434件中 41 - 50件表示
  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た王子電気軌道

    この頃、1928年(昭和3年)4月7日には白鬚線(向島 - 白鬚間)を開業した。白鬚橋を渡って三ノ輪橋で王子電気軌道(現在の都電荒川線)と結ぶ計画もあったが、上野延伸と引き換えの形で1936年(昭和11年)2月28日に廃止された。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た成田空港高速鉄道

    3月19日 - 成田空港高速鉄道駒井野分岐部 - 現・成田空港間開業。空港ターミナルビル乗り入れを開始。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た近畿日本ツーリスト

    12月27日 - 近畿日本ツーリストと業務提携。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た東京証券取引所

    京成グループを構成する中核企業。 みどり会の会員企業であり三和グループに属している。東京証券取引所1部上場企業。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た日本国有鉄道

    戦災にあった千葉市は、戦後都市復興計画により抜本的な区画整理が行われたが、この時に国鉄・京成電鉄の路線変更および両者の千葉駅の移転も行われることとなった。京成千葉駅(現・千葉中央駅)が現在地に移転(仮)開業したのは1958年(昭和33年)2月10日である。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た帝國車輛工業

    創業時から兼業として電灯電力供給事業、その後バス事業や土地分譲、谷津遊園の開設などが行われていたが、昭和恐慌での経営不振の打開策として、東京電燈から千葉県及び茨城県の一部の電灯電力供給事業を譲受すべく交渉。1934年(昭和9年)11月9日に当事者同士での契約調印がなされたが、監督官庁の逓信省が認可しなかったため不成立に終わった。しかし、資金・人材の手当は済んでいたこともあり、ここから積極的な兼業展開を展開することとなる。1936年(昭和11年)には幕張に畜産加工工場を設立して「京成ハム」「京成ソーセージ」などの商品名で精肉・加工肉製造販売や「京成シミトール」(湿布薬)などといった薬品を直営で販売(大手私鉄本体が食品業・薬品事業を行ったのはこの社だけであると思われる)。1938年(昭和13年)には帝都タクシーを設立、梅鉢車輛(後の帝國車輛工業)を系列化。1943年(昭和18年)にはセレベス開発鉄道を設立した。これ以外にも、百貨店経営や株式会社大日本東京野球倶楽部(東京読売巨人軍の前身)への出資(筆頭株主であった)などが行われていた。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た千葉急行電鉄

    また、ニュータウンの交通機関として新線建設を目的とした会社に相次いで出資した。北総開発鉄道(1972年(昭和47年)。現:北総鉄道)、千葉急行電鉄(1973年。1998年解散、現京成千原線を経営)、遅れて東葉高速鉄道(1981年(昭和56年))がそれである。そして、成田空港へのアクセスを目指して1968年(昭和43年)12月に新線免許を申請した。しかし、運輸省と新東京国際空港公団(ともに当時)が空港ターミナルビル地下への乗り入れを拒否した(当時予定されていた成田新幹線との兼ね合いもあった)。結局、第1・第2ターミナルビルの中間に駅を設置(空港通勤者の交通機関という位置付けとされた)することとなり、1970年(昭和45年)11月に着工、突貫工事により1972年11月には建設工事を終了し、1973年2月には習熟運転も始まった。しかし、反対運動による開港の延期(さらには初代AE車への放火)で6年あまり営業できない期間が続いた。都心側でも、京成上野駅の改良工事が1973年6月から1976年7月まで行われた。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た東葉高速鉄道

    また、ニュータウンの交通機関として新線建設を目的とした会社に相次いで出資した。北総開発鉄道(1972年(昭和47年)。現:北総鉄道)、千葉急行電鉄(1973年。1998年解散、現京成千原線を経営)、遅れて東葉高速鉄道(1981年(昭和56年))がそれである。そして、成田空港へのアクセスを目指して1968年(昭和43年)12月に新線免許を申請した。しかし、運輸省と新東京国際空港公団(ともに当時)が空港ターミナルビル地下への乗り入れを拒否した(当時予定されていた成田新幹線との兼ね合いもあった)。結局、第1・第2ターミナルビルの中間に駅を設置(空港通勤者の交通機関という位置付けとされた)することとなり、1970年(昭和45年)11月に着工、突貫工事により1972年11月には建設工事を終了し、1973年2月には習熟運転も始まった。しかし、反対運動による開港の延期(さらには初代AE車への放火)で6年あまり営業できない期間が続いた。都心側でも、京成上野駅の改良工事が1973年6月から1976年7月まで行われた。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た村田倉夫

    第7代 村田倉夫 - 佐藤とともに経営再建にあたった。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た川崎千春

    第5代 川?千春 - 歴代社長中最長在任期間(1958年 - 1979年までの21年)であった。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

434件中 41 - 50件表示

「京成電鉄」のニューストピックワード