867件中 71 - 80件表示
  • 辛島啓珠

    辛島啓珠から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    京都府立山城高等学校から筑波大学を経て、1994年に大学の同期でセンターバックでコンビを組んだ木山隆之とともにガンバ大阪に入団。現役時代は頭脳派のセンターバックとして活躍した。1年目からレギュラーの座を獲得して42試合に出場し、木山と共に弱点であったDF陣の即戦力として活躍するも、その後は度重なる負傷により出場機会が減った。1997年および1998年はアビスパ福岡、1998年10月からは京都パープルサンガ(現:京都サンガF\.C\.)、2000年からは水戸ホーリーホックでプレーして2001年9月に現役引退。辛島啓珠 フレッシュアイペディアより)

  • 満生充

    満生充から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    中学時代は京都パープルサンガ(現:京都サンガF\.C\.)のJrユースに所属し、同期に中村太亮、一学年上には三戸雄志、金沢亮らがいた。満生充 フレッシュアイペディアより)

  • 西村弘司

    西村弘司から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2003年に京都パープルサンガに加入。西村弘司 フレッシュアイペディアより)

  • 井尻明

    井尻明から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    1989年に関東大学リーグ2部の駒澤大学へ進学。その後、京都パープルサンガ、教育研究社サッカー部でプレー。引退後は、指導者へ転身。2009年、JFA 公認S級コーチに認定された。井尻明 フレッシュアイペディアより)

  • 永田亮太

    永田亮太から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    当時湘南ベルマーレの監督を務めていた菅野将晃から誘われ、Jリーグ入り。菅野には京都パープルサンガのジュニアユース時代にも指導を受けていた。永田亮太 フレッシュアイペディアより)

  • レジリオ・シモンズ

    レジリオ・シモンズから見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2003年9月にレジ()の登録名で京都パープルサンガ(現:京都サンガF\.C\.に加入したが、同年末をもって退団した。レジリオ・シモンズ フレッシュアイペディアより)

  • エジミウソン・マティアス

    エジミウソン・マティアスから見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    1995年途中、ジャパンフットボールリーグ時代の京都パープルサンガに移籍し、大量得点でJリーグ昇格に貢献。2000年には横浜F・マリノスのステージ優勝に貢献した。エジミウソン・マティアス フレッシュアイペディアより)

  • 和田昌裕

    和田昌裕から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2014年12月、J2・京都サンガF\.C\.から2015年シーズンの監督就任が発表されたが、2015年7月10日に成績不振により解任された。解任時点でチームは18位と低迷していた。和田昌裕 フレッシュアイペディアより)

  • 倉貫一毅

    倉貫一毅から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2006年4月30日の古巣・磐田戦において福西崇史との接触プレーで左膝前十字靱帯損傷で全治約6か月の重傷を負ったが、同年12月9日の天皇杯5回戦・川崎戦で先発出場し、戦列復帰を果たした。しかしそのシーズンオフに京都サンガF\.C\.へ移籍。チームを支えるキャプテンの移籍はサポーターの間で物議を醸したが、決して甲府側の待遇に不満を持っていた訳ではなく、家族や将来のことを考えた上で実家に近い京都でのプレーを選んだと本人はコメントを残している。倉貫一毅 フレッシュアイペディアより)

  • 美濃部直彦

    美濃部直彦から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    高校を卒業した1984年より松下電器産業サッカー部(1992年からガンバ大阪)に加入、1985年の日本サッカーリーグ1部昇格、1990年度天皇杯の優勝に貢献。Jリーグ初年度となった1993年シーズン終了後、チームの大幅な選手入れ替えにより退団。美濃部のもとには名古屋グランパスエイトとジャパンフットボールリーグ(旧JFL)の京都パープルサンガ(現:京都サンガF\.C\.)からオファーが届いたが、引退後に育成スタッフ入りするという条件を呑んだ京都への移籍を決めた。京都では初代主将を務め、1995年に現役を引退した。美濃部直彦 フレッシュアイペディアより)

867件中 71 - 80件表示

「京都サンガFC」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]