201件中 21 - 30件表示
  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見たシジクレイ・デ・ソウザ

    柏からGK水谷雄一、G大阪から9シーズンぶりの京都復帰となるDFシジクレイ、FC東京からレンタル移籍でDF増嶋竜也、千葉からMF佐藤勇人、鹿島からFW柳沢敦と、各ポジションで実力者を獲得し、2年ぶりのJ1に臨んだ。シーズン途中にも、ディフェンス安定のためにG大阪からDF水本裕貴、怪我で長期離脱(登録抹消)したFWパウリーニョの穴を埋めるため、清水からFWフェルナンジーニョを獲得した。その大型補強もあって14位となり、J1残留を達成した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た中谷勇介

    柳沢敦、角田誠が仙台、渡邉大剛、片岡洋介が大宮、増嶋竜也が柏、水本裕貴が広島、郭泰輝がKリーグ・蔚山現代FC、西野泰正がカマタマーレ讃岐へ移籍、平井直人が引退、中谷勇介が退団(のちに東京Vへ入団)、チエゴはレンタル移籍期間満了により退団した。また、8月にディエゴが仙台へレンタル移籍した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た黒部光昭

    若手主体のチーム作りに転換し、シーズンは黒部光昭・松井大輔・朴智星などが台頭しJ2で優勝し、1年でJリーグ ディビジョン1(J1)へ復帰を果たした。黒部はこの年に30得点を挙げ、J2得点ランク2位となった。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た森岡隆三

    2007年2月からクラブの正式名称を'に変更。愛称を京都サンガ'とした(ただし運営法人の商号は現在も株式会社京都パープルサンガのまま)。これに併せて新しいエンブレムも制定された。2006年にJ1ワーストの74失点を喫したディフェンスを立て直すため、名古屋から元日本代表DF秋田豊、清水から森岡隆三、甲府から倉貫一毅を、福岡から平島崇を獲得した。主力も軒並み残留し、1年でのJ1復帰を目指すシーズンとなった。開幕から大きな連勝はしないものの1度の連敗もなく安定して勝ち点を積み重ね、第44節終了時点で暫定3位と昇格圏内につけていた。10月13日に美濃部を解任して、加藤久総監督が監督へ就任した。リーグ戦は3位ながら、広島とのJ1・J2入れ替え戦に勝利を収めてJ1復帰を決めた。また、当初は残り試合に限定された暫定監督扱いとして就任した加藤久総監督の留任も決定した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た山瀬功治

    大木体制3年目。中村充孝が鹿島、水谷雄一が福岡へ完全移籍、チョン・ウヨンが磐田へ期限付き移籍した一方、川崎から山瀬功治、湘南から三平和司、徳島からオ・スンフン、愛媛から田森大己らを完全移籍で獲得した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た三浦知良

    1999年は1stステージが14位。6月に清水が退任して、7月に元日本代表監督の加茂周が監督に就任。また、元日本代表の三浦知良を獲得し、2ndステージは9位となり、Jリーグ昇格後初の1桁順位となった。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た鈴木慎吾

    李正秀(鹿島→アル・サッド)、林丈統、佐藤勇人(千葉)、松井謙弥(C大阪)が完全移籍、豊田陽平(鳥栖)がレンタル移籍、手島和希が引退、シジクレイが退団。一方で大分から7年ぶりの復帰となる鈴木慎吾や、大宮から片岡洋介が移籍。ドゥトラ、郭泰輝、チエゴ(レンタル移籍)、ハウバート・ダン、児玉剛、福村貴幸らを獲得した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た田森大己

    大木体制3年目。中村充孝が鹿島、水谷雄一が福岡へ完全移籍、チョン・ウヨンが磐田へ期限付き移籍した一方、川崎から山瀬功治、湘南から三平和司、徳島からオ・スンフン、愛媛から田森大己らを完全移籍で獲得した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た米田兼一郎

    2005年、柱谷が監督を続投。星大輔・米田兼一郎・加藤大志といったライバルチームの主力を獲得し、パウリーニョ、アレモンの両外国人助っ人が得点を量産し、7試合を残して2位以内が確定、第39節で2度目のJ2優勝を決めた。なお、最終節は1-2で甲府に敗れて、2004年の川崎Fに次ぐシーズン勝点100以上はならなかった。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た朴智星

    若手主体のチーム作りに転換し、シーズンは黒部光昭・松井大輔・朴智星などが台頭しJ2で優勝し、1年でJリーグ ディビジョン1(J1)へ復帰を果たした。黒部はこの年に30得点を挙げ、J2得点ランク2位となった。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

201件中 21 - 30件表示

「京都サンガFC」のニューストピックワード