1230件中 11 - 20件表示
  • 三田藩

    三田藩から見た丹波国丹波国

    1575年(天正3年) 織田信長の「天下布武」の下、摂津国を平定した荒木村重が、織田陣営の丹波国攻略の要として家臣の安都部弥市郎を荒木重堅と改名し、三田城に入城させ1万石の城下町として整備していく。三田藩 フレッシュアイペディアより)

  • 久世重之

    久世重之から見た丹波国丹波国

    久世 重之(くぜ しげゆき、万治2年(1659年) - 享保5年6月27日(1720年8月1日))は、江戸時代中期の大名、江戸幕府老中。官位は従四位下。官名は、はじめ讃岐守のち大和守。下総関宿藩第2代藩主、備中庭瀬藩主・丹波亀山藩主、三河吉田藩主、下総関宿藩(再封)初代藩主。関宿藩久世家2代。久世重之 フレッシュアイペディアより)

  • 松平忠周

    松平忠周から見た丹波国丹波国

    松平 忠周(まつだいら ただちか)、または松平 忠徳(まつだいら ただのり)、は、江戸時代中期の大名。伊賀守流藤井松平家3代。はじめ丹波亀山藩の第3代藩主、のち武蔵岩槻藩主、但馬出石藩主、信濃上田藩の初代藩主。幕府では側用人、京都所司代、老中を歴任した。松平忠周 フレッシュアイペディアより)

  • 飛鳥井雅春

    飛鳥井雅春から見た丹波国丹波国

    天文17年(1548年)、従三位・左兵衛督に叙位・任官する。天文18年(1549年)、参議・左衛門督・丹波守に任官する。天文21年(1552年)、正三位に叙位する。弘治3年(1557年)、従二位に叙位し、永禄2年(1559年)には権中納言に任官する。天正2年(1574年)に正二位に叙位し、天正3年(1575年)には権大納言に任官する。飛鳥井雅春 フレッシュアイペディアより)

  • 高根真象

    高根真象から見た丹波国丹波国

    高根 真象(たかね の まきさ、天平勝宝8年(756年) - 天長8年3月8日(831年4月23日))は、平安時代初期の貴族。氏姓は広階連、のち広階宿禰、高根朝臣。外従五位下・広階虫麻呂の子。官位は従四位下・丹波守。高根真象 フレッシュアイペディアより)

  • 卜部平麻呂

    卜部平麻呂から見た丹波国丹波国

    卜部 平麻呂(うらべ の ひらまろ、大同2年(807年) - 元慶5年12月5日(881年12月29日))は、平安時代前期の貴族。名は真雄、日良麿とも記される。姓は宿禰。卜部氏(伊豆卜部氏)の祖。子に豊宗がいる。官位は従五位下・丹波介。卜部平麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 仁木氏

    仁木氏から見た丹波国丹波国

    足利尊氏の下で仁木頼章・義長兄弟が各地に転戦、侍所頭人や諸国守護を務め、室町幕府草創に貢献した。頼章は尊氏の信任篤く、観応の擾乱以後尊氏の死去まで、高師直の後任の執事(のちの管領)を務め、兄弟で丹波・伊勢・伊賀等最大9ヶ国の守護に任ぜられるなどして重用された。だが頼章の死後、義長がその専横のために細川清氏、土岐頼康、畠山国清らの諸将と対立して失脚し、南朝に降って以後、勢力は衰えた。仁木氏 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田郡

    桑田郡から見た丹波国丹波国

    桑田郡(くわだぐん)は、1879年まで京都府(丹波国)にあった郡。桑田郡 フレッシュアイペディアより)

  • 中国国分

    中国国分から見た丹波国丹波国

    この会議の結果、柴田勝家は秀吉の本拠である近江国長浜を新たに得たが、秀吉は播磨国のほか、山城国、河内国、そして光秀の旧領であった丹波国を獲得した。京都を擁する山城を領した効果は大きく、7月11日(ユリウス暦1582年7月30日)に京都山科の本圀寺に入った秀吉を公家たちは次々に訪問した。また、7月17日には山崎戦のあった天王山山頂に山崎城の普請を開始した秀吉に対して、安国寺恵瓊が早々に毛利輝元と吉川元春の使者として訪れている。毛利氏側としては領土交渉を少しでも有利に進めたかったのであろうと考えられる。中国国分 フレッシュアイペディアより)

  • 京都府

    京都府から見た丹波国丹波国

    京都府(きょうとふ)は日本の近畿地方の都道府県。延暦13年(794年)の平安京遷都以来、天皇の御所がある。令制国でいう山城国の全域、丹波国の東部および丹後国の全域を府域とする。府庁所在地は京都市。京都府 フレッシュアイペディアより)

1230件中 11 - 20件表示

「京都丹波のできごと」のニューストピックワード