867件中 81 - 90件表示
  • 藤本康太

    藤本康太から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2006年のJ1第19節・対京都戦でJ初得点を決めると、以降4戦連続ゴールを記録した。藤本康太 フレッシュアイペディアより)

  • 松田正俊

    松田正俊から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2005年、J2・京都パープルサンガへ移籍。松田の苦闘を知る柱谷の下でのプレーとなり、限られた出場時間の中で8得点を挙げ、京都のJ1昇格に貢献した。2006年限りで契約満了により退団。松田正俊 フレッシュアイペディアより)

  • ピオトル・ソーヴィシュ

    ピオトル・ソーヴィシュから見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2001年のJ2開幕直前、京都パープルサンガ(現・京都サンガF\.C\.)に入団。京都ではボランチとしてプレーしたが、レギュラーに定着することはできずわずか11試合出場にとどまった。ピオトル・ソーヴィシュ フレッシュアイペディアより)

  • 吉田宗弘

    吉田宗弘から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2017年より京都サンガF\.C\.のトップチームGKコーチに就任した。吉田宗弘 フレッシュアイペディアより)

  • 横谷繁

    横谷繁から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2013年より、京都サンガF\.C\.へ期限付き移籍。京都ではボランチの他にセンターフォワードでも起用され、11得点10アシストを挙げる活躍をする。同年41節水戸戦には左手を骨折。残りのリーグ戦を欠場した。しかしその後チームの昇格に貢献するため、左手の手術を決意。昇格プレーオフでは準決勝・決勝と共にギプスをつけた状態でピッチに立った。結果的にチームは徳島に敗れ、昇格を果たせなかったものの、2014年、京都に完全移籍。横谷繁 フレッシュアイペディアより)

  • 中山博貴

    中山博貴から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2004年より京都パープルサンガ(現:京都サンガF\.C\.)に入団し、新人ながらも3得点をあげる。2年目はユース代表の遠征中に怪我をして更にワールドユースの代表に漏れその直後に全治2ヶ月の重傷を負いシーズンの半分以上を欠場した。3年目の2006年はJ1初スタメンの浦和レッズ戦でJ1初ゴールをあげた。中山博貴 フレッシュアイペディアより)

  • 与那城ジョージ

    与那城ジョージから見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    1992年から1993年まで名古屋グランパスエイトのヘッドコーチ、1994年に京都パープルサンガ(現:京都サンガF\.C\.)の監督代行、1996年に京都のヘッドコーチを歴任。与那城ジョージ フレッシュアイペディアより)

  • 木寺浩一

    木寺浩一から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    武南高校時代は1年生の時からレギュラーの座を掴み全国高校サッカー選手権において準優勝と3位という経歴を持つ。また高校3年次には日本ユース代表に選出され、1990年のAFCユース選手権に出場した。高校卒業後、NKK、京都パープルサンガ(ジャパンフットボールリーグ)とクラブを渡り歩いた。木寺浩一 フレッシュアイペディアより)

  • 大島秀夫

    大島秀夫から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    1998年に前橋育英高校から横浜フリューゲルスに入団。当時のレシャック監督の抜擢により、開幕戦にスタメン出場するなど順調な滑り出しを果たした。しかし、クラブが横浜マリノスに吸収合併されたため、同期入団である遠藤保仁や辻本茂輝らとともに京都パープルサンガへ移籍した。京都では思い通りの活躍が出来ず、2000年のシーズンオフに京都からゼロ円提示を受けて事実上の戦力外になる。しかし、2001年に移籍したモンテディオ山形ではレギュラーに定着し、2004年には22得点を挙げ、川崎フロンターレの我那覇和樹と並びJ2の日本人得点王(得点ランク2位タイ)となった。同年の天皇杯4回戦の横浜FM戦では鮮烈なダイビングヘッドを決め、このことが翌年の横浜F・マリノス移籍につながった。なお、この試合は山形が1-2で負けている。大島秀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 第81回全国高等学校サッカー選手権大会

    第81回全国高等学校サッカー選手権大会から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    原一樹(市立船橋→駒澤大学→清水→浦和→京都→北九州)第81回全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

867件中 81 - 90件表示

「京都サンガFC」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]