前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
972件中 1 - 10件表示
  • 旗本札

    旗本札から見た丹波国丹波国

    旗本の知行地は、江戸がある武蔵国を中心とした関東地方にも多く存在したが、これらの地域において旗本札が発行されたという記録はなく、信濃国・三河国以西、九州地方まで、特に近畿地方(近江国・大和国・摂津国・丹波国・但馬国・播磨国)及び中国地方の備中国といった地域に発行例が多い。関東地方は幕府のお膝下にあってその統制力は強く、また札遣いは銀遣い経済の地域である西国で盛んであったことなどが理由であろう。なお、関東諸藩の場合も、上方・西国の飛地領における発行例を除外すれば、明治維新前には藩札を発行していない。畿内に飛地領を有する藩が関東の所領で藩札の発行を試みたが、領民が札遣いに馴染みがなく中止された例もある。旗本札 フレッシュアイペディアより)

  • 福知山市

    福知山市から見た丹波国丹波国

    福知山市(ふくちやまし)は、京都府北部(旧丹波国)の丹波地方に位置する、京都市と旧伏見市に続いて府下三番目に市制を施行した市である。福知山市 フレッシュアイペディアより)

  • 京都府

    京都府から見た丹波国丹波国

    京都府(きょうとふ)は、日本国・近畿地方の都道府県。794年の平安京遷都以来、天皇の御所が在る。令制国の山城国の全域、丹波国の東半、丹後国の全域を占める。県庁所在地は京都市。京都府 フレッシュアイペディアより)

  • 中国国分

    中国国分から見た丹波国丹波国

    この会議の結果、柴田勝家は秀吉の本拠である近江国長浜を新たに得たが、秀吉は播磨国のほか、山城国、河内国、そして光秀の旧領であった丹波国を獲得した。京都を擁する山城を領した効果は大きく、7月11日(ユリウス暦1582年7月30日)に京都山科の本圀寺に入った秀吉を公家たちは次々に訪問した。また、7月17日には山崎戦のあった天王山山頂に山崎城の普請を開始した秀吉に対して、安国寺恵瓊が早々に毛利輝元と吉川元春の使者として訪れている。毛利氏側としては領土交渉を少しでも有利に進めたかったのであろうと考えられる。中国国分 フレッシュアイペディアより)

  • 篠山藩

    篠山藩から見た丹波国丹波国

    [[画像:Sasaymajyo01.jpg|thumbnail|250px|再建された篠山城]]篠山藩(ささやまはん)は、丹波国(現在の兵庫県篠山市北新町城内)に存在した藩。藩庁は篠山城。篠山藩 フレッシュアイペディアより)

  • 塩見頼勝

    塩見頼勝から見た丹波国丹波国

    塩見 頼勝(しおみ よりかつ、生歿年不詳)は、室町時代後期の丹波国の武将。福知山城の前身の横山城主。前名は小笠原頼勝。官位は大膳大夫。家紋は「三階菱」。塩見頼勝 フレッシュアイペディアより)

  • 三田藩

    三田藩から見た丹波国丹波国

    1575年(天正3年) 織田信長の「天下布武」の下、摂津国を平定した荒木村重が、織田陣営の丹波国攻略の要として家臣の安都部弥市郎を荒木重堅と改名し、三田城に入城させ1万石の城下町として整備していく。三田藩 フレッシュアイペディアより)

  • 松平忠周

    松平忠周から見た丹波国丹波国

    松平 忠周(まつだいら ただちか)、または松平 忠徳(まつだいら ただのり)、は、江戸時代中期の大名。伊賀守流藤井松平家3代。はじめ丹波亀山藩の第3代藩主、のち武蔵岩槻藩主、但馬出石藩主、信濃上田藩の初代藩主。幕府では側用人、京都所司代、老中を歴任した。松平忠周 フレッシュアイペディアより)

  • 宗神社

    宗神社から見た丹波国丹波国

    宗神社(そうじんじゃ)は、京都府南丹市八木町屋賀にある神社。旧称は宗社大明神または宗社。式内社参考地で、丹波国総社推定地。宗神社 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田郡

    桑田郡から見た丹波国丹波国

    桑田郡(くわたぐん)は、丹波国・京都府にあった郡。丹波国府が置かれていた。山城国との境界に位置し、長岡京・平安京の遷都により都の近郊地帯となる。桑田郡 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
972件中 1 - 10件表示

「京都丹波のできごと」のニューストピックワード

  • キッズコンサート2016

  • 案山子(かかし)コンクール

  • 遂に開いた!ピラミッド真実への扉 ツタンカーメンの秘宝と 太陽の船新発見!