前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
867件中 1 - 10件表示
  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    補強面では、市原から鷲田雅一を、平塚から岩元洋成を、京都から吉田達磨を、C大阪から卜部太郎を、ブラジルのリオクラロFCからアランを、川崎からムタイルを、札幌からバウテルを完全移籍で獲得し、横浜Mから平間智和をレンタル移籍で獲得した。新人では、鶴商学園高から根本亮助、前橋育英高から小久保純、静岡学園高から飯塚浩記が加入した。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • サガン鳥栖

    サガン鳥栖から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    また、浦和と京都から練習着が、地元高校からビブス、用具メーカーからボールがそれぞれ寄贈された。2月13日に開かれたリーグ理事会で、組織が承継されていないことから準会員の資格は失ったものの、鳥栖Fが所属していた旧JFLと、同年のナビスコカップへの参加が特例的に認められた。選手については、鳥栖F解散から契約が宙に浮いていた8選手(高嵜理貴、鈴木俊、松田悦典、大森征之、森保洋、田中哲也、森純一、工藤圭司)と前述の佐藤らレンタル選手4人に加え、急遽行ったセレクションで獲得した8人の計20人となり、2月16日に新体制が発表された。さらにシーズン開幕直前には戦力補充と経費削減のため、関連会社が選手の人件費を負担し、チームは勝利給や出場給のみ支給する社員選手の制度を検討。これに市内の生花店と電気工事店が協力し、北内耕成と関本恒一が加入した。サガン鳥栖 フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛FC

    愛媛FCから見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    京都からコーチ兼任でDF大西貴(石橋が監督時代の高校選手権優勝時の主将)、西濃運輸からMF黒田一則が入団。また、早稲田大学在学中のFW友近聡朗が加入した。愛媛FC フレッシュアイペディアより)

  • 細川浩三

    細川浩三から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    青山学院大学在籍時は主将も務め、1994年に京都パープルサンガに入団。3年間プレーし引退。その後は、チームのコーチなどを務め、2006年には取締役に就任した。細川浩三 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヴェルディ1969

    東京ヴェルディ1969から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    1996年、エメルソン・レオンが監督に就任。天皇杯で優勝もリーグ戦では7位に終わった。また、5月にラモス瑠偉が京都へ移籍した。東京ヴェルディ1969 フレッシュアイペディアより)

  • アビスパ福岡

    アビスパ福岡から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    鳥栖Fよりウーゴ・マラドーナ、簔口祐介、中込正行らを獲得、引き続き中央防犯時代より所属の元アルゼンチン代表ペドロ・トログリオらを擁し、京都、鳥栖F、神戸などと争った結果、24勝6敗の成績でJFLで優勝し、1996年からのJリーグ加盟を決めた。なお、シーズン終了後にオルギンが監督を退任した。アビスパ福岡 フレッシュアイペディアより)

  • カターレ富山

    カターレ富山から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    安間体制3年目。FC岐阜から西川優大、鳥栖から山瀬幸宏、京都から加藤弘堅、松本から木村勝太を完全移籍で獲得。吉川健太が期限付き移籍から完全移籍に移行。かつて新潟に在籍していた明堂和也が加入した。6月、京都から守田達弥を期限付き移籍で獲得した。カターレ富山 フレッシュアイペディアより)

  • 有田光希

    有田光希から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    有田 光希(ありた こうき、1991年9月23日 - )は、新潟県新潟市出身のサッカー選手。京都サンガF\.C\.所属。有田光希 フレッシュアイペディアより)

  • 山口智 (サッカー選手)

    山口智 (サッカー選手)から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    小学生の頃に地元の佐川サッカースクールでサッカーを始め(当時のチームメイトに吉村光示・圭司兄弟や森田真吾、声優の小野大輔がいる)、中学卒業後にプロを目指すべく高知県を離れて、高校時代はジェフユナイテッド市原ユースチームに所属。1996年3月20日、対京都パープルサンガ戦にJリーグ史上初の高校生Jリーガー(17歳354日、当時最年少記録)としてデビューした。この記録は2年後に、当時チームメイトであった阿部勇樹に破られるまで保持し続けた(阿部の記録は16歳333日)。山口智 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 小谷野徹

    小谷野徹から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    1993年に教育研究社FC京都パープルサンガに入団しサテライトチームに所属。このサテライトチームが若手選手の公式戦の場として京都府リーグ4部に登録。1994年に京都パープルサンガが教育研究社からメインスポンサーを離れたのをきっかけにサテライトチームが分離独立して「教育研究社FC」としてJFL昇格を目指すことになり、毎年昇格し2度目の出場となった1999年全国地域サッカーリーグ決勝大会決勝ラウンドで敗退したが、全国社会人サッカー連盟の推薦を受けて2000年に日本フットボールリーグ(JFL)昇格が決定。チーム内で京都市社会人サッカーリーグ4部からJFL昇格まで唯一経験した選手となる。小谷野徹 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
867件中 1 - 10件表示

「京都サンガFC」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]