434件中 11 - 20件表示
  • 京成電鉄

    京成電鉄から見たオリエントコーポレーション

    3月2日 - オリエントコーポレーションと提携し、京成カード(オリコ)の会員募集を開始。これにより、京成カードは三菱UFJニコスおよびオリコの2社からの発行という形態となる。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た成田国際空港

    また、ニュータウンの交通機関として新線建設を目的とした会社に相次いで出資した。北総開発鉄道(1972年(昭和47年)。現:北総鉄道)、千葉急行電鉄(1973年。1998年解散、現京成千原線を経営)、遅れて東葉高速鉄道(1981年(昭和56年))がそれである。そして、成田空港へのアクセスを目指して1968年(昭和43年)12月に新線免許を申請した。しかし、運輸省と新東京国際空港公団(ともに当時)が空港ターミナルビル地下への乗り入れを拒否した(当時予定されていた成田新幹線との兼ね合いもあった)。結局、第1・第2ターミナルビルの中間に駅を設置(空港通勤者の交通機関という位置付けとされた)することとなり、1970年(昭和45年)11月に着工、突貫工事により1972年11月には建設工事を終了し、1973年2月には習熟運転も始まった。しかし、反対運動による開港の延期(さらには初代AE車への放火)で6年あまり営業できない期間が続いた。都心側でも、京成上野駅の改良工事が1973年6月から1976年7月まで行われた。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見たプリヴェ企業再生グループ

    なお、2005年7月になって東証2部上場の投資会社(バイアウト・ファンド)「プリヴェチューリッヒ企業再生グループ」(現・プリヴェ企業再生グループ)が筆頭株主となった。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た九州旅客鉄道

    八幡はかつて「新八幡駅」という駅名で、隣駅に「八幡駅」があったが、1942年8月に八幡駅が新八幡駅に統合され、同年11月に新八幡駅が現在の京成八幡駅に改称している。なお、北九州市にJR九州 鹿児島本線の駅である同名の八幡駅が存在するが、読みは「やはた」である。また、他社私鉄では名鉄豊川線に同音の「八幡駅」が、遠州鉄道に同字異音の「八幡(はちまん)駅」が存在する。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た西武鉄道

    戦後、沿線の下総台地にあった陸軍施設が軍隊解散とともに民間施設に転用された。中でも千葉・津田沼には鉄道連隊が設置され、演習線が津田沼を起点に千葉・松戸に延びていた。この演習線跡地に目を付けた京成電鉄は仮称・下総電鉄を設立して、連合軍総司令部 (GHQ)・運輸省への払い下げ交渉を開始した。西武鉄道との激しい競合の末に1946年(昭和21年)3月に転用許可を、8月には路線免許を獲得。10月には正式に新京成電鉄を創立して新線開業を押し進めることとなった。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た日本車輌製造

    車両は2016年11月現在、日本車輌製造(愛知県豊川市)および総合車両製作所(旧・東急車輛製造。神奈川県横浜市金沢区。社名変更後は3000形3027編成から製造)の2社で製造されている。以前は帝國車輛工業(東急車輛製造と合併)、汽車製造(川崎重工業と合併)、川崎重工業および大栄車輌(改造名義)でも製造されていた。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た佐川急便

    1970年代に入ると、1969年の営団(現:東京メトロ)東西線西船橋延伸や1972年の総武本線東京 - 津田沼間複々線(総武快速線)開業といった競合路線の新設や輸送力の増強によって旅客を奪われるようになり、交通事業での収益を上げることが難しくなっていった。このため、収益源を兼業部門に求める傾向がますます強くなり、特に沿線を離れた東北・北海道での土地買収・開発を押し進めていった。具体的には、常磐急行交通(1962年(昭和37年))での長距離バス進出(新橋 - 日立)、いわき貨物自動車(1962年系列化)・日本陸運(後の「みちのく急送」)に改称、1964年系列化)での陸送部門での関与、さらには南部縦貫鉄道へも資本参加している。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た三菱電機

    また、電装関連では一貫して東洋電機製造製の制御機器を採用している(一般車のモーターは三菱電機と混用、3500型以降の社内型番は“KMM-”で統一)。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た小湊鐵道

    その後、太平洋戦争が近付くに連れ、1942年(昭和17年)には電灯電力供給事業を関東配電株式会社に譲渡。また陸上交通事業調整法の下で常磐線以南のエリアの統合中核企業とされたが、系列下にあった総武鉄道(2代)は東武鉄道に、城東電気軌道は東京市電に統合されたためバス会社の統合のみが行われた。この時総武鉄道(2代)を喪失したことが戦後新京成電鉄を設立する動機になったといわれている。併せて千葉県下の成田鉄道(2代)・小湊鐵道・九十九里鉄道が京成の資本系列下に入り、戦後千葉県下全域に事業を拡大する基盤を得ることとなった。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た東日本旅客鉄道

    1980年代後半以降、成田空港のアクセスを巡っては開港後も駅の立地の悪さから離れた場所で苦戦を強いられ、投資が回収できない状態が続いた。しかし、高速道路の渋滞によりリムジンバスの遅延が慢性化するようになったため、1988年になって空港アクセス鉄道建設に対して真剣に検討が行われた。この結果、1991年(平成3年)3月19日に東日本旅客鉄道(JR東日本)と共同でのより空港に近い成田空港駅への乗り入れが実現し、利便性が向上した(旧来の成田空港駅は東成田駅に名称変更)。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

434件中 11 - 20件表示

「京成電鉄」のニューストピックワード