632件中 51 - 60件表示
  • 李正秀

    李正秀から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    なお、日本での登録名は、京都サンガF\.C\.在籍時は「李正秀」と漢字表記であったが、鹿島アントラーズ在籍時は「イ・ジョンス」とカタカナ表記であった。李正秀 フレッシュアイペディアより)

  • 梶原誠

    梶原誠から見た京都サンガ京都サンガF.C.

    昔は広島ファンだったが、最近はプロ野球を見なくなった。その代わり、京都サンガを応援している。梶原誠 フレッシュアイペディアより)

  • 崔龍洙

    崔龍洙から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2004年には当時J2だった京都パープルサンガに移籍する。2005年にはジュビロ磐田に移籍したが、度重なるけがのためレギュラーではなかった。2006年に韓国に戻り、Kリーグ・FCソウルで選手兼任コーチとしてプレーした。2006年8月5日のFC東京との親善試合を最後に現役を引退。引退後、FCソウルコーチに就任。2011年4月にリーグ戦での不振から皇甫官監督が辞任する事態となり、監督代行に就任。同年12月に正式に監督となった。崔龍洙 フレッシュアイペディアより)

  • 林丈統

    林丈統から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2006年、「スーパーサブではなくスタメンとして出たい」という思いから京都パープルサンガに完全移籍。その際にジェフのクラブハウス内にあるホワイトボードに一言メッセージを書き残し、また、移籍についてのコメントを直筆のメッセージで残すなど、選手・関係者・サポーターへの感謝を表した。2007年にはジュビロ磐田にレンタル移籍していたが、ここでも「京都に行った時と同じように、目指すのはスタメンです」とコメントしている。林丈統 フレッシュアイペディアより)

  • 熱田眞

    熱田眞から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2004年、京都サンガにて34試合に出場したがシーズン終了と同時に契約満期にて現役を引退した。熱田眞 フレッシュアイペディアより)

  • 大島秀夫

    大島秀夫から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    1998年に前橋育英高校から横浜フリューゲルスに入団。当時のレシャック監督の抜擢により、開幕戦にスタメン出場するなど順調な滑り出しを果たした。しかし、その後クラブは横浜マリノスに吸収合併されたため、同期入団である遠藤保仁や辻本茂輝らとともに京都パープルサンガへ移籍した。京都時代は思い通りの活躍が出来ず、2000年のシーズンオフに京都からゼロ円提示を受けて事実上の戦力外になる。しかし、2001年に移籍したモンテディオ山形ではレギュラーに定着し、2004年には22得点を挙げ、川崎フロンターレの我那覇和樹と並びJ2の日本人得点王(得点ランキング2位タイ)となった。同年の天皇杯4回戦の横浜FM戦では鮮烈なダイビングヘッドを決め、このことが翌年の横浜F・マリノス移籍にも繋がった。なお、この試合は山形が1-2で負けている。大島秀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部伸行

    阿部伸行から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2011年、湘南ベルマーレに完全移籍。同年10月8日、天皇杯2回戦ファジアーノ岡山ネクスト戦でプロ入り後初の公式戦出場を果たしたが、野澤洋輔と西部洋平の両ベテランの前にレギュラーを掴むには至らなかった。両選手が退団した2012年には、京都サンガF\.C\.との開幕戦で念願のリーグ戦初出場を果たし、その後も正GKとして出場を続けた。阿部伸行 フレッシュアイペディアより)

  • 角田誠

    角田誠から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    京都パープルサンガユースから京都パープルサンガ(現京都サンガF\.C\.)に入団。それ以前にトップ出場の経験があり、ユース時代の2001年、当時のJ2最年少出場記録(17歳10ヵ月13日)でデビューを飾った(2003年に高萩洋次郎が記録更新)。アテネオリンピックU-23代表にも呼ばれていたが、最終メンバーからは落選。角田誠 フレッシュアイペディアより)

  • 阪倉裕二

    阪倉裕二から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2005年からは京都サンガF\.C\.U-18のコーチを務めた。阪倉裕二 フレッシュアイペディアより)

  • 中河昌彦

    中河昌彦から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    現役生活の殆どを控えGKとして過ごし、数クラブを渡り歩いたが、横浜マリノス在籍時の1996年にはアトランタオリンピック予選や骨折のため欠場が多かった川口能活の代役を務め、京都パープルサンガ在籍時の2001年には全44節中29試合に出場し、京都のJ1昇格に貢献した。中河昌彦 フレッシュアイペディアより)

632件中 51 - 60件表示

「京都サンガFC」のニューストピックワード