266件中 71 - 80件表示
  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た宮吉拓実

    一方で、宮吉拓実が富山から、原川力が愛媛から復帰。清水圭介(大分)、山口智(千葉)、菅沼駿哉(磐田)、金南一(全北現代)、黄辰成(AFCテュビズ)、佐々木勇人(仙台)、ダニエル・ロビーニョ(群馬)を完全移籍で獲得。奥川雅也らがユースから昇格した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た郭泰輝

    一方で、大分から7年ぶりの復帰となる鈴木慎吾や、大宮から片岡洋介が移籍。ドゥトラ、郭泰輝、チエゴ(レンタル移籍)、ハウバート・ダン、児玉剛、福村貴幸らを獲得した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た三平和司

    一方、川崎から山瀬功治、湘南から三平和司(2012年は大分に期限付き移籍)、徳島からオ・スンフン、愛媛から田森大己、Honda FCから中村祐哉を完全移籍で、G大阪から横谷繁を期限付き移籍で獲得した。7月に久保裕也がBSCヤングボーイズへ完全移籍した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た高橋祐治

    元神戸監督の和田昌裕が監督に就任。オ・スンフン、ジャイロが退団。ドウグラス、比嘉祐介、田中英雄が期限付き移籍期間満了につき退団。高橋祐治が讃岐、田村亮介が鳥栖へ期限付き移籍。酒井隆介が松本、工藤浩平が広島、横谷繁が大宮、三平和司が大分、内野貴志が長野へそれぞれ完全移籍した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見たパウロ・アントニオ・デ・オリベイラ

    柱谷体制2年目。黒部がC大阪へ移籍した一方、山形から星大輔、福岡から米田兼一郎、湘南から加藤大志を完全移籍で獲得した。シーズンは7試合を残して2位以内が確定、第39節で2度目のJ2優勝を決めた。最終節は甲府に敗れて、2004年の川崎に次ぐシーズン勝点100以上はならなかった。なお、パウリーニョが22得点でJ2得点王を獲得し、15得点のアレモンと2人でチーム総得点(89)の4割強を占めた。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た祖母井秀隆

    監督に甲府元監督の大木武、ゼネラルマネージャー(GM)に千葉元GMの祖母井秀隆がそれぞれ就任した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た秋田豊

    美濃部体制2年目。2月からクラブ名称を京都サンガF.C.に変更(ただし運営法人の商号は現在も株式会社京都パープルサンガのまま)。同時に新しいエンブレムも制定された。名古屋から元日本代表DF秋田豊、清水から森岡隆三、甲府から倉貫一毅を、福岡から平島崇を獲得した。開幕から大きな連勝はしないものの1度の連敗もなく安定して勝ち点を積み重ね、第44節終了時点で暫定3位と昇格圏内につけていた。10月13日に美濃部を解任して、総監督の加藤久が監督へ就任。リーグ戦は3位となり、J1・J2入れ替え戦で広島に勝利を収めてJ1復帰を決めた。また、当初は残り試合に限定された暫定監督扱いとして就任した加藤の総監督留任も決定した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た伊藤優汰

    一方で、工藤浩平(千葉)、秋本倫孝(甲府)、アライール(愛媛)を完全移籍で獲得、酒井隆介、チョン・ウヨン、内藤洋平が加入、駒井善成、伊藤優汰らがユースから昇格した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た酒井隆介

    一方で、工藤浩平(千葉)、秋本倫孝(甲府)、アライール(愛媛)を完全移籍で獲得、酒井隆介、チョン・ウヨン、内藤洋平が加入、駒井善成、伊藤優汰らがユースから昇格した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た原一樹

    一方、中国・陝西宝栄からバヤリッツァ、徳島から倉貫一毅を完全移籍で、浦和から原一樹らを期限付き移籍で獲得した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

266件中 71 - 80件表示

「京都サンガFC」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]