972件中 21 - 30件表示
  • 松平忠晴

    松平忠晴から見た丹波国丹波国

    松平 忠晴(まつだいら ただはる、慶長3年(1598年) - 寛文9年3月23日(1669年4月23日))は、駿河田中藩主、遠州掛川藩主、丹波亀山藩の初代藩主。伊賀守流藤井松平家初代。松平忠晴 フレッシュアイペディアより)

  • 正躬王

    正躬王から見た丹波国丹波国

    幼くして聡明であり、大学で学び、史漢を読解し属文を得意とした。弘仁7年(816年)18歳で文章生の試験に及第。天長6年(829年)無位から従四位下に叙せられ、侍従・弾正大弼・刑部大輔・右京大夫・丹波守を歴任する。正躬王 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本梅林公園

    岡本梅林公園から見た丹波国丹波国

    「梅は岡本、桜は吉野、みかん紀の国、栗丹波」と唄われている事で有名である。岡本梅林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 前後

    前後から見た丹波国丹波国

    京に近い「丹地方」(丹波国(京都府中部内陸地方))とその後背地域である丹後国(京都府北部沿岸地方)前後 フレッシュアイペディアより)

  • 紀淑人

    紀淑人から見た丹波国丹波国

    その後も、天慶6年(943年)丹波守、天暦2年(948年)河内守に再任と地方官を歴任した。紀淑人 フレッシュアイペディアより)

  • 八木城 (丹波国)

    八木城 (丹波国)から見た丹波国丹波国

    八木城(やぎじょう)は京都府南丹市八木町八木および亀岡市宮前町神前周辺にあった城。内藤ジョアンゆかりの城としても有名である。丹波国三大城郭のひとつで、黒井城、八上城そして八木城が数えられている。八木城 (丹波国) フレッシュアイペディアより)

  • 文室助雄

    文室助雄から見た丹波国丹波国

    文室 助雄(ふんや の すけお、大同2年(807年) - 天安2年3月14日(858年4月30日))は、平安時代前期の貴族。初名は助雄王、臣籍降下後の氏姓は文室朝臣。一品・長親王の後裔で、中納言・直世王の次男。官位は従五位上・丹波守。字は王明。文室助雄 フレッシュアイペディアより)

  • 黒井城

    黒井城から見た丹波国丹波国

    『嘉吉記』によると、足利尊氏に従軍し、新田義貞軍と戦った功績により建武2年(1335年)12月12日丹波国春日部を赤松貞範に所領され、この時に築城が始まったと思われているが、これに対して猪ノ口山にはまだ築城されていなかったという意見もある。軍事的な緊張があって初めて城が築かれるので、戦闘が終息する時期に築城するのはおかしいというのがその理由である。黒井城 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原元真

    藤原元真から見た丹波国丹波国

    藤原 元真(ふじわら の もとざね、生没年不詳)は、平安時代中期の歌人。藤原南家、右大臣・藤原三守の曾孫。甲斐守・藤原清邦の子。官位は従五位下・丹波介。三十六歌仙の一人。藤原元真 フレッシュアイペディアより)

  • 清原秋雄

    清原秋雄から見た丹波国丹波国

    承和4年(837年)10月の父・夏野の死去に伴い服喪のために官職を辞すが、翌承和5年(838年)正月には本官に復する。承和9年(842年)に発生した承和の変に際しては、山城国五道の一つである大枝道(山陰道の山城・丹波国境)を守護した。承和13年(846年)左兵衛佐。清原秋雄 フレッシュアイペディアより)

972件中 21 - 30件表示

「京都丹波のできごと」のニューストピックワード

  • キッズコンサート2016

  • 案山子(かかし)コンクール

  • 遂に開いた!ピラミッド真実への扉 ツタンカーメンの秘宝と 太陽の船新発見!