632件中 81 - 90件表示
  • 佐藤昌吉

    佐藤昌吉から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    フォワードからコンバートされた俊足の左サイドバック。廃部になったNKKから京都パープルサンガに加入、1999年に大宮アルディージャに移籍し、同年引退した。佐藤昌吉 フレッシュアイペディアより)

  • 松井謙弥

    松井謙弥から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2009年は京都サンガF\.C\.に期限付き移籍したものの、正GK水谷雄一の負傷退場による途中出場1試合にとどまった。松井謙弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山田直輝

    山田直輝から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2008年4月に、2種登録選手としてトップチーム登録。4月26日、対京都サンガF\.C\.戦で後半35分から途中出場。17歳9ヶ月22日でJリーグデビューを果たした。2008年中の公式戦出場は、6月8日のナビスコカップ対名古屋グランパス戦とあわせ、2試合。ユースでも、10月13日、高円宮杯決勝の対名古屋グランパスU-18戦にてハットトリックを達成し、悲願の優勝に大きく貢献(試合は9-1で浦和が勝利)。自身も同大会で8得点を挙げ、得点王となった。山田直輝 フレッシュアイペディアより)

  • エルディス・フェルナンド・ダマショ

    エルディス・フェルナンド・ダマショから見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    2008年、ガンバ大阪から清水に完全移籍したが、チームの不振と共に長谷川健太監督の構想から外れ、シーズン途中の同年6月に京都サンガF\.C\.へ期限付き移籍する。京都では、特に柳沢敦と絶妙なコンビネーションを見せるなど短期間ながら活躍し、10月1日に負傷で離脱するまで残留に貢献した。しかし、ドリブルに拘ってパスを出すタイミングが遅くなる癖は京都でも治せず、2008年をもって、レンタル先の京都、レンタル元の清水両者から戦力外とされ、京都を退団してブラジルへ帰国した。エルディス・フェルナンド・ダマショ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のサッカー

    2005年のサッカーから見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    11月6日 - Jリーグ・ディビジョン2、京都パープルサンガが優勝を決める。2005年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のサッカー

    2012年のサッカーから見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    【JFA】第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝で、FC東京が京都サンガを4-2で下し初優勝し、AFCチャンピオンズリーグ2012への出場権を獲得、1999年にJリーグが2部制になって以降J2勢の優勝は初めて。2012年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 西澤代志也

    西澤代志也から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    プロ入り後は出場機会は限られ、2006年、2007年の公式戦出場はなし。2008年は3月23日のナビスコカップ第2節、対京都サンガF\.C\.戦で公式戦デビューを果たしたものの、カップ戦のみ3試合出場と、3年間で公式戦出場わずか36分にとどまる。西澤代志也 フレッシュアイペディアより)

  • 佐野達

    佐野達から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    その後は横浜マリノス、横浜フリューゲルス、京都パープルサンガ、ザスパ草津のコーチを歴任。2009年からは草津の監督に就任したが、同年をもって退任。佐野達 フレッシュアイペディアより)

  • 第78回全国高等学校サッカー選手権大会

    第78回全国高等学校サッカー選手権大会から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    原竜太(市立船橋→名古屋→京都→山形→湘南)第78回全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 原一樹

    原一樹から見た京都サンガF.C.京都サンガF.C.

    原 一樹(はら かずき、1985年1月5日 - )は千葉県松戸市出身のプロサッカー選手。Jリーグディビジョン2(J2)・京都サンガF\.C\.所属のプロサッカー選手。ポジションはFWおよびサイドハーフもつとめる。原一樹 フレッシュアイペディアより)

632件中 81 - 90件表示