867件中 21 - 30件表示
  • 路木健

    路木健から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    路木 健(みちき けん、1972年10月16日 - )は、長崎県出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはミッドフィールダー。実弟は路木龍次。現在は京都サンガF\.C\.スタッフ。路木健 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生直剛

    羽生直剛から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2002年に大学を卒業し、ジェフユナイテッド市原に入団。3月3日、開幕戦の対京都戦(市原臨海)で初出場を果たす。初得点は11月9日の対浦和戦(国立)。このシーズンは新人でありながら、リーグ戦とカップ戦を合わせて32試合に出場し、2得点を記録した。羽生直剛 フレッシュアイペディアより)

  • 比嘉祐介

    比嘉祐介から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2014年1月10日、京都サンガF\.C\.に期限付き移籍することが発表された。同年3月2日、J2開幕戦、北九州市立本城陸上競技場でのギラヴァンツ北九州戦で自身のJリーグ公式戦初ゴールを決めた。比嘉祐介 フレッシュアイペディアより)

  • 駒井善成

    駒井善成から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2002年、京都市立百々小学校4年生の時に京都パープルサンガジュニアユースの試験を「ダメもとで受けてみた」ところ合格。同じ京都のチーム長岡京SSに在籍していた良きライバルでもある宇佐美貴史は「善成を最初に見た時は衝撃を受けた。勝っていけるのかなと思った」と当時の駒井を語っている。駒井善成 フレッシュアイペディアより)

  • 大木武

    大木武から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    この年甲府は大宮アルディージャからFWバレーの獲得に成功し、同時に長谷川太郎が成長したことにより藤田とともに得点を量産。一時は2位につけるもその後得点力が落ち、前半戦は6位で折り返す。後半戦開始まで期日があったためミニキャンプを張ると同時に石原をFWにコンバートする3トップを画策し、30節のコンサドーレ札幌戦より実践。42節の札幌戦で後半ロスタイム3得点を挙げて逆転勝利。そして最終節の京都パープルサンガ戦で2-1に勝利し3位でシーズン終了。入れ替え戦でもバレーのダブルハットトリックなどの活躍もあり柏レイソルに2戦2勝。チームをJ1昇格へ導いた。大木武 フレッシュアイペディアより)

  • 大槻優平

    大槻優平から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2018年より京都サンガF\.C\.)の育成部コーチ(U-18/U-12 SPコース)に就任した。大槻優平 フレッシュアイペディアより)

  • 沼大希

    沼大希から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    沼 大希(ぬま だいき、1997年5月2日 - )は、大阪府寝屋川市出身のサッカー選手。ポジションはFW。Jリーグ・京都サンガF\.C\.所属。沼大希 フレッシュアイペディアより)

  • 中村太亮 (サッカー選手)

    中村太亮 (サッカー選手)から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    京都パープルサンガ下部組織出身。2008年に金光大阪高等学校から京都サンガF\.C\.に加入。同年8月9日に行われた川崎フロンターレ戦でJリーグデビュー。翌年の2010年8月21日に行われた横浜F・マリノス戦でJリーグ初ゴール。中村太亮 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 中払大介

    中払大介から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    静岡県立清水東高等学校を経て、1996年にこの年からJリーグに参入したアビスパ福岡に入団。山下芳輝、久永辰徳らとともに、福岡期待の若手としてチームに貢献した。しかし、チームは成績がなかなか上向かず、何度もJ2降格の危機を迎え、ついに2001年に降格を迎えた。これを機に京都パープルサンガ(現:京都サンガF\.C\.)に移籍。中払大介 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋祐治

    高橋祐治から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    京都サンガF\.C\.U-18では主将を務め、2011年4月には、2種登録選手としてトップチームに登録された。高橋祐治 フレッシュアイペディアより)

867件中 21 - 30件表示

「京都サンガFC」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]