972件中 91 - 100件表示
  • 丹波布

    丹波布から見た丹波国丹波国

    丹波布(たんばふ / たんばぬの)とは、丹波国佐治村(かつての兵庫県氷上郡青垣町。現在は氷上郡六町の合併により兵庫県丹波市に編入)で織られていた手紡ぎの絹と木綿を交織にした平織の手織り布。丹波布 フレッシュアイペディアより)

  • 京街道

    京街道から見た丹波国丹波国

    山陰街道 - 但馬国から丹波国福知山・園部・亀岡を経て京都へ至る街道。丹波街道とも呼ばれた。京街道 フレッシュアイペディアより)

  • 卜部平麻呂

    卜部平麻呂から見た丹波国丹波国

    卜部 平麻呂(うらべ の ひらまろ、大同2年(807年) - 元慶5年12月5日(881年12月29日))は、平安時代前期の貴族。名は日良麿とも記される。姓は宿禰。卜部氏(伊豆卜部氏)の祖。子に豊宗がいる。官位は従五位下・丹波介。卜部平麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 神尾山城

    神尾山城から見た丹波国丹波国

    神尾山城(かんのおさんじょう)は、京都府亀岡市宮前町宮川にあった城。柳本賢治の居城で、その後明智光秀の丹波攻めの基地になったのではないかと思われる。神尾山城 フレッシュアイペディアより)

  • 堀井氏

    堀井氏から見た丹波国丹波国

    新潟県に住む人の家に伝わる古文書には、次のような記載がある。「堀井氏、京都北野社社家。宇多皇帝敦実親王十二代孫源広綱の後裔。尚大和国、備後国、丹波国にもこの氏が住んでいる。」堀井氏 フレッシュアイペディアより)

  • 伊伎是雄

    伊伎是雄から見た丹波国丹波国

    嘉祥3年(850年)皇太子・惟仁親王の東宮宮主に任ぜられ、惟仁親王即位(清和天皇)ののち宮主に転任する。清和朝では宮主を務める一方、貞観5年(863年)外従五位下、貞観11年(869年)従五位下・丹波権掾に叙任された。この間貞観5年には一族の業孝らとともに伊伎宿禰姓を賜与されている。貞観14年4月24日死去。享年54。最終官位は宮主従五位下兼行丹波権掾。伊伎是雄 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師寺元長

    薬師寺元長から見た丹波国丹波国

    管領の細川勝元に仕え、応仁の乱では勝元(東軍)に従って摂津を転戦し、丹波国の西軍と戦った。その功績で摂津守護代に任命され、勝元の死後は政元に仕えた。政元のもとでも細川家の重鎮として摂津の統治を任されており、細川家に反抗的な摂津国人の茨木氏や吹田時通らの追討で功績を挙げている。薬師寺元長 フレッシュアイペディアより)

  • 日野資敬

    日野資敬から見た丹波国丹波国

    日野 資敬(ひの すけのり、生年不詳 - 文久元年5月26日(1861年7月3日))は、江戸時代の公家。高家旗本。丹波篠山藩主青山忠裕の子。通称は鑑之助、主税。官位は従五位下侍従・若狭守。日野資敬 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田米山人

    岡田米山人から見た丹波国丹波国

    米山人の前半生の事績については詳しいことは伝わっていない。その生まれについても大坂説、神戸生田村説、丹波八木説などがある。まだ両親、兄弟、先祖についても全くわかっていない。岡田米山人 フレッシュアイペディアより)

  • 安富元家

    安富元家から見た丹波国丹波国

    政元が修験道の修行と称して丹波に下向して京都に戻ってこようとしなかったため、庄元資と共に丹波に赴き、無理矢理政元を京都に連れ帰ったとされる。安富元家 フレッシュアイペディアより)

972件中 91 - 100件表示

「京都丹波のできごと」のニューストピックワード