266件中 41 - 50件表示
  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た黒部光昭

    加茂体制2年目。黒部光昭、松井大輔、朴智星が入団。リーグ戦は当初より不振で6月に加茂を解任。ゲルト・エンゲルスが後任の監督に就任したが、年間成績は15位に終わり、J2へ降格した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た矢島卓郎

    シーズン終了後、石丸が監督を解任。また、平井、古邊の両コーチ、U-18監督の森岡隆三が退任。矢島卓郎が現役を引退した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た田森大己

    一方、川崎から山瀬功治、湘南から三平和司(2012年は大分に期限付き移籍)、徳島からオ・スンフン、愛媛から田森大己、Honda FCから中村祐哉を完全移籍で、G大阪から横谷繁を期限付き移籍で獲得した。7月に久保裕也がBSCヤングボーイズへ完全移籍した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た石櫃洋祐

    一方、名古屋から石櫃洋祐、ブラジル・アメリカFCからアレッサンドロらを完全移籍で、神戸から有田光希、横浜FMから比嘉祐介、杭州緑城から大黒将志を期限付き移籍で獲得した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た朴智星

    加茂体制2年目。黒部光昭、松井大輔、朴智星が入団。リーグ戦は当初より不振で6月に加茂を解任。ゲルト・エンゲルスが後任の監督に就任したが、年間成績は15位に終わり、J2へ降格した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た田中英雄

    元神戸監督の和田昌裕が監督に就任。オ・スンフン、ジャイロが退団。ドウグラス、比嘉祐介、田中英雄が期限付き移籍期間満了につき退団。高橋祐治が讃岐、田村亮介が鳥栖へ期限付き移籍。酒井隆介が松本、工藤浩平が広島、横谷繁が大宮、三平和司が大分、内野貴志が長野へそれぞれ完全移籍した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見たエルディス・フェルナンド・ダマショ

    加藤体制2年目。柏からGK水谷雄一、G大阪から9シーズンぶりの京都復帰となるDFシジクレイ、FC東京からレンタル移籍でDF増嶋竜也、千葉からMF佐藤勇人、鹿島からFW柳沢敦と、各ポジションで実力者を獲得し、2年ぶりのJ1に臨んだ。シーズン途中にも、ディフェンス安定のためにG大阪からDF水本裕貴、怪我で長期離脱(登録抹消)したFWパウリーニョの穴を埋めるため、清水からFWフェルナンジーニョを獲得した。なお、シーズン成績は14位。天皇杯は5回戦で柏に敗北。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た大木武

    監督に甲府元監督の大木武、ゼネラルマネージャー(GM)に千葉元GMの祖母井秀隆がそれぞれ就任した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た山口智 (サッカー選手)

    一方で、宮吉拓実が富山から、原川力が愛媛から復帰。清水圭介(大分)、山口智(千葉)、菅沼駿哉(磐田)、金南一(全北現代)、黄辰成(AFCテュビズ)、佐々木勇人(仙台)、ダニエル・ロビーニョ(群馬)を完全移籍で獲得。奥川雅也らがユースから昇格した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た森下仁志

    開幕節終了直後に首位に立ったが、その後第18節時点で7勝5敗6分の11位に留まり、6月18日にバドゥを監督から解任。後任決定までコーチの森下仁志が監督代行を務めた後、6月29日より元東京V監督の川勝良一が監督に就任し、徳島からドウグラスを期限付き移籍で獲得したが第41節・富山戦での引き分けにより昇格プレーオフ進出が消滅し、最終順位も9位に終わった。シーズン終了後に監督の川勝、GMの祖母井秀隆、強化部テクニカルディレクターの高間武らが退任した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

266件中 41 - 50件表示

「京都サンガFC」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]