50件中 11 - 20件表示
  • 行橋町

    行橋町から見た京築京築

    行橋町(ゆくはしまち)は、福岡県京都郡にかつて存在した町。1954年に周辺の8村と対等合併し、行橋市となった。旧町域は現在の行橋市中心部付近に存在していた。中津街道(国道10号)沿いに町が発達し、1895年には豊州鉄道(1932年、日豊本線に改称)行橋駅が開設された。現在は京築地方の中心都市であり、市街地となっている。行橋町 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸内地方

    瀬戸内地方から見た京築京築

    なお、福岡県の北九州地区・京築地区と大分県を含む場合もある。瀬戸内地方 フレッシュアイペディアより)

  • 犀川町

    犀川町から見た京築京築

    行橋市の南側に位置する町で、行橋市の小規模経済圏、または北九州都市圏に属する。町内にある大坂山には、テレビ・FM局の中継所があり、京築や田川市方面に電波を送信している。犀川町 フレッシュアイペディアより)

  • 赤村

    赤村から見た京築京築

    福岡県の東部にして筑豊の東端部、筑豊と京築を分かつ内陸部の山地の中に位置し、福岡市から真東へ約40km、北九州市から真南へ約30km、行橋市から南西へ20kmの位置にある。村域内を平成筑豊鉄道田川線が通り、村の中央部でカーブする形で東から北西へ向かって貫いている。経済的に北九州都市圏に属し、5%通勤圏に属している。赤村 フレッシュアイペディアより)

  • 京築広域農道

    京築広域農道から見た京築京築

    京築地域は南部ほど谷が多く、隣の谷への移動するには麓まで下り、迂回するような経路で行き来しなければならなかった。一部には谷越えの林道もあるが、道幅が狭い等の通行上の問題も多かった。そのため、東西に谷を貫く300?650m級のトンネル10本で京都郡みやこ町から築上郡上毛町を結ぶ農道が建設され、2012年6月26日、全線が開通した。道路は片側1車線ずつの広域農道で国道10号の南側を通過する。現在みやこ町勝山大久保?上毛町友枝間が既存の県道等を含めて一本で結ばれている。京築広域農道 フレッシュアイペディアより)

  • 筑豊

    筑豊から見た京築京築

    筑豊(ちくほう)は、福岡県の4地域(福岡地方・北九州地方・筑後地方・筑豊地方)の一つで、同県中央の内陸部をさす地域名である。広義では遠賀郡・京築地域を含む場合がある。筑豊 フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚郵便局

    飯塚郵便局から見た京築京築

    福岡県内各方面への国道が通じる県中央部に位置し、郵便物の自動車輸送に有利であったことから、長年にわたり地域区分局として筑豊および京築地区(苅田町と吉富町を除く)の郵便物をまとめる地域統括拠点としての役割を担っていた。局舎の老朽・狭隘化により2007年(平成19年)3月26日に、福岡市東区に新設された新福岡郵便局へ、それまで福岡都市圏で同じ役割を担ってきた博多郵便局の分と併せ、郵便物まとめの地域統括拠点としての役割を移すこととなった。ただし、ゆうパックの中継業務は新福岡郵便局の他に、北九州中央郵便局も担当している。また、京築など北九州市に近いエリアの地域区分業務については北九州中央郵便局に移管された。またこれに伴い営業時間を大幅に縮小し、筑豊地域で唯一行っていたゆうゆう窓口(時間外窓口)を含む郵便窓口の24時間営業を取りやめている。飯塚郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 北九州中央郵便局

    北九州中央郵便局から見た京築京築

    2007年(平成19年)3月26日 - 新福岡郵便局開局に伴う郵便業務再編により、京築地域の郵便物の地域区分業務を飯塚郵便局から移管される。北九州中央郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 東筑紫学園高等学校・照曜館中学校

    東筑紫学園高等学校・照曜館中学校から見た京築京築

    北九州市をはじめ、下関市や京築地域から通学する生徒も少なくない。東筑紫学園高等学校・照曜館中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡県立小倉工業高等学校

    福岡県立小倉工業高等学校から見た京築京築

    北九州市内や京築地域から通学する生徒が多いが、県内全域から受験が可能である。工業高校であるため、男子生徒の人数が非常に多い。福岡県立小倉工業高等学校 フレッシュアイペディアより)

50件中 11 - 20件表示