201件中 71 - 80件表示
  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見たピム・ファーベーク

    朴がPSVアイントホーフェンへ移籍し、韓国・水原より高宗秀を獲得した。しかし、黒部が故障、高も不発。エンゲルスそして後任のピム・ファーベークが早々に監督を解任されるなど迷走し、年間成績で最下位となり、2度目のJ2降格が決定した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た藤吉信次

    1996年、大野俊三や佐藤慶明といったJリーグ経験者を補強。開幕戦はV川崎と対戦して0-1で敗北。その後、シーズン開幕後17連敗を喫して、オスカーがシーズン途中で監督を解任された。5月にV川崎からラモス瑠偉、藤吉信次、山口貴之を獲得し、後半戦は8勝7敗と勝ち越した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見たザ・ベンチャーズ

    京都慕情(原題:、ザ・ベンチャーズのシングル。アンセムの原曲)京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た呉承訓

    大木体制3年目。中村充孝が鹿島、水谷雄一が福岡へ完全移籍、チョン・ウヨンが磐田へ期限付き移籍した一方、川崎から山瀬功治、湘南から三平和司、徳島からオ・スンフン、愛媛から田森大己らを完全移籍で獲得した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た酒井隆介

    一方で、工藤浩平(千葉)、秋本倫孝(甲府)、アライール(愛媛)を完全移籍で獲得、酒井隆介、チョン・ウヨン、内藤洋平が新加入、山田俊毅、駒井善成、伊藤優汰、下畠翔吾がユースから昇格した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見たセルジオ・ドゥトラ・ジュニオール

    李正秀(鹿島→アル・サッド)、林丈統、佐藤勇人(千葉)、松井謙弥(C大阪)が完全移籍、豊田陽平(鳥栖)がレンタル移籍、手島和希が引退、シジクレイが退団。一方で大分から7年ぶりの復帰となる鈴木慎吾や、大宮から片岡洋介が移籍。ドゥトラ、郭泰輝、チエゴ(レンタル移籍)、ハウバート・ダン、児玉剛、福村貴幸らを獲得した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た清水秀彦

    1998年は、元日本代表監督のハンス・オフトを監督に迎え、さらには森保一・岩本輝雄・山田隆裕・黒崎久志といった日本代表経験者を次々と獲得したが、下位に低迷。オフトは6月に監督を退任し、清水秀彦が後任となり、2ndステージは勝ち越し。なお、横浜フリューゲルスが消滅したことでJ1参入決定戦への出場は回避した。また、また、初めての強化指定選手(現在の特別指定選手)として滋賀県立草津東高等学校3年の選手(寺脇輝)を獲得した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た星大輔

    2005年、柱谷が監督を続投。星大輔・米田兼一郎・加藤大志といったライバルチームの主力を獲得し、パウリーニョ、アレモンの両外国人助っ人が得点を量産し、7試合を残して2位以内が確定、第39節で2度目のJ2優勝を決めた。なお、最終節は1-2で甲府に敗れて、2004年の川崎Fに次ぐシーズン勝点100以上はならなかった。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た佐藤慶明

    1996年、大野俊三や佐藤慶明といったJリーグ経験者を補強。開幕戦はV川崎と対戦して0-1で敗北。その後、シーズン開幕後17連敗を喫して、オスカーがシーズン途中で監督を解任された。5月にV川崎からラモス瑠偉、藤吉信次、山口貴之を獲得し、後半戦は8勝7敗と勝ち越した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た崔龍洙

    市原から崔龍洙を獲得。西村昭宏を監督に迎え、黒部・松井も残留した。リーグ戦は序盤戦から勝利に恵まれず、西村を6月で解任して柱谷幸一を監督に迎えたが5位に終わった。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

201件中 71 - 80件表示