様に、独自の称号を用いた例も幾つかあった。また、阪急電鉄や東京地下鉄の様に片仮名などの記号を一切用いずに番号だけの会社もある。京成電鉄などでは、従来は「モハ」などの記号と組み合わせていたのを近年では番号のみとしている。動力車 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ベイシティ交通

    東京ベイシティ交通から見た京成電鉄京成電鉄

    京成電鉄の連結子会社(持株比率65%)であるが、同時に東京ディズニーリゾートを経営するオリエンタルランドの持分法適用会社(同35%)であり、また同社の完全子会社として設立(後述)された経緯から京成トランジットバス同様、他の京成バスグループの事業者とは経営支配面が若干異なる。東京ベイシティ交通 フレッシュアイペディアより)

  • 津田沼駅

    津田沼駅から見た京成電鉄京成電鉄

    北口商店街の大部分は船橋市前原西に属する。津田沼(旧称:久々田)の古くからの市街地は国道14号から京成津田沼駅周辺に位置し、当駅からは離れている。習志野市側では1960年代まで北口側・南口側共に戦前の陸軍鉄道連隊跡地を転用した施設(京成電鉄津田沼第二工場、千葉県立千葉工業高等学校、千葉工業大学、習志野市立第一中学校、国鉄官舎)などが広がっていた。北口側では、1960年代末に県立千葉工業高校などが移転した跡に新京成線の新津田沼駅が移転し(藤崎台駅と統合)、1970年代にかけて両市域に跨る再開発事業が行われた。南口側でも市立第一中学校の移転跡地の再開発が行われ、1978年に習志野サンペデック(現在のモリシア津田沼)が開業した。これらの再開発により、習志野市側においても駅周辺が市の中心街として成長すると共に、「津田沼戦争」と呼ばれる大型商業施設間の激しい競争が展開した。津田沼駅 フレッシュアイペディアより)

748件中 71 - 80件表示

「京成電鉄」のニューストピックワード