632件中 41 - 50件表示
  • 菅野将晃

    菅野将晃から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    現役時代は古河電工サッカー部、ジェフユナイテッド市原、当時ジャパンフットボールリーグ所属の京都パープルサンガを最後に現役引退。菅野将晃 フレッシュアイペディアより)

  • 金英權

    金英權から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    Jリーグ第3節C大阪戦でJリーグ初出場。左SBやCBで起用され、2010年6月6日のナビスコカップ第6節京都戦では直接フリーキックによるゴールを挙げた。同年7月には本人にとって初のフル代表入りを果たし、対ナイジェリア戦で3バックの左CBとして先発出場。若くしての活躍に「李正秀、趙容亨、郭泰輝の長所を併せ持つ選手が育っている」とも評された。11月、U-21韓国代表として広州アジア大会に出場。趙広来韓国A代表監督は、2014 FIFAワールドカップを見据えて金や洪正好を育てると公言しており、12月にはAFCアジアカップ2011予備登録メンバーに選出されるも、天皇杯準々決勝参加のために直前合宿を途中離脱したことや守備陣に経験を求めたことから本登録はされなかった。金英權 フレッシュアイペディアより)

  • 奥大介

    奥大介から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    1997年 - 7月5日、対京都パープルサンガ戦でJリーグ初得点を記録。奥大介 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤久

    加藤久から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2007年シーズンを前に加藤はJ2の京都サンガF\.C\.に招聘された。加藤はヴィクサーレ沖縄との関係維持を条件にこれに応じ、京都の専務取締役(実質上のゼネラルマネージャー職)に就任。当初はGMとしてチーム編成などにかかわり、美濃部直彦監督を支える立場にあったが、シーズン途中からは総監督として現場指導にも関わった。さらに、チームに敗北が増えて目標のJ1復帰が危うくなってきた同年10月に美濃部監督を解任し、自らが監督に就任して残りのJ2リーグ戦とJ1・J2入れ替え戦を戦い、チームの大目標だった1シーズンでのJ1復帰を達成した。加藤久 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田豊

    秋田豊から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2006年シーズン終了後に名古屋から戦力外通告を受け、この年J2に降格した京都サンガF\.C\.へ移籍。出場機会は多くなかったが、若手選手に対する模範としてチームを引っ張った。リーグ戦3位で進出したJ1・J2入れ替え戦では既に引退を発表した中で2戦ともベンチ入りし、2戦目にはこのまま引き分けなら昇格という場面で後半ロスタイムに出場。現役ラストシーズンをチームの昇格という最高の形で終えた。試合終了のホイッスルが鳴ると一番先に、日本代表で共に戦ってきた森岡隆三と抱き合った。秋田豊 フレッシュアイペディアより)

  • 山口敏弘

    山口敏弘から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    1996年途中からは京都パープルサンガに移籍。1998年、京都を解雇後どこにも所属せず佐川急便へ練習参加していた。その後同年6月からサンフレッチェ広島に入団。若手の多いチームの中で経験豊富な攻撃的MFとしてチームの攻撃を支えた。山口敏弘 フレッシュアイペディアより)

  • 門川大作

    門川大作から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    門川 大作(かどかわ だいさく、1950年11月23日 - )は、日本の政治家。京都府京都市長(第26代)、京都サンガF\.C\.顧問。門川大作 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原寿徳

    藤原寿徳から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2009年、13年間コーチを務めた鹿島を退団して京都サンガF\.C\.のGKコーチに就任。2010年、シーズン終盤に正GKの座を掴んだ守田達弥を育成した手腕を買われて慰留されるも、チームがJ2降格して監督が変わるのに伴い退任した。藤原寿徳 フレッシュアイペディアより)

  • 美濃部直彦

    美濃部直彦から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    選手時代はDF(主に右サイドバック)としてプレー。中洲小学校、守山北中学校を経て守山高校に進み、1982年全国高校サッカー選手権では滋賀県勢初となる準決勝進出に貢献した。卒業後は松下電器(現:ガンバ大阪)に入団。1994年に当時ジャパンフットボールリーグの京都パープルサンガに移籍し、1995年に現役を引退した。美濃部直彦 フレッシュアイペディアより)

  • 朴康造

    朴康造から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    在日韓国人三世。兄がサッカーをしていたため、幼稚園の時代からサッカーに取り組んでいた。中学時代は地区大会で優勝している。滝川第二高校で活躍し(同期に加地亮がいる)、1998年、Jリーグの京都パープルサンガ入団。出場機会に恵まれず、1999年オフに解雇される。朴康造 フレッシュアイペディアより)

632件中 41 - 50件表示

「京都サンガFC」のニューストピックワード