434件中 51 - 60件表示
  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た太平洋戦争

    その後、太平洋戦争が近付くに連れ、1942年(昭和17年)には電灯電力供給事業を関東配電株式会社に譲渡。また陸上交通事業調整法の下で常磐線以南のエリアの統合中核企業とされたが、系列下にあった総武鉄道(2代)は東武鉄道に、城東電気軌道は東京市電に統合されたためバス会社の統合のみが行われた。この時総武鉄道(2代)を喪失したことが戦後新京成電鉄を設立する動機になったといわれている。併せて千葉県下の成田鉄道(2代)・小湊鐵道・九十九里鉄道が京成の資本系列下に入り、戦後千葉県下全域に事業を拡大する基盤を得ることとなった。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た銚子電気鉄道

    1960年(昭和35年)前後には千葉・茨城県下の交通各社を系列下に収めるべく、1959年(昭和34年)5月に常総筑波鉄道、11月には鹿島参宮鉄道(以上2社は後の関東鉄道)、1960年(昭和35年)11月には銚子電気鉄道(千葉交通の傘下に)の各鉄道や周辺バス会社を傘下に収めていった。同じ頃には兼業部門の拡充を再開。流通部門では京成百貨店の開業(1963年)や京成ストアの設立、不動産部門ではオリエンタルランド(1960年)や京成不動産(1971年・不動産部の独立)、谷津遊園の拡充や京成ホテルの設立などが行われた。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た鉄道むすめ

    鉄道むすめ - ドラマ『鉄道むすめ〜Girls be ambitious!〜』1話・2話にて、京成の成田空港駅が舞台となった。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見たAdobe Flash

    京成電鉄では、『京成らいん』という広報小冊子を毎月発行しており、京成電鉄各路線のすべての駅において専用スタンドに置かれている。1951年に「京成文化」という題名で創刊、その後1969年1月号に「京成ライン」に改称、2002年4月号から「京成らいん」と改題。当初は有料で販売していたが、現在は無料配布している。2008年2・3月号で通巻第600号を数えている。沿線案内や京成グループ各社のPRだけではなく、京成沿線にゆかりのある有名人・文化人などのインタビューコーナーもある。また、2015年12・2016年1月号では初めて関西大手私鉄の近畿日本鉄道との間で初詣スポットの相互PR記事が掲載された(京成側は近鉄の広報誌「近鉄ニュース」2016年1月号でで成田山新勝寺を紹介した)。なお、京成電鉄ホームページからも最新号およびバックナンバー(ただし過去7号まで)をFLASH形式で閲覧することができる。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見たICレコーダー

    車内自動放送はほとんど導入されておらず、基本的に車掌による肉声での案内となっている。ただし、スカイライナー用のAE100形では日本語・英語での自動放送が導入された。また、2006年4月29日より一部の特急列車で、ICレコーダーによる英語の簡易自動放送が行われている(内容は、成田空港行では成田空港駅・空港第2ビル駅での降車駅案内、上野行では青砥・日暮里・上野の各駅での乗り換え案内)。英語放送の声はクリステル・チアリである。2015年4月の成田空港第3ターミナル開業に伴う放送更新以降は、中国語・韓国語による放送も行われるようになった。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見たピクトグラム

    2010年7月に成田スカイアクセス線開業と同時に駅の案内サインの更新も行われ、4か国語(日・英・中(簡体または繁体)・韓)の案内表示の更新、ユニバーサルデザインのピクトグラムの導入が行われた。英語での案内放送が導入されている駅もある。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た常磐線

    その後、太平洋戦争が近付くに連れ、1942年(昭和17年)には電灯電力供給事業を関東配電株式会社に譲渡。また陸上交通事業調整法の下で常磐線以南のエリアの統合中核企業とされたが、系列下にあった総武鉄道(2代)は東武鉄道に、城東電気軌道は東京市電に統合されたためバス会社の統合のみが行われた。この時総武鉄道(2代)を喪失したことが戦後新京成電鉄を設立する動機になったといわれている。併せて千葉県下の成田鉄道(2代)・小湊鐵道・九十九里鉄道が京成の資本系列下に入り、戦後千葉県下全域に事業を拡大する基盤を得ることとなった。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た東北地方

    1970年代に入ると、1969年の営団(現:東京メトロ)東西線西船橋延伸や1972年の総武本線東京 - 津田沼間複々線(総武快速線)開業といった競合路線の新設や輸送力の増強によって旅客を奪われるようになり、交通事業での収益を上げることが難しくなっていった。このため、収益源を兼業部門に求める傾向がますます強くなり、特に沿線を離れた東北・北海道での土地買収・開発を押し進めていった。具体的には、常磐急行交通(1962年(昭和37年))での長距離バス進出(新橋 - 日立)、いわき貨物自動車(1962年系列化)・日本陸運(後の「みちのく急送」)に改称、1964年系列化)での陸送部門での関与、さらには南部縦貫鉄道へも資本参加している。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見たSUGOCA

    3月23日 - 交通系ICカード全国相互利用サービス開始により京成線でKitaca、manaca、TOICA、ICOCA、PiTaPa、nimoca、はやかけん、SUGOCAが利用可能になる。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た皐月賞

    中央競馬では、三大都市圏の5場において観客輸送を担う鉄道事業者が特別競走に賞を出しているが、京成も中山競馬場の観客輸送をJR東日本とともに担っているため、京成杯と京成杯オータムハンデキャップ(共にGIII競走)に社杯を提供している。中山競馬場の最寄り駅は東中山駅である。特に皐月賞・有馬記念といったGI競走の時は特急が臨時停車することもある。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

434件中 51 - 60件表示

「京成電鉄」のニューストピックワード