1230件中 21 - 30件表示
  • 川勝広綱

    川勝広綱から見た丹波国丹波国

    天正7年(1579年)、川勝秀氏の嫡男として丹波に生まれた。豊臣秀吉の馬廻で、丹波国多紀郡内に200石、ついで近江国甲賀郡内に340石余を加増され、従五位下、信濃守に叙任された。後に近江国甲賀郡内の領地を、丹波国船井郡内に移された。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、父秀氏とともに西軍に与して細川幽斎が拠る丹後田辺城攻撃(田辺城の戦い)に参加した。しかし、秀氏父子は徳川家康に赦され、改易を免れた(広綱は丹波国多紀郡・船井郡内から丹波国船井郡内に転封)。慶長6年(1601年)、室町時代以来の丹波の旧族、細川三斎の推挙により召し出されて、父秀氏は旗本家を興した。川勝広綱 フレッシュアイペディアより)

  • 下田広氏

    下田広氏から見た丹波国丹波国

    下田 広氏(しもだ ひろうじ)は、戦国時代の丹波の国人領主。広親(ひろちか)とも称した。本姓は秦氏で、秦河勝の後裔とされる。下田広氏 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田神社

    桑田神社から見た丹波国丹波国

    桑田神社(くわだじんじゃ、くわた-)は、『延喜式神名帳』に記載されている丹波国桑田郡の式内社。以下の二社が論社とされている。桑田神社 フレッシュアイペディアより)

  • 清原秋雄

    清原秋雄から見た丹波国丹波国

    承和4年(837年)10月の父・夏野の死去に伴い服喪のために官職を辞すが、翌承和5年(838年)正月には本官に復する。承和9年(842年)に発生した承和の変に際しては、山城国五道の一つである大枝道(山陰道の山城・丹波国境)を守護した。承和13年(846年)左兵衛佐。清原秋雄 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原忠宗

    藤原忠宗から見た丹波国丹波国

    嘉承元年12月(1107年1月)左近衛少将に任ぜられる。嘉承2年(1107年)には伊予介を兼ね、五位蔵人に補任。天仁元年(1108年)正五位下・丹波権介に叙任され、天永3年(1112年)従四位下に叙せられた。加賀権介を経て、永久5年(1117年)従四位上に昇叙。永久6年(1118年)に備中権介を兼ねる。元永2年(1119年)正四位下・左近衛中将に叙任され、元永3年(1120年)美作介、保安3年12月(1123年1月)蔵人頭に補せられ、翌保安4年(1123年)には中宮権亮も兼ねた。藤原忠宗 フレッシュアイペディアより)

  • 上友延

    上友延から見た丹波国丹波国

    蔵人所の小舎人として仕えていた。しかし長保元年(999年)丹波国に遣わされた友延は国に下向せずに京にある守・橘経国の宅に到り妻子を責めるという行為に及ぶ。事情は不明である。よって11月11日に仕所に拘禁された。13日には赦免されている。上友延 フレッシュアイペディアより)

  • 高階峯緒

    高階峯緒から見た丹波国丹波国

    貞観3年(861年)丹波守に転任すると、伊勢権守・山城守と再び地方官を歴任し、貞観10年(868年)正月に従四位上に叙せられている。同年2月神祇伯。高階峯緒 フレッシュアイペディアより)

  • 源正明

    源正明から見た丹波国丹波国

    延喜15年2月22日(915年3月10日) 丹波権守源正明 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝広継

    川勝広継から見た丹波国丹波国

    川勝 広継(かわかつ ひろつぐ)は、戦国時代の丹波国の武将。光照(みつてる)とも称した。本姓は秦氏で、秦河勝の後裔とされる。川勝広継 フレッシュアイペディアより)

  • 天王峠

    天王峠から見た丹波国丹波国

    古くは丹波街道(丹州街道)の摂津国と丹波国の境に聳えており、商人達が通る場所となっていた。1978年(寛政10年)に刊行された「摂津名所図会」では「脚木摺峠」(すねこすりとうげ)と明記されている。天王峠 フレッシュアイペディアより)

1230件中 21 - 30件表示

「京都丹波のできごと」のニューストピックワード