632件中 11 - 20件表示
  • 坂元要介

    坂元要介から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    同志社大学在籍時にU-20日本代表に選出され1992年にアジアユースに出場。U-22日本代表にも選出されアトランタ五輪1次予選にも出場したが、最終予選や本大会のメンバーからは落選している。1996年に京都パープルサンガに入団したが、出場機会に恵まれず、その後はJFLでプレーを続けた。現在はフットサルの選手としてプレーしている。坂元要介 フレッシュアイペディアより)

  • 路木健

    路木健から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    路木 健(みちき けん、1972年10月16日 - )は、長崎県出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはミッドフィールダー。実弟は路木龍次。現在は京都サンガF\.C\.スタッフ。路木健 フレッシュアイペディアより)

  • 三戸雄志

    三戸雄志から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2001年 - 2003年 京都パープルサンガJr.ユース三戸雄志 フレッシュアイペディアより)

  • 上野展裕

    上野展裕から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2004年、広島を離れ、関西地区ナショナルトレセンコーチ就任に伴い大津市内に転居、そのときに京都パープルサンガ(現京都サンガF\.C\.)からオファーがあり、2005年から京都の育成部門統括責任者に就任、アカデミーの整備および強化を行った。京都アカデミーは広島ユースをモデルケースとして強化し、2006年「スカラーアスリートプロジェクト」という強化方針をうちだしたが、その初期の陣頭指揮をとったのが上野である。2006年10月、トップチームの柱谷幸一監督の解任をうけ、美濃部直彦監督の下トップチームコーチも兼務する。2007年からヘッドコーチに専念することとなった。同年10月、成績不振により美濃部から総監督(GM)職の加藤久に監督が代わるなかでも引き続きヘッドコーチとしてチームを支え、同年末にはJ1昇格を果たしている。上野展裕 フレッシュアイペディアより)

  • 中払大介

    中払大介から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    静岡県立清水東高等学校を経て、1996年にこの年からJリーグに参入したアビスパ福岡に入団。山下芳輝、久永辰徳らとともに、福岡期待の若手としてチームに貢献した。しかし、チームは成績がなかなか上向かず、何度もJ2降格の危機を迎え、ついに2001年に降格を迎えた。これを機に京都パープルサンガ(現:京都サンガF\.C\.)に移籍。中払大介 フレッシュアイペディアより)

  • ゲルト・エンゲルス

    ゲルト・エンゲルスから見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2000年からは京都パープルサンガのヘッドコーチとなったが、前任の加茂周が解任されたのを受けてセカンドステージから監督に昇格、この年はチームのJ2降格を食い止めることは出来なかったものの翌2001年はJ2優勝を果たし、さらにJ1に復帰した2002年には朴智星や松井大輔を率い、天皇杯で優勝するというセンセーショナルな結果を残した。しかし2003年は開幕から10試合で2勝8敗の不振のため解任された。ゲルト・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

  • 石丸清隆

    石丸清隆から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2001年にJ2の京都パープルサンガに移籍。前年まで三浦知良が付けていた背番号11を与えられるなど期待され、同年のJ1昇格に大きく貢献。2003年は背番号を6に変更の上で主将に就任し、2004年まで務めた。石丸清隆 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝博康

    川勝博康から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    川勝 博康(かわかつ ひろやす、1975年9月19日 - )は、日本の元サッカー選手、指導者。京都府出身。現在、京都サンガF\.C\.の下部組織のコーチを担当。川勝博康 フレッシュアイペディアより)

  • 大嶽直人

    大嶽直人から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    1998年からは京都パープルサンガ(現・京都サンガF\.C\.)へ移籍、2001年に現役を引退し、京都サンガF.Cでコーチを務めた。大嶽直人 フレッシュアイペディアより)

  • 大木武

    大木武から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    この年甲府は大宮アルディージャからFWバレーの獲得に成功し、同時に長谷川太郎が成長したことにより藤田とともに得点を量産。一時は2位につけるもその後得点力が落ち、前半戦は6位で折り返す。後半戦開始まで期日があったためミニキャンプを張ると同時に石原をFWにコンバートする3トップを画策し、30節のコンサドーレ札幌戦より実践。、42節の札幌戦で後半ロスタイム3得点を挙げて逆転勝利。そして最終節の京都パープルサンガ戦で2-1に勝利し3位でシーズン終了。入れ替え戦でもバレーのダブルハットトリックなどの活躍もあり柏レイソルに2戦2勝。チームをJ1昇格へ導くとともに大木武 フレッシュアイペディアより)

632件中 11 - 20件表示

「京都サンガFC」のニューストピックワード