1230件中 61 - 70件表示
  • 地黄城

    地黄城から見た丹波国丹波国

    地黄城は、地黄地区の東寄り、現在の能勢町立東中学校の前面にあたり、その部分はテニスコート及び一部教室にあてられている。東西75m×南北110mの地取りで、丹波国へ通じる道路からやや東に折れ引っ込んだ部分に、大手門を造り、石組みの枡形を止め、西、南、北を石塁で固め、北および南辺は土塁状に高くなって所々に屈折を持たせ、単郭式ながら近世陣屋城としての防備を整えていた。地黄城 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺城の戦い

    田辺城の戦いから見た丹波国丹波国

    田辺城の戦い(たなべじょうのたたかい)は、慶長5年7月19日(1600年8月27日) から9月6日(10月12日)にかけて、丹後田辺城(現在の京都府舞鶴市)をめぐり起こった戦い。広義の関ヶ原の戦いの一環として戦われ、丹波福知山城主小野木重次、同亀岡城主前田茂勝らの西軍が、田辺城に籠城する細川幽斎(東軍)を攻めた。田辺城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 前後

    前後から見た丹波国丹波国

    京に近い「丹地方」(丹波国(京都府中部内陸地方))とその後背地域である丹後国(京都府北部沿岸地方)前後 フレッシュアイペディアより)

  • 幡日佐神社

    幡日佐神社から見た丹波国丹波国

    平安時代中期の『延喜式』神名帳では丹波国船井郡に「幡日佐神社」と記載され、式内社に列している。同じく『延喜式』には10ヶ所の氷室が記載されており、このうち丹波国桑田郡の「池辺」の氷室が当地の氷室に比定されている。また、この氷室は謡曲「氷室」の舞台にもなった。幡日佐神社 フレッシュアイペディアより)

  • 細川勝元

    細川勝元から見た丹波国丹波国

    細川 勝元(ほそかわ かつもと)は、室町時代の武将・守護大名。第16、18、21代室町幕府管領。土佐・讃岐・丹波・摂津・伊予守護。第11代細川京兆家当主。父は第14代室町幕府管領、細川持之。政元の父。応仁の乱の東軍総大将として知られている。細川勝元 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原為輔

    藤原為輔から見た丹波国丹波国

    天暦4年(950年)因幡守、天暦9年(955年)には尾張守と地方官を務め、従五位上に昇進。引き続き丹波守、山城守、大和権守と務め上げ、その功で従四位下まで昇る。康保4年(967年)左京大夫を兼任し、安和2年(969年)右中弁に任ぜられた後、左中弁、右大弁と弁官を務めた。藤原為輔 フレッシュアイペディアより)

  • 羽栗翼

    羽栗翼から見た丹波国丹波国

    翌宝亀8年(777年)6月24日に今毛人に代わって大使代行となった副使の小野石根ら遣唐使節一行に従い出帆、7月3日に揚州海陵県(現在の江蘇省泰州市)に到着。8月29日に揚州大都督に至り宿舎や衣食を供給される。揚州では、かつて天平神護2年(766年)に日本の丹波国天田郡華浪山で産出した白鑞に似た鉱物を鋳工に示して鑑定させたところ、「鈍隠」と呼ばれる私鋳銭を偽造する際に用いられる鉱物との結果を得ている。その後一行は長安へ向かうが、安史の乱による駅舎の荒廃を理由に入京人数を43名に制限される。翌宝亀9年(778年)正月13日に翼は石根や副使・大神末足らとともに長安に到着し貢ぎ物を進上、3月22日には皇帝・代宗への拝謁も果たす。同年9月より一行は4船に分乗して順次帰国の途につき、第一船は海上で分断し石根が水死したが、翼は無事に帰国を果たす。翌宝亀10年(779年)4月に使節員に対する叙位が行われ翼は内位の従五位下に叙された。また、唐で使われていた『宝応五紀暦経』を日本に持ち帰って朝廷に献上し、唐では当時日本で使用されていた大衍暦が既に廃止され五紀暦が採用されていることを報告している。羽栗翼 フレッシュアイペディアより)

  • トヨウケビメ

    トヨウケビメから見た丹波国丹波国

    伊勢神宮外宮の社伝(『止由気宮儀式帳』)では、雄略天皇の夢枕に天照大神が現れ、「自分一人では食事が安らかにできないので、丹波国の比治の真奈井(ひじのまない)にいる御饌の神、等由気太神(とゆけおおかみ)を近くに呼び寄せなさい」と言われたので、外宮に祀るようになったとされている。即ち、元々は丹波の神ということになる。トヨウケビメ フレッシュアイペディアより)

  • 坂上苅田麻呂

    坂上苅田麻呂から見た丹波国丹波国

    宝亀元年(770年)称徳天皇が崩御し光仁天皇が即位すると、道鏡の姦計を告げて、その排斥の功績により、正四位下・陸奥鎮守将軍に叙任される。光仁朝では中衛中将を務める傍ら、安芸守・丹波守と地方官も兼ねた。なお、宝亀3年(772年)には大和国高市郡の郡司職に関して、代々郡司職にあった檜前氏(檜前忌寸)ではなく、ここ数代は別の氏(蔵垣忌寸・蚊帳忌寸・文山口忌寸)が郡司職に任ぜられていることを奏上し、今後は檜前氏を郡司職に任じる旨の勅を得ている。坂上苅田麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 坂上貞守

    坂上貞守から見た丹波国丹波国

    坂上 貞守(さかのうえ の さだもり、延暦24年(805年) - 貞観18年9月9日(876年9月30日)は、平安時代の貴族。左京大夫・坂上苅田麻呂の孫。但馬守・坂上鷹主の子。官位は従五位上・丹波守。坂上貞守 フレッシュアイペディアより)

1230件中 61 - 70件表示

「京都丹波のできごと」のニューストピックワード