395件中 11 - 20件表示
  • 京成電鉄

    京成電鉄から見たプリヴェ企業再生グループ

    なお、2005年7月になって東証2部上場の投資会社(バイアウト・ファンド)「プリヴェチューリッヒ企業再生グループ」(現・プリヴェ企業再生グループ)が筆頭株主となった。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た九州旅客鉄道

    八幡はかつて「新八幡駅」という駅名で、隣駅に「八幡駅」があったが、1942年8月に八幡駅が新八幡駅に統合され、同年11月に新八幡駅が現在の京成八幡駅に改称している。なお、北九州市にJR九州 鹿児島本線の駅である同名の八幡駅が存在するが、読みは「やはた」である。また、他社私鉄では名鉄豊川線に同音の「八幡駅」が、遠州鉄道に同字異音の「八幡(はちまん)駅」が存在する。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た西武鉄道

    戦後、沿線の下総台地にあった陸軍施設が軍隊解散とともに民間施設に転用された。中でも千葉・津田沼には鉄道連隊が設置され、演習線が津田沼を起点に千葉・松戸に延びていた。この演習線跡地に目を付けた京成電鉄は下総電鉄を設立して、連合軍総司令部 (GHQ)・運輸省への払い下げ交渉を開始した。西武鉄道との激しい競合の末に1946年3月に転用許可を、8月には路線免許を獲得。10月には新京成電鉄(下総電鉄を改称)を創立して新線開業を押し進めることとなった。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た近畿日本鉄道

    京成電鉄では行商の人のために「行商専用車」を運転している。かつては専用列車が数往復していて、一部に押上発着もあったが、現在は普通列車1本(第732列車、7:46芝山千代田発・9:52京成上野着)のみの運行となっている。専用車は6両編成の最後尾の1両が充てられ、この車両には一般の旅客は乗車できない。ただし、稀に行商組合で定められた休日のみ当該時刻の列車であっても一般客に開放される。運用は6両固定すべてが入り、最新の3000形も「行商専用車」の札を横窓に下げ、5両目と6両目の間の貫通扉にも札を下げている(同様の目的を持った列車としては、近畿日本鉄道で鮮魚の行商人専用に列車を貸し切っている鮮魚列車が存在する)。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た日本車輌製造

    車両は2012年3月現在、日本車輌製造(愛知県豊川市)および東急車輛製造(神奈川県横浜市金沢区)の2社で製造されている。以前は川崎重工業および大栄車輌(改造名義)でも製造されていた。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た佐川急便

    1970年代に入ると、1969年の営団(現:東京メトロ)東西線西船橋延伸や1972年の総武本線東京 - 津田沼間複々線(総武快速線)開業といった競合路線の新設や輸送力の増強によって旅客を奪われるようになり、交通事業での収益を上げることが難しくなっていった。このため、収益源を兼業部門に求める傾向がますます強くなり、特に沿線を離れた東北・北海道での土地買収・開発を押し進めていった。具体的には、常磐急行交通(1962年)での長距離バス進出(新橋 - 日立)、いわき貨物自動車(1962年系列化)・日本陸運(後の「みちのく急送」)に改称、1964年系列化)での陸送部門での関与、さらには南部縦貫鉄道へも資本参加している。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見たワンワールド

    現在使用されている一覧表は2006年6月2日の成田空港第1旅客ターミナル南ウイングリニューアルオープン時に合わせたもので、それまでの航空会社を羅列したものではなく「スターアライアンス」「ワンワールド」「スカイチーム」「ノンアライアンス」「国内線」と大きく5つに分けて並べているのが特徴である。また、USエアウェイズのようにコードシェア便のみで自社機が実際に成田に飛来しない航空会社が記載されていたり、同年1月13日をもって成田 - ロサンゼルス - サンパウロ - リオデジャネイロ路線(旅客便)から撤退したヴァリグ・ブラジル航空も「現在運休中」として記載している。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た三菱電機

    また、電装関連では一貫して東洋電機製造製の制御機器を採用している(一般車のモーターは三菱電機と混用、3500型以降の社内型番は“KMM-”で統一)。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た小湊鐵道

    その後、太平洋戦争が近付くに連れ、1942年には電灯電力供給事業を関東配電株式会社に譲渡。また陸上交通事業調整法の下で常磐線以南のエリアの統合中核企業とされたが、系列下にあった総武鉄道(2代)は東武鉄道に、城東電気軌道は東京市電に統合されたためバス会社の統合のみが行われた。この時総武鉄道(2代)を喪失したことが戦後新京成電鉄を設立する動機になったといわれている。併せて千葉県下の成田鉄道(2代)・小湊鐵道・九十九里鉄道が京成の資本系列下に入り、戦後千葉県下全域に事業を拡大する基盤を得ることとなった。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た三菱UFJニコス

    三菱UFJニコス - クレジットカード会社側として運営面の業務提携をしている。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

395件中 11 - 20件表示

「京成電鉄」のニューストピックワード