266件中 31 - 40件表示
  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た石丸清隆

    前半戦を終えて6勝12敗4引き分け。7月8日の徳島戦で敗北し、7月10日に成績不振を理由として和田が監督を解任され、ヘッドコーチの石丸清隆が後任の監督に就任した。10月25日の大宮戦の引き分けで7位以下が確定。最終順位は17位。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た金南一

    一方で、宮吉拓実が富山から、原川力が愛媛から復帰。清水圭介(大分)、山口智(千葉)、菅沼駿哉(磐田)、金南一(全北現代)、黄辰成(AFCテュビズ)、佐々木勇人(仙台)、ダニエル・ロビーニョ(群馬)を完全移籍で獲得。奥川雅也らがユースから昇格した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見たゲルト・エンゲルス

    加茂体制2年目。黒部光昭、松井大輔、朴智星が入団。リーグ戦は当初より不振で6月に加茂を解任。ゲルト・エンゲルスが後任の監督に就任したが、年間成績は15位に終わり、J2へ降格した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た森下俊

    大木体制2年目。森下俊が川崎へ完全移籍、中村太亮が新潟へ期限付き移籍した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た松井大輔

    加茂体制2年目。黒部光昭、松井大輔、朴智星が入団。リーグ戦は当初より不振で6月に加茂を解任。ゲルト・エンゲルスが後任の監督に就任したが、年間成績は15位に終わり、J2へ降格した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た松井謙弥

    加藤体制4年目。李正秀(鹿島→アル・サッド)、林丈統、佐藤勇人(千葉)、松井謙弥(C大阪)が完全移籍、豊田陽平(鳥栖)がレンタル移籍、手島和希が引退、シジクレイが退団した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た山田隆裕山田 隆裕

    元日本代表監督のハンス・オフトが監督に就任。元日本代表の森保一・岩本輝雄・山田隆裕・黒崎久志を獲得したが、下位に低迷。オフトは6月に監督を退任し、清水秀彦が後任となり、2ndステージは勝ち越し。なお、横浜フリューゲルスが横浜Mと合併したことでJ1参入決定戦への出場は回避した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た田中マルクス闘莉王

    一方で、名古屋から小屋松知哉、望月嶺臣(昨年は山口に所属)、田中マルクス闘莉王を、熊本から永井建成を、山形から伊東俊、韓国クラブからハ・ソンミン、ケヴィン・オリスを完全移籍で、柏から湯澤聖人を期限付き移籍で獲得。大黒将志が山形から復帰、仙頭啓矢(東洋大学)、大野耀平(常葉大学)、岩崎悠人(京都橘高校)が入団した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た森保一

    元日本代表監督のハンス・オフトが監督に就任。元日本代表の森保一・岩本輝雄・山田隆裕・黒崎久志を獲得したが、下位に低迷。オフトは6月に監督を退任し、清水秀彦が後任となり、2ndステージは勝ち越し。なお、横浜フリューゲルスが横浜Mと合併したことでJ1参入決定戦への出場は回避した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た遠藤保仁

    エンゲルス体制2年目。三浦知良が神戸、遠藤保仁がG大阪へ移籍した。J2リーグ戦は28勝5分11敗の成績で優勝し、J1復帰を決めた。黒部は30得点を挙げ、J2得点ランク2位となった。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

266件中 31 - 40件表示

「京都サンガFC」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]