前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1230件中 1 - 10件表示
  • 旗本札

    旗本札から見た丹波国丹波国

    旗本の知行地は、江戸がある武蔵国を中心とした関東地方にも多く存在したが、これらの地域において旗本札が発行されたという記録はなく、信濃国・三河国以西、九州地方まで、特に近畿地方(近江国・大和国・摂津国・丹波国・但馬国・播磨国)及び中国地方の備中国といった地域に発行例が多い。関東地方は幕府のお膝下にあってその統制力は強く、また札遣いは銀遣い経済の地域である西国で盛んであったことなどが理由であろう。なお、関東諸藩の場合も、上方・西国の飛地領における発行例を除外すれば、明治維新前には藩札を発行していない。畿内に飛地領を有する藩が関東の所領で藩札の発行を試みたが、領民が札遣いに馴染みがなく中止された例もある。旗本札 フレッシュアイペディアより)

  • 織田信奈の野望

    織田信奈の野望から見た丹波国丹波国

    数々の戦場に出て経験を積んでいくが、人の死というものに慣れることができず、戦場での殺し合いが未だできないでいる。戦場で数々の命の選択を迫られるときは、仲間であれ敵であれ、「落ちてくる実は全て拾ってみせる」と自らの命を捨てる覚悟で身体を賭けて全て救おうとする。「三木合戦」では、史実では“三木の干殺し”と呼ばれるほど悲惨な戦いであったとされるが、良晴はそのような策を好まず、退去を認めたうえ、退去者には食事を振舞うことを厳命した。これらの行いから悪評が蔓延していた織田軍の中でも慈悲深い人間との名声が広まり、後に三木城は無血開城、光秀の丹波攻めでも相良軍団が来着した途端に各豪族が降伏を申し出るなどその人間性で勝利を収めることもある。織田信奈の野望 フレッシュアイペディアより)

  • 福知山市

    福知山市から見た丹波国丹波国

    福知山市(ふくちやまし)は、京都府北部の中丹地方に位置する、京都市と伏見市(現・京都市伏見区)に続いて府下三番目に市制を施行した市である。廃藩置県以前は丹波国・丹後国であった。(唯一丹波国と丹後国にまたがる基礎自治体である。)福知山市 フレッシュアイペディアより)

  • 細川氏

    細川氏から見た丹波国丹波国

    しかし、家督を収めた晴元も家臣の三好長慶が率いる一族(三好氏)や松永久秀らの反乱によって細川氏が代々治める摂津・丹波・土佐などの領国から落ち延びることになり管領職も含めかつての名門の影を徐々に失いながら京兆家は没落していった。細川氏 フレッシュアイペディアより)

  • 宗神社

    宗神社から見た丹波国丹波国

    宗神社(そうじんじゃ)は、京都府南丹市八木町屋賀にある神社。旧称は宗社大明神または宗社。式内社参考地で、丹波国総社推定地。宗神社 フレッシュアイペディアより)

  • 良岑経世

    良岑経世から見た丹波国丹波国

    良岑 経世(よしみね の つねよ、生年不詳 - 貞観17年5月19日(875年6月25日))は、平安時代初期から前期にかけての貴族。越前守・良岑木蓮の子とする系図がある。官位は従四位下・丹波守。良岑経世 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝継氏

    川勝継氏から見た丹波国丹波国

    川勝 継氏(かわかつ つぐうじ)は、戦国時代から安土桃山時代の丹波の武将。本姓は秦氏で、秦河勝の後裔とされる。川勝継氏 フレッシュアイペディアより)

  • 飯高永雄

    飯高永雄から見た丹波国丹波国

    飯高 永雄(いいだか の ながお、生没年不詳)は、平安時代初期から前期にかけての貴族。姓は宿禰のち朝臣。官位は従五位上・丹波守。飯高永雄 フレッシュアイペディアより)

  • 笠弘興

    笠弘興から見た丹波国丹波国

    笠 弘興(かさ の ひろおき、生没年不詳)は、平安時代前期の貴族。官位は従五位下・丹波守。越前守・笠豊興の子。笠弘興 フレッシュアイペディアより)

  • 篠山藩

    篠山藩から見た丹波国丹波国

    [[画像:Sasaymajyo01.jpg|thumbnail|250px|再建された篠山城]]篠山藩(ささやまはん)は、丹波国(現在の兵庫県篠山市北新町城内)に存在した藩。藩庁は篠山城。篠山藩 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1230件中 1 - 10件表示

「京都丹波のできごと」のニューストピックワード