395件中 41 - 50件表示
  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た2009年

    2009年(平成21年)6月30日 創立100周年。記念として3300形の一部編成を懐かしの塗装に復刻する企画が行われ、青電塗装が同日に、赤電塗装が8月25日に、ファイヤーオレンジ塗装が9月20日に復活した。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見たクリステル・チアリ

    2006年4月29日より一部の特急列車で英語の自動放送が行われている。内容は成田空港行では成田空港駅・空港第2ビル駅での降車駅案内と荷物検査案内、上野行では青砥・日暮里・上野の各駅での乗り換え案内である。放送の声はクリステル・チアリである。なお自動放送は市販のICレコーダーによるもので、車両の放送装置にはICレコーダーが接続できるよう工事が行われている。また2010年7月に成田スカイアクセスの開業に伴い、アクセス特急のみではあるが日本語での自動放送が導入された(ただし乗り入れ先の都営浅草線、京急線では肉声での案内のみ)。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た京成バス

    鉄道業を本業とし、不動産事業も展開している。また、鉄道、バス、タクシーなどの交通機関を運営する京成バス、東京ベイシティ交通、北総鉄道、新京成電鉄、関東鉄道、千葉交通などの親会社でもあり、東京ディズニーランドなどを運営するオリエンタルランドの筆頭株主でもある(主要なグループ会社参照)。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た関東鉄道

    鉄道業を本業とし、不動産事業も展開している。また、鉄道、バス、タクシーなどの交通機関を運営する京成バス、東京ベイシティ交通、北総鉄道、新京成電鉄、関東鉄道、千葉交通などの親会社でもあり、東京ディズニーランドなどを運営するオリエンタルランドの筆頭株主でもある(主要なグループ会社参照)。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た王子電気軌道

    この頃、1928年4月7日には白鬚線(向島 - 白鬚間)を開業した。白鬚橋を渡って三ノ輪橋で王子電気軌道(現在の都電荒川線)と結ぶ計画もあったが、上野延伸と引き換えの形で1936年2月28日に廃止された。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た成田空港高速鉄道

    3月19日 成田空港高速鉄道駒井野信号場 - 現・成田空港間開業。空港ターミナルビル乗り入れを開始。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た芝山鉄道

    そして、2010年7月17日には成田スカイアクセス(成田空港線)が開業した。日暮里 - 空港第2ビル間を北総線経由で最速36分で結ぶことになり、成田空港へのアクセスの利便性がさらに向上した(後述の路線の節も参照)。また、同日からは京成線各駅と北総鉄道・芝山鉄道で一斉に駅ナンバリングを導入した。京成電鉄では「京成」を示す「KS」と2桁の数字の組み合わせで駅を識別する。なお、すでに北総鉄道北総線として開業済みの新柴又 - 印旛日本医大間は京成としての駅ナンバリングの対象からは除外され、押上線押上駅は都営地下鉄浅草線の駅ナンバリングとして付与されている「A20」と京成の駅ナンバリングとして付与される「KS45」を併記している。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た東京証券取引所

    京成グループを構成する中核企業。みどり会の一員。東京証券取引所1部上場企業。本社所在地は東京都墨田区押上1丁目10番3号。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た成田高速鉄道アクセス

    「成田スカイアクセス」の愛称がある成田空港線は、北総鉄道北総線を延長する形で印旛日本医大駅から空港第2ビル駅までの新線が成田高速鉄道アクセスの手によって建設され、2010年7月17日から京成電鉄が京成高砂駅を除いて北総鉄道・千葉ニュータウン鉄道・成田高速鉄道アクセス・成田高速鉄道の各社から線路と施設を借受け、第2種鉄道事業者として列車の運行を行っている。同線を使用した場合の空港第2ビル - 日暮里間の所要時間は、スカイライナーで36分、特別料金不要のアクセス特急で59分としている。これにより駅数は69駅(北総線内の京成線列車の停車しない駅を除く)となり、路線総延長も140kmを超え、関東大手私鉄(東京メトロを含む)での総延長順位は小田急電鉄を抜いて第4位となった。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た東葉高速鉄道

    また、ニュータウンの交通機関として新線建設を目的とした会社を相次いで設立した。北総開発鉄道(1972年。現:北総鉄道)、千葉急行電鉄(1973年。1998年解散、現京成千原線を経営)、遅れて東葉高速鉄道(1981年)がそれである。そして、成田空港へのアクセスを目指して1968年12月に新線免許を申請した。しかし、運輸省と新東京国際空港公団(ともに当時)が空港ターミナルビル地下への乗り入れを拒否した(当時予定されていた成田新幹線との兼ね合いもあった)。結局、第1・第2ターミナルビルの中間に駅を設置(空港通勤者の交通機関という位置付けとされた)することとなり、1970年11月に着工、突貫工事により1972年11月には建設工事を終了し、1973年2月には習熟運転も始まった。しかし、反対運動による開港の延期(さらには初代AE車への放火)で6年あまり営業できない期間が続いた。都心側でも、京成上野駅の改良工事が1973年6月から1976年7月まで行われた。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

395件中 41 - 50件表示

「京成電鉄」のニューストピックワード