632件中 91 - 100件表示
  • 深谷友基

    深谷友基から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    中学校までは主にMFを務め、1年生の時からレギュラーを務めた。中学卒業後は、愛知県立三好高等学校に進学。同校初のインターハイ全国大会出場に貢献。阪南大学在学中の2003年-2004年に強化指定選手として京都パープルサンガに登録され、サテライトリーグに出場した。深谷友基 フレッシュアイペディアより)

  • 橋田聡司

    橋田聡司から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    大学卒業後、2004年に京都パープルサンガ入団。3月27日J2 第3節 対湘南戦でサブに入り、2005年11月19日 J2 第41節 対札幌戦でJリーグデビュー、その年の天皇杯4回戦 対大宮戦に出場し1点ビハインドのロスタイムに攻撃参加、コーナキックにヘッドで合わせるもゴールはならなかった。2006年シーズンオフに契約満了となりトライアウトを受けたが、チーム事情により再契約となった。しかし2007年は出場機会に恵まれずシーズンオフに契約満了。その後、トライアウトを受験し、カターレ富山へ入団した。橋田聡司 フレッシュアイペディアより)

  • カターレ富山

    カターレ富山から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    選手は、合併前の両クラブの主力を中心とした24名(アローズ北陸より13名、YKK APより11名)に加え、京都から橋田聡司、札幌から川崎健太郎などのJリーグクラブからの移籍加入(5名)で構成された。カターレ富山 フレッシュアイペディアより)

  • 椋原健太

    椋原健太から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2011年は徳永の右SB復帰によりポジションを失うが、中村北斗の累積警告による出場停止を受け、第27節京都戦でプロ入り後初となる左SBでの先発出場。思い切りの良いプレーで初得点を挙げると、中村らとのポジション争いを制し、終盤戦にかけて左SBのレギュラーに定着した。この年、左SHに入っていたMF田邉草民は、椋原について「対面する相手が低い位置に下がっても、きちんとボールにアプローチする」のでSHの守備負担を軽減させてくれると述べている。椋原健太 フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・ルイス・デ・ソウザ・シルバ

    アンドレ・ルイス・デ・ソウザ・シルバから見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2002年限りで札幌を退団して以降は、京都、鳥栖とJ2のクラブを渡り歩き、2006年にJ1・ヴァンフォーレ甲府に入団。甲府では、主にセンターバックとして出場した。アンドレ・ルイス・デ・ソウザ・シルバ フレッシュアイペディアより)

  • ウィルフリード・サヌ

    ウィルフリード・サヌから見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    ウィルフリード・サヌ(Wilfried Sanou, 1984年3月16日 - )は、ブルキナファソ・ボボ・ディウラッソ出身でJ2の京都サンガF\.C\.所属、ブルキナファソ代表のサッカー選手。ポジションは主にサイドミッドフィルダー。サイドバックやトップ下でもプレーできるポリバレントな選手。ウィルフリード・サヌ フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木慎吾

    鈴木慎吾から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    新潟に3年在籍し、J1昇格を果たせないで居たが、2002年にJ1の京都パープルサンガからオファーがあり、レンタル移籍。鈴木にとって初となるJ1でのプレーが叶った。京都には2年在籍し、2002年の天皇杯優勝に貢献するなど、その能力が国内トップリーグで通用する事を成績で証明した2年間となった。鈴木慎吾 フレッシュアイペディアより)

  • 平野孝

    平野孝から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2000年シーズン途中、チームの主力メンバーの望月重良、大岩剛とともに「慢性的なプレーなどでチームの秩序を乱した」として解雇され、京都パープルサンガに移籍。その後はジュビロ磐田、ヴィッセル神戸、東京ヴェルディ1969、横浜F・マリノスを転々とする。平野孝 フレッシュアイペディアより)

  • 西田吉洋

    西田吉洋から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    京都パープルサンガに在籍していた1996年シーズン途中に右サイドバックにコンバートされてから頭角を現し、日本代表候補にも選出された。西田吉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 宇賀神友弥

    宇賀神友弥から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2010年、キャンプや練習試合で左サイドバックとして質の高いプレーを披露し、2月20日に行われたプレシーズンマッチ、対徳島戦では柏木陽介、ロブソン・ポンテが欠場したことにより左サイドハーフとして先発出場した。この試合では序盤から積極的なプレーで攻撃陣を牽引し、後半には鋭い突破から精度の高いクロスを上げエスクデロ・セルヒオのゴールをアシストした。そして3月6日、J1第1節、対鹿島戦で左サイドバックとして先発出場。これがプロでの公式戦デビューとなった。その後はサヌと左サイドバックのポジションを争う中でJ1第15節の対京都戦で途中出場し、J1初得点を記録。J1第18節、対名古屋戦では一時は同点となる鮮やかなミドルシュートを決めるなど、守備的なポジションでありながらも左サイドの攻撃の起点として活躍。終盤は故障での離脱を繰り返すこともあったが、最終的に公式戦32試合に出場し、3得点を記録した。宇賀神友弥 フレッシュアイペディアより)

632件中 91 - 100件表示

「京都サンガFC」のニューストピックワード