201件中 91 - 100件表示
  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た本田将也

    2008年度、2009年度共にトップ昇格は無く、全員が立命館大学に進学。2010年度は本田将也が監督に就任し、Manel Pons Cup決勝でスペイン・RCDエスパニョールに5-1、同じくスペインで行われたTorneo de Futbol Virgen del Pilar決勝でスペイン・FCバルセロナに3-2でそれぞれ勝利して優勝した。なお、U-15もJFAプレミアカップで優勝、マンチェスター・ユナイテッド・プレミアカップで10位の成績をあげた。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見たハンス・オフト

    1998年は、元日本代表監督のハンス・オフトを監督に迎え、さらには森保一・岩本輝雄・山田隆裕・黒崎久志といった日本代表経験者を次々と獲得したが、下位に低迷。オフトは6月に監督を退任し、清水秀彦が後任となり、2ndステージは勝ち越し。なお、横浜フリューゲルスが消滅したことでJ1参入決定戦への出場は回避した。また、また、初めての強化指定選手(現在の特別指定選手)として滋賀県立草津東高等学校3年の選手(寺脇輝)を獲得した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た三平和司

    大木体制3年目。中村充孝が鹿島、水谷雄一が福岡へ完全移籍、チョン・ウヨンが磐田へ期限付き移籍した一方、川崎から山瀬功治、湘南から三平和司、徳島からオ・スンフン、愛媛から田森大己らを完全移籍で獲得した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見たジョゼ・オスカー・ベルナルディ

    1996年、大野俊三や佐藤慶明といったJリーグ経験者を補強。開幕戦はV川崎と対戦して0-1で敗北。その後、シーズン開幕後17連敗を喫して、オスカーがシーズン途中で監督を解任された。5月にV川崎からラモス瑠偉、藤吉信次、山口貴之を獲得し、後半戦は8勝7敗と勝ち越した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た西村昭宏

    市原から崔龍洙を獲得。西村昭宏を監督に迎え、黒部・松井も残留した。リーグ戦は序盤戦から勝利に恵まれず、西村を6月で解任して柱谷幸一を監督に迎えたが5位に終わった。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見たペドロ・ローシャ

    1997年はペドロ・ローシャを監督に迎えたが、カポネ・クレーベルの両外国人選手が振るわず、更にラモスが退団した。最下位こそ免れたが年間成績は14位に終わった。なお、この年に西田吉洋が日本代表候補に選ばれた。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た平島崇

    2007年2月からクラブの正式名称を'に変更。愛称を京都サンガ'とした(ただし運営法人の商号は現在も株式会社京都パープルサンガのまま)。これに併せて新しいエンブレムも制定された。2006年にJ1ワーストの74失点を喫したディフェンスを立て直すため、名古屋から元日本代表DF秋田豊、清水から森岡隆三、甲府から倉貫一毅を、福岡から平島崇を獲得した。主力も軒並み残留し、1年でのJ1復帰を目指すシーズンとなった。開幕から大きな連勝はしないものの1度の連敗もなく安定して勝ち点を積み重ね、第44節終了時点で暫定3位と昇格圏内につけていた。10月13日に美濃部を解任して、加藤久総監督が監督へ就任した。リーグ戦は3位ながら、広島とのJ1・J2入れ替え戦に勝利を収めてJ1復帰を決めた。また、当初は残り試合に限定された暫定監督扱いとして就任した加藤久総監督の留任も決定した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た渡邉大剛

    柳沢敦、角田誠が仙台、渡邉大剛、片岡洋介が大宮、増嶋竜也が柏、水本裕貴が広島、郭泰輝がKリーグ・蔚山現代FC、西野泰正がカマタマーレ讃岐へ移籍、平井直人が引退、中谷勇介が退団(のちに東京Vへ入団)、チエゴはレンタル移籍期間満了により退団した。また、8月にディエゴが仙台へレンタル移籍した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見たカマタマーレ讃岐

    柳沢敦、角田誠が仙台、渡邉大剛、片岡洋介が大宮、増嶋竜也が柏、水本裕貴が広島、郭泰輝がKリーグ・蔚山現代FC、西野泰正がカマタマーレ讃岐へ移籍、平井直人が引退、中谷勇介が退団(のちに東京Vへ入団)、チエゴはレンタル移籍期間満了により退団した。また、8月にディエゴが仙台へレンタル移籍した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見たギラヴァンツ北九州

    大木体制2年目。開幕前は天皇杯準優勝など前年後半から好調さから昇格候補に挙げられ、第8節の東京V戦まで4連勝。また、第16節の北九州戦まで5連勝となり、同節で首位に立ったが、第17節から3連敗を含む7戦連続勝ちなし。一時は8位まで順位を下げたが、第27節の鳥取戦まで4連勝して6位に浮上(その後連勝を6に伸ばす)して以降、J1昇格プレーオフ圏内となる6位以上の順位を保ち、第39節ホーム岐阜戦の勝利で自動昇格圏内の2位に浮上。第41節時点で2位をキープしたが、最終節の甲府戦でスコアレスドローに終わり、最終節勝利した湘南と入れ替わって3位となり、J1昇格プレーオフへ回った。J1昇格プレーオフ準決勝はホームで6位の大分に敗北し、J1復帰はならなかった。天皇杯は3回戦で磐田にPK負けした。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

201件中 91 - 100件表示

「京都サンガFC」のニューストピックワード