972件中 41 - 50件表示
  • 松平信義 (丹波亀山藩主)

    松平信義 (丹波亀山藩主)から見た丹波国丹波国

    松平 信義(まつだいら のぶよし)は、幕末の老中、丹波亀山藩の第7代藩主。丹波亀山藩形原松平家12代。松平信義 (丹波亀山藩主) フレッシュアイペディアより)

  • 井上正岑

    井上正岑から見た丹波国丹波国

    井上 正岑(いのうえ まさみね、承応2年(1653年) - 享保7年5月17日(1722年6月30日))は、江戸時代の大名、老中。美濃八幡藩第2代藩主、丹波亀山藩主、常陸下妻藩主、常陸笠間藩初代藩主。浜松藩井上家4代。井上正岑 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲大神宮

    出雲大神宮から見た丹波国丹波国

    出雲大神宮(いずもだいじんぐう)は、京都府亀岡市にある神社。旧称は出雲神社。式内社(名神大社)、丹波国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁に属さない単立神社。出雲大神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 織田信包

    織田信包から見た丹波国丹波国

    織田 信包(おだ のぶかね)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。丹波柏原藩初代藩主。信包系織田家初代。織田信秀の四男(異説あり)で、織田信長の弟。通称は三十郎。なお、一時長野工藤氏に養子に入り、第17代当主となっている。織田信包 フレッシュアイペディアより)

  • 愛宕神社

    愛宕神社から見た丹波国丹波国

    山城・丹波国境の愛宕山(標高924m)山頂に鎮座する。古くより比叡山と共に信仰を集め、神仏習合時代は愛宕権現を祀る白雲寺として知られた。愛宕神社 フレッシュアイペディアより)

  • 天王峠

    天王峠から見た丹波国丹波国

    古くは丹波街道(丹州街道)の摂津国と丹波国の境に聳えており、商人達が通る場所となっていた。1978年(寛政10年)に刊行された「摂津名所図会」では「脚木摺峠」(すねこすりとうげ)と明記されている。天王峠 フレッシュアイペディアより)

  • 幡日佐神社

    幡日佐神社から見た丹波国丹波国

    平安時代中期の『延喜式神名帳』には「丹波国船井郡 幡日佐神社」と記載され、式内社に列している。同じく『延喜式』には10ヶ所の氷室が記載されており、このうち「丹波国桑田郡 池辺」が神吉の氷室に比定されている。また、神吉は謡曲「氷室」の舞台にもなった。幡日佐神社 フレッシュアイペディアより)

  • 伊達神社 (亀岡市)

    伊達神社 (亀岡市)から見た丹波国丹波国

    伊達神社(だてじんじゃ)は、『延喜式神名帳』に記載されている丹波国桑田郡の式内社。以下の二社が論社とされている。伊達神社 (亀岡市) フレッシュアイペディアより)

  • 桑田神社

    桑田神社から見た丹波国丹波国

    桑田神社(くわだじんじゃ、くわた-)は、『延喜式神名帳』に記載されている丹波国桑田郡の式内社。以下の二社が論社とされている。桑田神社 フレッシュアイペディアより)

  • 中川小十郎

    中川小十郎から見た丹波国丹波国

    中川 小十郎(なかがわ こじゅうろう、慶応2年1月4日(1866年2月18日) - 1944年10月7日)は、元貴族院議員、文部省官僚で、京都法政学校(現在の立命館大学)創立者。丹波国南桑田郡馬路村(現在の京都府亀岡市馬路町)生まれ。子息に、彫刻家の流政之、孫に刑法学者(龍谷大学名誉教授)の中川祐夫がいる。中川小十郎 フレッシュアイペディアより)

972件中 41 - 50件表示