632件中 31 - 40件表示
  • 木寺浩一

    木寺浩一から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    武南高校時代は1年生の時からレギュラーの座を掴み全国高校サッカー選手権において準優勝と3位という経歴を持つ。また高校3年次には日本ユース代表に選出され、1990年のAFCユース選手権に出場した。高校卒業後、NKK、京都パープルサンガ(ジャパンフットボールリーグ)とクラブを渡り歩いた。木寺浩一 フレッシュアイペディアより)

  • ピム・ファーベーク

    ピム・ファーベークから見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2003年7月から京都パープルサンガの監督に就任。しかし、その直後に来季からオランダ領アンティルの代表監督に就任することが報道され、物議を醸す。結局、チームをJ1残留争いから脱出させることは出来ず、セカンドステージ残り2試合のところでテクニカルアドバイザーに異動、事実上解任された。ピム・ファーベーク フレッシュアイペディアより)

  • 三上卓哉

    三上卓哉から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    駒澤大学から2002年に浦和レッドダイヤモンズに入団。浦和では出場機会を掴めなかったが、2004年途中に京都パープルサンガ移籍後出場機会を得てJ1昇格に貢献した。2008年にJ2愛媛FCに加入すると、35試合に出場した。2011年限りで現役を引退。三上卓哉 フレッシュアイペディアより)

  • 望月聡

    望月聡から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    1995年からはジャパンフットボールリーグの京都パープルサンガへ移籍、同クラブのJリーグ昇格に貢献した。望月聡 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋谷征四郎

    嶋谷征四郎から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    京都の友禅の染色職人の家に生まれ、京都府立山城高等学校を卒業後関西大学へ入学。学生時代からフルバック(今のセンターバック)の名手として活躍し日本代表にも選出された後に、古河電気工業に入社。当時の同僚としては川淵三郎(日本サッカー協会元会長)や宮本征勝(元本田技研、鹿島、清水監督)などがおり、長く親交があった。これらの親交が後に京都紫光サッカークラブが京都パープルサンガ(現:京都サンガF\.C\.)へと進化していく中でも生かされていたことは嶋谷を知る人の中では有名な話である。嶋谷征四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野中政宏

    野中政宏から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    以前は大阪テレビタレントビューロー(TTB)、キャラに所属していた。TTB所属時代からSNKのゲーム『ザ・キング・オブ・ファイターズ』の主人公・草薙京の声を長らく演じている。京都パープルサンガ(現・京都サンガF\.C\.)の熱烈なサポーターとしても知られる。野中政宏 フレッシュアイペディアより)

  • 西村昭宏

    西村昭宏から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    翌2004年には京都パープルサンガの監督に就任するが、J2のリーグ戦で開幕から低迷したために同年6月には早くも監督を解任された。同年12月にC大阪に復帰し、チーム統括部ゼネラルマネージャーに就任。しかし2006年にC大阪はJ2降格、翌2007年もJ2でのスタートに失敗したため、同年5月に都並敏史監督とともにGM職を解任された。西村昭宏 フレッシュアイペディアより)

  • 京都紫光サッカークラブ

    京都紫光サッカークラブから見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    かつて存在した日本のサッカークラブ。1922年に京都府師範学校のOBのサッカークラブとして創部した。日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)加盟の京都サンガF\.C\.の前身となったクラブ。京都紫光サッカークラブ フレッシュアイペディアより)

  • 手島和希

    手島和希から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    1998年に横浜フリューゲルスに入団するがチームは1年で解散する。1999年には京都パープルサンガへ移籍。同年開催のワールドユースに出場しリベロとして活躍。チームの準優勝に貢献した。手島和希 フレッシュアイペディアより)

  • ミロシュ・バヤリツァ

    ミロシュ・バヤリツァから見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2009年は3月7日のリーグ開幕戦大分戦での怪我により4月8日のACLニューカッスル戦までを欠場。4月28日には母親の看病を理由として帰国している。7月11日に再来日し、13日の練習からチームへ再合流、同月18日のリーグ戦京都戦からベンチ入りしている。なお、帰国中には古巣のOFKベオグラードで練習していたことや、再合流の目処も立っていなかったことから移籍も噂されたが、バヤリツァ本人は“デタラメ”と否定している。2009年シーズンをもって退団。中国超級・河南建業足球倶楽部への移籍が発表された。ミロシュ・バヤリツァ フレッシュアイペディアより)

632件中 31 - 40件表示