1230件中 41 - 50件表示
  • 安倍房上

    安倍房上から見た丹波国丹波国

    清和朝に入り、散位を経て天安2年11月(859年1月)大判事に任ぜられる。翌天安3年(859年)土佐守・図書頭・治部少輔と短期間に官職を転々とする。貞観4年(862年)尾張守として地方官に転じる。貞観10年(868年)弾正少弼と京官に復帰するが、翌貞観11年(869年)従五位上・丹波権守に叙任され、再び地方官に転じた。安倍房上 フレッシュアイペディアより)

  • 湯長谷藩

    湯長谷藩から見た丹波国丹波国

    江戸時代前期に磐城平藩の支藩として成立して以降、廃藩置県まで譜代大名の内藤氏(一時期遠山氏を称した)が14代にわたって続いた。石高は時期によって変遷があるものの1万石台の小藩で、丹波国などにも飛び地領があった。本稿では、湯長谷に陣屋を移すまでの湯本藩(ゆもとはん)についても併せ述べる。湯長谷藩 フレッシュアイペディアより)

  • 稲次重知

    稲次重知から見た丹波国丹波国

    永禄2年(1559年)、丹波稲次城主の荻野左近の三男として生まれる。天正6年(1578年)、三木合戦において別所長治の配下として籠城する。その2年後の天正8年(1580年)、長治の切腹後豊臣秀吉に許され秀吉の命により渡瀬繁詮の家臣となる。小牧・長久手の戦い、四国征伐等で軍功を挙げる。繁詮が遠江横須賀城主となると1500石を与えられ家老に任ぜられる。稲次重知 フレッシュアイペディアより)

  • 織田信休

    織田信休から見た丹波国丹波国

    織田 信休(おだ のぶやす)は、江戸時代の大名。大和宇陀松山藩第5代藩主、のち丹波柏原藩初代藩主。高長系織田家4代。織田信休 フレッシュアイペディアより)

  • 波多野鶴吉

    波多野鶴吉から見た丹波国丹波国

    1858年(安政5年)- 丹波国何鹿郡綾部町(現・京都府綾部市)の庄屋、羽室嘉右衛門(六代目)の次男に生まれる。波多野鶴吉 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原忠文

    藤原忠文から見た丹波国丹波国

    内舎人・修理少進を経て、延喜4年(904年)従五位下に叙せられる。のち、左馬頭・左衛門権佐・右少将等武官を務める一方で、紀伊権介・播磨介・讃岐介と地方官を兼ねた。延長4年(926年)従四位下・摂津守に叙任されて以降、丹波守・大和守と畿内の国司及び修理大夫を経て、天慶2年(939年)に参議として公卿に列す。藤原忠文 フレッシュアイペディアより)

  • 愛宕神社

    愛宕神社から見た丹波国丹波国

    山城・丹波国境の愛宕山(標高924m)山頂に鎮座する。古くより比叡山と共に信仰を集め、神仏習合時代は愛宕権現を祀る白雲寺として知られた。愛宕神社 フレッシュアイペディアより)

  • 片桐且元

    片桐且元から見た丹波国丹波国

    以後奉行として活躍し、道作奉行としての宿泊地や街道整備などの兵站に関わっている。また所領のあった摂津国を始め、秀吉の支配領域の拡大に伴い、丹波国、大和国、伊予国など各地で、小堀正次、浅野長政、福島正則などと共に、検地奉行に携わるようになる。片桐且元 フレッシュアイペディアより)

  • 夙

    から見た丹波国丹波国

    夙の起源として有力であったのが天皇の御陵番である「守戸」が転訛したという説である。これは幕末に北浦定政が提唱し、本居内遠が『賎者考』にて紹介したものである。これに対して柳田國男は「毛坊主考」(『定本 柳田國男集』第九巻)にてこの説を否定している。大体、夙の分布は畿内の外、紀伊・伊賀・近江・伊勢・丹波・播磨・淡路に広がっており、一方守戸はほぼ畿内に限られていたため一致していないのである。しかも江戸初期以前には「宿」と書くためにますますこの説の信用は欠ける。 フレッシュアイペディアより)

  • 源済政

    源済政から見た丹波国丹波国

    六位蔵人・式部大丞を経て、長徳年間に従五位下に叙爵。阿波権守、五位蔵人、信濃守、右少将、左少将を経て右中将にまで昇るが、公卿昇進は果たせず、修理権大夫や太皇太后宮亮など京官や、讃岐守、近江守、丹波守、播磨守など地方官を歴任し、位階は正四位上に留まった。源済政 フレッシュアイペディアより)

1230件中 41 - 50件表示

「京都丹波のできごと」のニューストピックワード