1230件中 51 - 60件表示
  • 豊受大神社

    豊受大神社から見た丹波国丹波国

    豊受姫命は、雄略天皇の時に丹波国から遷宮して伊勢神宮外宮に祀られたとされる。当社はその元伊勢伝承地の1つで、豊受大神宮(伊勢神宮外宮)の元宮であるとの伝承から、「元伊勢外宮」とも称される。豊受大神社 フレッシュアイペディアより)

  • 源進

    源進から見た丹波国丹波国

    元慶2年(878年)図書頭に任ぜられる。のち、備中権介を経て、元慶9年(885年)三河守に任ぜられるなど、陽成朝から光孝朝にかけて地方官を務め、この間の元慶8年(884年)従五位上に昇叙されている。また時期は不明ながら、但馬守・丹波守・出雲守・信濃守なども歴任した。源進 フレッシュアイペディアより)

  • 木更津県

    木更津県から見た丹波国丹波国

    11月13日● - 館山県、知山県、長尾県、花房県、鶴舞県、久留里県、鶴牧県、一宮県、桜井県、松尾県、菊間県、飯野県、大多喜県、佐貫県、小久保県の16県が合併して木更津県が成立。額田県の上総国武射郡のうち(旧西端県)、同望陀郡のうち(旧豊橋県)、吉見県の上総国望陀郡のうちの各飛地領を編入する一方、鶴牧県の丹波国船井郡のうち、加知山県の越前国敦賀郡のうちの飛地領を一時的に管轄。木更津県 フレッシュアイペディアより)

  • 菅沼定昭

    菅沼定昭から見た丹波国丹波国

    菅沼 定昭(すがぬま さだあきら)は、丹波亀山藩の第2代藩主。菅沼定昭 フレッシュアイペディアより)

  • 丹塀門成

    丹塀門成から見た丹波国丹波国

    淳和朝に入り、天長3年(826年)従五位下に叙爵し、天長5年(828年)丹波介に任ぜられる。当時、丹波国の土民は荒々しく教化に従わない状態であったため、古くから治めがたいと言われていた。そのため門成は物事に応じる前に笞罰を先んじて行う等の猛政を行うことで、数年の後に国内は道理が通じるようになり、同国の人々も賞賛するようになったという。天長9年(832年)治部少輔に任ぜられ京官に復す。また翌天長10年(833年)多治比貞成の奏請により、一族とともに多治比から丹墀に改姓する。丹塀門成 フレッシュアイペディアより)

  • 松尾神社

    松尾神社から見た丹波国丹波国

    松尾大社の荘園であった丹波国・摂津国・越中国・甲斐国・遠江国・伯耆国・豊前国などに建立されたり、酒造の守り神として全国へ勧請された。松尾神社 フレッシュアイペディアより)

  • 井上正岑

    井上正岑から見た丹波国丹波国

    井上 正岑(いのうえ まさみね、承応2年(1653年) - 享保7年5月17日(1722年6月30日))は、江戸時代中期の大名、老中。美濃八幡藩第2代藩主、丹波亀山藩主、常陸下館藩主、常陸笠間藩初代藩主。浜松藩井上家4代。井上正岑 フレッシュアイペディアより)

  • 松平信義 (丹波亀山藩主)

    松平信義 (丹波亀山藩主)から見た丹波国丹波国

    松平 信義(まつだいら のぶよし)は、幕末の老中、丹波亀山藩の第7代藩主。丹波亀山藩形原松平家12代。松平信義 (丹波亀山藩主) フレッシュアイペディアより)

  • 松平信岑

    松平信岑から見た丹波国丹波国

    松平 信岑(まつだいら のぶみね)は、丹波篠山藩の第5代藩主。後に丹波亀山藩の初代藩主となる。丹波亀山藩形原松平家6代。松平信岑 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井松平家

    藤井松平家から見た丹波国丹波国

    3代・松平信吉は安房守(のちに伊豆守)だったが、4代・忠国から山城守を世襲した。忠国と子・信之の2代で、上野国高崎藩5万石、丹波国篠山藩5万石、播磨国明石藩7万石、大和国郡山藩12万石、下総国古河藩9万石と各地を移封された。藤井松平家 フレッシュアイペディアより)

1230件中 51 - 60件表示

「京都丹波のできごと」のニューストピックワード