201件中 11 - 20件表示
  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た京セラ

    1922年創設の京都紫光サッカークラブ(設立時の名称は紫郊クラブ)が前身となり、年現在、Jリーグ加盟クラブの前身チームの中で最も古い。1993年に「教育研究社FC京都パープルサンガ」が発足。1994年1月に京セラ・任天堂を中心とした地元企業出資による運営会社「株式会社京セラパープルサンガ」が設立された。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見たガンバ大阪

    J2では圧倒的な得点力と最少失点の堅守であったが、シーズン開幕から下位に低迷。シーズン中に角田誠・手島和希(ともに復帰)らを補強したが、10月に柱谷を監督から解任し、美濃部直彦ヘッドコーチが新監督に就任した。しかし、3バックを採用するなどのテコ入れを図った美濃部体制でも悪い流れを変えられず、11月26日にG大阪に敗れて最下位が決まり、J2降格が決定した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た城陽市

    京都サンガF.C.(きょうとサンガエフシー、)は、日本の京都府京都市、宇治市、城陽市、向日市、長岡京市、京田辺市、木津川市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た松井大輔

    若手主体のチーム作りに転換し、シーズンは黒部光昭・松井大輔・朴智星などが台頭しJ2で優勝し、1年でJリーグ ディビジョン1(J1)へ復帰を果たした。黒部はこの年に30得点を挙げ、J2得点ランク2位となった。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    1996年、大野俊三や佐藤慶明といったJリーグ経験者を補強。開幕戦はV川崎と対戦して0-1で敗北。その後、シーズン開幕後17連敗を喫して、オスカーがシーズン途中で監督を解任された。5月にV川崎からラモス瑠偉、藤吉信次、山口貴之を獲得し、後半戦は8勝7敗と勝ち越した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た松井謙弥

    李正秀(鹿島→アル・サッド)、林丈統、佐藤勇人(千葉)、松井謙弥(C大阪)が完全移籍、豊田陽平(鳥栖)がレンタル移籍、手島和希が引退、シジクレイが退団。一方で大分から7年ぶりの復帰となる鈴木慎吾や、大宮から片岡洋介が移籍。ドゥトラ、郭泰輝、チエゴ(レンタル移籍)、ハウバート・ダン、児玉剛、福村貴幸らを獲得した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た工藤浩平

    一方で、工藤浩平(千葉)、秋本倫孝(甲府)、アライール(愛媛)を完全移籍で獲得、酒井隆介、チョン・ウヨン、内藤洋平が新加入、山田俊毅、駒井善成、伊藤優汰、下畠翔吾がユースから昇格した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た山田隆裕山田 隆裕

    1998年は、元日本代表監督のハンス・オフトを監督に迎え、さらには森保一・岩本輝雄・山田隆裕・黒崎久志といった日本代表経験者を次々と獲得したが、下位に低迷。オフトは6月に監督を退任し、清水秀彦が後任となり、2ndステージは勝ち越し。なお、横浜フリューゲルスが消滅したことでJ1参入決定戦への出場は回避した。また、また、初めての強化指定選手(現在の特別指定選手)として滋賀県立草津東高等学校3年の選手(寺脇輝)を獲得した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た森保一

    1998年は、元日本代表監督のハンス・オフトを監督に迎え、さらには森保一・岩本輝雄・山田隆裕・黒崎久志といった日本代表経験者を次々と獲得したが、下位に低迷。オフトは6月に監督を退任し、清水秀彦が後任となり、2ndステージは勝ち越し。なお、横浜フリューゲルスが消滅したことでJ1参入決定戦への出場は回避した。また、また、初めての強化指定選手(現在の特別指定選手)として滋賀県立草津東高等学校3年の選手(寺脇輝)を獲得した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た林丈統

    李正秀(鹿島→アル・サッド)、林丈統、佐藤勇人(千葉)、松井謙弥(C大阪)が完全移籍、豊田陽平(鳥栖)がレンタル移籍、手島和希が引退、シジクレイが退団。一方で大分から7年ぶりの復帰となる鈴木慎吾や、大宮から片岡洋介が移籍。ドゥトラ、郭泰輝、チエゴ(レンタル移籍)、ハウバート・ダン、児玉剛、福村貴幸らを獲得した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

201件中 11 - 20件表示

「京都サンガFC」のニューストピックワード