201件中 61 - 70件表示
  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た岩本輝雄岩本 輝雄

    1998年は、元日本代表監督のハンス・オフトを監督に迎え、さらには森保一・岩本輝雄・山田隆裕・黒崎久志といった日本代表経験者を次々と獲得したが、下位に低迷。オフトは6月に監督を退任し、清水秀彦が後任となり、2ndステージは勝ち越し。なお、横浜フリューゲルスが消滅したことでJ1参入決定戦への出場は回避した。また、また、初めての強化指定選手(現在の特別指定選手)として滋賀県立草津東高等学校3年の選手(寺脇輝)を獲得した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た高宗秀

    朴がPSVアイントホーフェンへ移籍し、韓国・水原より高宗秀を獲得した。しかし、黒部が故障、高も不発。エンゲルスそして後任のピム・ファーベークが早々に監督を解任されるなど迷走し、年間成績で最下位となり、2度目のJ2降格が決定した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見たカルロス・アルベルト・デ・オリベイラ

    1997年はペドロ・ローシャを監督に迎えたが、カポネ・クレーベルの両外国人選手が振るわず、更にラモスが退団した。最下位こそ免れたが年間成績は14位に終わった。なお、この年に西田吉洋が日本代表候補に選ばれた。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た加茂周

    1999年は1stステージが14位。6月に清水が退任して、7月に元日本代表監督の加茂周が監督に就任。また、元日本代表の三浦知良を獲得し、2ndステージは9位となり、Jリーグ昇格後初の1桁順位となった。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た大野俊三 (サッカー選手)

    1996年、大野俊三や佐藤慶明といったJリーグ経験者を補強。開幕戦はV川崎と対戦して0-1で敗北。その後、シーズン開幕後17連敗を喫して、オスカーがシーズン途中で監督を解任された。5月にV川崎からラモス瑠偉、藤吉信次、山口貴之を獲得し、後半戦は8勝7敗と勝ち越した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た児玉剛

    李正秀(鹿島→アル・サッド)、林丈統、佐藤勇人(千葉)、松井謙弥(C大阪)が完全移籍、豊田陽平(鳥栖)がレンタル移籍、手島和希が引退、シジクレイが退団。一方で大分から7年ぶりの復帰となる鈴木慎吾や、大宮から片岡洋介が移籍。ドゥトラ、郭泰輝、チエゴ(レンタル移籍)、ハウバート・ダン、児玉剛、福村貴幸らを獲得した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た西田吉洋

    1997年はペドロ・ローシャを監督に迎えたが、カポネ・クレーベルの両外国人選手が振るわず、更にラモスが退団した。最下位こそ免れたが年間成績は14位に終わった。なお、この年に西田吉洋が日本代表候補に選ばれた。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た祖母井秀隆

    監督に甲府元監督の大木武、ゼネラルマネージャー(GM)に千葉元GMの祖母井秀隆がそれぞれ就任した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た山口貴之

    1996年、大野俊三や佐藤慶明といったJリーグ経験者を補強。開幕戦はV川崎と対戦して0-1で敗北。その後、シーズン開幕後17連敗を喫して、オスカーがシーズン途中で監督を解任された。5月にV川崎からラモス瑠偉、藤吉信次、山口貴之を獲得し、後半戦は8勝7敗と勝ち越した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た倉貫一毅

    2007年2月からクラブの正式名称を'に変更。愛称を京都サンガ'とした(ただし運営法人の商号は現在も株式会社京都パープルサンガのまま)。これに併せて新しいエンブレムも制定された。2006年にJ1ワーストの74失点を喫したディフェンスを立て直すため、名古屋から元日本代表DF秋田豊、清水から森岡隆三、甲府から倉貫一毅を、福岡から平島崇を獲得した。主力も軒並み残留し、1年でのJ1復帰を目指すシーズンとなった。開幕から大きな連勝はしないものの1度の連敗もなく安定して勝ち点を積み重ね、第44節終了時点で暫定3位と昇格圏内につけていた。10月13日に美濃部を解任して、加藤久総監督が監督へ就任した。リーグ戦は3位ながら、広島とのJ1・J2入れ替え戦に勝利を収めてJ1復帰を決めた。また、当初は残り試合に限定された暫定監督扱いとして就任した加藤久総監督の留任も決定した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

201件中 61 - 70件表示

「京都サンガFC」のニューストピックワード

  • 今回の臨時国会が通過させる絶好のチャンス

  • 加藤先生逝去は寂しい限り

  • 長年ご指導いただいた加藤先生の逝去は誠に寂しい限りだ。