434件中 91 - 100件表示
  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た京成不動産

    1960年(昭和35年)前後には千葉・茨城県下の交通各社を系列下に収めるべく、1959年(昭和34年)5月に常総筑波鉄道、11月には鹿島参宮鉄道(以上2社は後の関東鉄道)、1960年(昭和35年)11月には銚子電気鉄道(千葉交通の傘下に)の各鉄道や周辺バス会社を傘下に収めていった。同じ頃には兼業部門の拡充を再開。流通部門では京成百貨店の開業(1963年)や京成ストアの設立、不動産部門ではオリエンタルランド(1960年)や京成不動産(1971年・不動産部の独立)、谷津遊園の拡充や京成ホテルの設立などが行われた。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た千葉銀行

    千葉銀行 - 千葉銀行の取引実績により発生するポイント「リーフポイント」を京成カードのポイントサービス「京成グループポイント」に、交換することができる業務提携をしている。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た東京電燈

    創業時から兼業として電灯電力供給事業、その後バス事業や土地分譲、谷津遊園の開設などが行われていたが、昭和恐慌での経営不振の打開策として、東京電燈から千葉県及び茨城県の一部の電灯電力供給事業を譲受すべく交渉。1934年(昭和9年)11月9日に当事者同士での契約調印がなされたが、監督官庁の逓信省が認可しなかったため不成立に終わった。しかし、資金・人材の手当は済んでいたこともあり、ここから積極的な兼業展開を展開することとなる。1936年(昭和11年)には幕張に畜産加工工場を設立して「京成ハム」「京成ソーセージ」などの商品名で精肉・加工肉製造販売や「京成シミトール」(湿布薬)などといった薬品を直営で販売(大手私鉄本体が食品業・薬品事業を行ったのはこの社だけであると思われる)。1938年(昭和13年)には帝都タクシーを設立、梅鉢車輛(後の帝國車輛工業)を系列化。1943年(昭和18年)にはセレベス開発鉄道を設立した。これ以外にも、百貨店経営や株式会社大日本東京野球倶楽部(東京読売巨人軍の前身)への出資(筆頭株主であった)などが行われていた。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た汽車製造

    車両は2016年11月現在、日本車輌製造(愛知県豊川市)および総合車両製作所(旧・東急車輛製造。神奈川県横浜市金沢区。社名変更後は3000形3027編成から製造)の2社で製造されている。以前は帝國車輛工業(東急車輛製造と合併)、汽車製造(川崎重工業と合併)、川崎重工業および大栄車輌(改造名義)でも製造されていた。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た常総筑波鉄道

    1960年(昭和35年)前後には千葉・茨城県下の交通各社を系列下に収めるべく、1959年(昭和34年)5月に常総筑波鉄道、11月には鹿島参宮鉄道(以上2社は後の関東鉄道)、1960年(昭和35年)11月には銚子電気鉄道(千葉交通の傘下に)の各鉄道や周辺バス会社を傘下に収めていった。同じ頃には兼業部門の拡充を再開。流通部門では京成百貨店の開業(1963年)や京成ストアの設立、不動産部門ではオリエンタルランド(1960年)や京成不動産(1971年・不動産部の独立)、谷津遊園の拡充や京成ホテルの設立などが行われた。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た大栄車輌

    車両は2016年11月現在、日本車輌製造(愛知県豊川市)および総合車両製作所(旧・東急車輛製造。神奈川県横浜市金沢区。社名変更後は3000形3027編成から製造)の2社で製造されている。以前は帝國車輛工業(東急車輛製造と合併)、汽車製造(川崎重工業と合併)、川崎重工業および大栄車輌(改造名義)でも製造されていた。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た京成グループ

    京成グループを構成する中核企業。 みどり会の会員企業であり三和グループに属している。東京証券取引所1部上場企業。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た阪神電気鉄道

    車両番号は前面、側面のみでなく妻面にも表記されている。妻面への番号表記は阪神電気鉄道とともに数少ない事例である。編成番号は京急と同様、3000形・AE形を除き、浦賀・上野方先頭車の車号で呼称する。弱冷房車は8両編成の浦賀方3両目に設定されている(京急車のみ7両目にも設定)。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た九十九里鉄道

    その後、太平洋戦争が近付くに連れ、1942年(昭和17年)には電灯電力供給事業を関東配電株式会社に譲渡。また陸上交通事業調整法の下で常磐線以南のエリアの統合中核企業とされたが、系列下にあった総武鉄道(2代)は東武鉄道に、城東電気軌道は東京市電に統合されたためバス会社の統合のみが行われた。この時総武鉄道(2代)を喪失したことが戦後新京成電鉄を設立する動機になったといわれている。併せて千葉県下の成田鉄道(2代)・小湊鐵道・九十九里鉄道が京成の資本系列下に入り、戦後千葉県下全域に事業を拡大する基盤を得ることとなった。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た千葉ニュータウン鉄道

    「成田スカイアクセス」の愛称がある成田空港線は、北総鉄道北総線を延長する形で印旛日本医大駅から空港第2ビル駅までの新線が成田高速鉄道アクセスの手によって建設され、2010年7月17日から京成電鉄が京成高砂駅を除いて北総鉄道・千葉ニュータウン鉄道・成田高速鉄道アクセス・成田空港高速鉄道の各社から線路と施設を借受け、第2種鉄道事業者として列車の運行を行っている。同線を使用した場合の空港第2ビル - 日暮里間の所要時間は、スカイライナーで36分、特別料金不要のアクセス特急で59分としている。これにより路線総延長も150 kmを超え、関東大手私鉄(東京メトロを含む)での総延長順位は小田急電鉄を抜いて第4位となった。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

434件中 91 - 100件表示

「京成電鉄」のニューストピックワード