867件中 31 - 40件表示
  • ゲルト・エンゲルス

    ゲルト・エンゲルスから見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2000年からは京都パープルサンガのヘッドコーチとなったが、前任の加茂周が解任されたのを受けてセカンドステージから監督に昇格、この年はチームのJ2降格を食い止めることは出来なかったものの翌2001年はJ2優勝を果たし、さらにJ1に復帰した2002年には朴智星や松井大輔を率い、天皇杯で優勝するというセンセーショナルな結果を残した。しかし2003年は退団した朴智星の穴を埋めきれず、開幕から10試合で2勝8敗の不振のため解任された。ゲルト・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

  • 田中マルクス闘莉王

    田中マルクス闘莉王から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    田中 マルクス闘莉王(たなか マルクス トゥーリオ、1981年4月24日 - )は、ブラジルのサンパウロ州出身のプロサッカー選手。Jリーグ・京都サンガF\.C\.所属。おもなポジションはディフェンダー(センターバック)だが、フォワードとして起用されることもある。元日本代表。田中マルクス闘莉王 フレッシュアイペディアより)

  • 大黒将志

    大黒将志から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2014年1月、横浜F・マリノスとの契約満了により杭州緑城足球倶楽部へ完全移籍。同月、京都サンガF\.C\.への期限付き移籍が発表された。その後シーズン途中に完全移籍に移行。同年リーグ戦42試合に出場し26得点を挙げJ2得点王となった。翌2015年、自身の動き出しに合うパサーの不在や石丸清隆新監督による守備重視の方針には不満を露にしたがチーム最多得点となる16得点を挙げた。大黒将志 フレッシュアイペディアより)

  • レノファ山口FC

    レノファ山口FCから見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    上野体制4年目。新たにGKコーチとして前京都GKコーチの平井直人、アシスタントコーチとして前筑波大学蹴球部コーチの御簾納将が就任。レノファ山口FC フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    横浜FMからの再オファーも報じられたが交渉はまとまらず、2014年は磐田の顔としてクラブ・自身共に初となるJ2でプレー。同年7月5日、J2第21節京都戦でJリーグ通算150得点を挙げた。シーズン終盤になって名波浩が監督に就くと、初戦のJ2第34節愛媛戦からゲームキャプテンを任された。名波はこの登用について「ゴールでチームを引っ張ってほしいのですが、それだけの責任では足りないと。彼がこのクラブで高校を卒業してからやってきて作り上げた地位は確固たるものだと、僕自身もサポーターもそれからクラブも思っていると思うので。その確固たる地位というのはだれからも信頼されて、尊敬される立場だと思いますし、そこに責任というのを前田にのしかけたいということが一つ。」と話している。通年37試合17得点を記録しチーム得点王となったが、プレーオフで敗れJ1昇格は叶わなかった。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • FC東京

    FC東京から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    後任に大熊清が就任したが、最終節で京都に敗戦し、最終節に勝利した神戸に入れ替わりで年間順位が16位となり、J2降格が決まった。FC東京 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦知良

    三浦知良から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    1999年7月、当時元日本代表監督の加茂周が監督を務めていた、京都パープルサンガに移籍。中村忠と再び同僚となった。2000年5月13日の対神戸戦でJリーグ通算100得点を達成。33歳ながら17得点を記録し得点ランキング3位に入るなど活躍する。しかしこのシーズン、京都は降格し、自身2回目であるゼロ円提示を受ける。三浦知良 フレッシュアイペディアより)

  • 徳島ヴォルティス

    徳島ヴォルティスから見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    京都元監督の美濃部直彦が監督に就任。DF青葉幸洋・DF筒井紀章・DF大森健作が現役引退、FW小林康剛・FW長谷川太郎らが退団した一方、DF西河翔吾・DF藤田泰成・MF米田兼一郎などJ1経験を持つ選手を補強した。徳島ヴォルティス フレッシュアイペディアより)

  • セレッソ大阪

    セレッソ大阪から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2005年 - 小林が監督続投。GKにG大阪から吉田宗弘を完全移籍で獲得、DFには2003年夏季ユニバーシアード優勝メンバーの江添建次郎を7クラブに及ぶ争奪戦の末に獲得に成功、テスト生出身の前田和哉も入団した。京都からFW黒部光昭、東京VからMF廣山望をいずれもレンタル移籍で獲得。外国人選手も数年続いた東欧路線から一変して、ブルーノ・クアドロス、ファビーニョ、ゼ・カルロスを獲得。セレッソ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    1996年夏にV川崎の監督に就任したエメルソン・レオンとは以前から確執があったことから、レオンの下でプレーする事に対して拒絶反応をあからさまに示し、京都サンガへ移籍する。移籍会見では「京都パープルサンガを関西ナンバーワンのチームにする」と宣言していたが翌1997年夏にレオンが監督から解任されるとすぐさま古巣のV川崎に復帰。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

867件中 31 - 40件表示

「京都サンガFC」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]