1230件中 31 - 40件表示
  • 丸山城 (摂津国能勢郡)

    丸山城 (摂津国能勢郡)から見た丹波国丹波国

    ここは、摂津から丹波国へと通じる街道に面した交通の要衝で耕作地も広く、長元年間(1028年-1036年)にこの地に入部した豪族能勢氏の本拠地となった。能勢氏は、近在で産出した銀や銅の流通を把握して勢力を拡大し、周辺武士団の惣領として武威を振るったという。丸山城 (摂津国能勢郡) フレッシュアイペディアより)

  • 小野馬養

    小野馬養から見た丹波国丹波国

    小野 馬養(おの の うまかい、生没年不詳)は、飛鳥時代から奈良時代にかけての貴族。小錦中・小野毛人の子とする系図がある。官位は正五位下・丹波守。小野馬養 フレッシュアイペディアより)

  • 八木城 (丹波国)

    八木城 (丹波国)から見た丹波国丹波国

    八木城(やぎじょう)は京都府南丹市八木町八木および亀岡市宮前町神前周辺にあった日本の城。内藤ジョアンゆかりの城としても有名である。丹波国三大城郭のひとつで、黒井城、八上城そして八木城が数えられている。八木城 (丹波国) フレッシュアイペディアより)

  • 文室助雄

    文室助雄から見た丹波国丹波国

    文室 助雄(ふんや の すけお)は、平安時代前期の貴族。初名は助雄王、臣籍降下後の氏姓は文室朝臣。一品・長皇子(長親王)の後裔で、中納言・直世王の次男。官位は従五位上・丹波守。字は王明。文室助雄 フレッシュアイペディアより)

  • 山陰街道

    山陰街道から見た丹波国丹波国

    山陰街道(さんいんかいどう)は、日本の街道である。京から丹波を経て山陰地方を通り、周防国の小郡(現・山口市)で西国街道に合流する。山陰道(さんいんどう)、山陰路(さんいんじ)、丹波街道(たんばかいどう)、丹州街道(たんしゅうかいどう)、丹波路(たんばじ)、丹州路(たんしゅうじ)とも呼ばれた。しかし、明治時代に京都府令により「山陰街道」の名称に統一された。山陰街道 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原元真

    藤原元真から見た丹波国丹波国

    藤原 元真(ふじわら の もとざね、生没年不詳)は、平安時代中期の歌人・貴族。藤原南家、右大臣・藤原三守の曾孫。甲斐守・藤原清邦の三男。官位は従五位下・丹波介。三十六歌仙の一人。藤原元真 フレッシュアイペディアより)

  • 平知盛

    平知盛から見た丹波国丹波国

    7月半ば、平氏軍は京を目前にした義仲ら反乱軍を迎え撃つため、一門を畿内各所に派遣し、平忠度は100騎の軍勢で丹波国へ、平資盛・平貞能は1,000騎で宇治田原に、平頼盛は山科へ、知盛は重衡と共に2,000騎の軍勢で勢多に向かった。しかし摂津国の多田行綱が反乱軍に同調して西日本への海上ルートを封鎖する動きを見せると、宗盛は包囲される前に伝統的平氏の地盤である西国へ下向して態勢を立て直す方針へ転換、7月24日、各地に派遣されていた諸将は都に呼び戻される。平知盛 フレッシュアイペディアより)

  • 源恵

    源恵から見た丹波国丹波国

    延喜20年(920年)治部大輔に任ぜられ京官に復すが、延喜21年(921年)山城守を兼ね、延長元年(923年)右衛門権佐に遷任するが、引き続き山城守も務めた。延長4年(926年)伊豆山城両国の治国の功労により正五位下に叙せられると、延長6年(928年)丹波守に任ぜられるなど醍醐朝にて主に地方官を歴任した。延長9年(931年)卒去。源恵 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺輝実

    田辺輝実から見た丹波国丹波国

    田辺 輝実(たなべ てるざね、1841年12月23日(天保12年11月11日)- 1924年(大正13年)10月19日)は、幕末の丹波柏原藩士、明治・大正期の官僚・政治家。県知事、貴族院議員。田辺輝実 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯常人

    佐伯常人から見た丹波国丹波国

    天平9年(737年)従六位下から一挙に四階昇進して外位ながら従五位下に叙せられ、翌天平10年(738年)丹波守に任ぜられる。天平11年(739年)には早くも内位の従五位下となる。佐伯常人 フレッシュアイペディアより)

1230件中 31 - 40件表示

「京都丹波のできごと」のニューストピックワード