972件中 31 - 40件表示
  • 丸山城 (摂津国能勢郡)

    丸山城 (摂津国能勢郡)から見た丹波国丹波国

    ここは、摂津から丹波国へと通じる街道に面した交通の要衝で耕作地も広く、長元年間(1028年-1036年)にこの地に入部した豪族能勢氏の本拠地となった。能勢氏は、近在で産出した銀や銅の流通を把握して勢力を拡大し、周辺武士団の惣領として武威を振るったという。丸山城 (摂津国能勢郡) フレッシュアイペディアより)

  • 安倍弟当

    安倍弟当から見た丹波国丹波国

    安倍 弟当(あべ の おとまさ、生年不詳 - 大同3年6月13日(808年7月10日))は、奈良時代から平安時代初期の貴族。美作守・阿倍意比麻呂(帯麻呂)の子。子に友上がいる。官位は従四位下・丹波守。安倍弟当 フレッシュアイペディアより)

  • 堀尾吉晴

    堀尾吉晴から見た丹波国丹波国

    その後は秀吉に従って各地を転戦し、永禄10年(1567年)の稲葉山城攻めでは、織田軍の稲葉山城に通じる裏道の道案内役を務めたと言われている。天正元年(1573年)には、近江国長浜の内に100石を与えられた。その後も武功を挙げ、播磨国姫路において1,500石、後に丹波国黒江において3,500石に加増された。堀尾吉晴 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原元命

    藤原元命から見た丹波国丹波国

    国司苛政と言うと国司側の一方的収奪で、弱い農民が苦しめられたとのイメージが抱かれやすいが、ときには上訴のどころか、治安3年(1023年)12月には丹波守藤原資業(すけなり)の京都中御門の屋敷を丹波国人騎兵十数人が焼討ち(小右記)にしたことまである。藤原元命 フレッシュアイペディアより)

  • 三田城

    三田城から見た丹波国丹波国

    三田の地は、摂津国、播磨国、丹波国を結ぶ要衝の場所で、有馬郡の中心として古くから栄えていた。郡内には有馬温泉があり、これが再三にわたり激しい戦力争いが行われるきっかけともなった。三田城の前身と言われている車瀬城がいつ頃築城されたのかははっきりしておらず、摂津有馬氏から九鬼氏に城主が替わり、やがて城下町がある三田城、もしくは三田陣屋に変化している。三田城 フレッシュアイペディアより)

  • 豊受大神社

    豊受大神社から見た丹波国丹波国

    豊受姫命は、雄略天皇の時に丹波国から遷宮して伊勢神宮外宮に祀られたとされる。当社はその元伊勢伝承地の1つで、豊受大神宮(伊勢神宮外宮)の元宮であるとの伝承から、「元伊勢外宮」とも称される。豊受大神社 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺城の戦い

    田辺城の戦いから見た丹波国丹波国

    田辺城の戦い(たなべじょうのたたかい)は、慶長5年7月19日(1600年8月27日) から9月6日(10月12日)にかけて、丹後田辺城(現在の京都府舞鶴市)をめぐり起こった戦い。広義の関ヶ原の戦いの一環として戦われ、丹波福知山城主小野木重次、同亀岡城主前田茂勝らの西軍が、田辺城に籠城する細川幽斎(東軍)を攻めた。田辺城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 藤原通重

    藤原通重から見た丹波国丹波国

    藤原 通重(ふじわら の みちしげ、??久安5年8月1日(1149年9月4日))は、平安時代後期の廷臣。大蔵卿藤原通基の次男。母は大蔵卿源師隆の娘で待賢門院の女房である上西門院一条(上西門院乳母)。従四位上、丹波守。中御門流一条家の祖であり、一条 通重とも表記する。藤原通重 フレッシュアイペディアより)

  • 永正の錯乱

    永正の錯乱から見た丹波国丹波国

    この頃、三好之長の専横に反発する畿内の勢力は細川高国の元に結集していた。澄元は義興と和議を結ぶために高国を差し向けようとしたが、逆に高国は伊賀に出奔、義尹・義興と結び、摂津の伊丹元扶や丹波の内藤貞正らの畿内国人を味方につけた。永正の錯乱 フレッシュアイペディアより)

  • 福知山城

    福知山城から見た丹波国丹波国

    現在のような縄張りは明智光秀がおこなった。畿内を押さえた織田信長は、豊臣秀吉と明智光秀に中国攻めを命じた。豊臣秀吉は山陽道から進軍したのに対して、明智光秀は山陰道側より入った。丹波国を平定した明智光秀が築城し、女婿の明智秀満を城主とした。福知山城 フレッシュアイペディアより)

972件中 31 - 40件表示

「京都丹波のできごと」のニューストピックワード