972件中 61 - 70件表示
  • 上杉氏

    上杉氏から見た丹波国丹波国

    上杉氏(うえすぎし/うえすぎうじ)は、日本の氏族の一つ。元は公家であるが、鎌倉幕府の将軍となった宗尊親王の従者として関東に下向し、武士化した。丹波国何鹿郡上杉荘(現在の京都府綾部市上杉)が名字の地。鎌倉時代、室町時代から江戸時代にかけて栄えた武家の一族が著名であり、越後・上野・武蔵・相模の守護となった。上杉氏 フレッシュアイペディアより)

  • 三田市

    三田市から見た丹波国丹波国

    1958年に単独市制した阪神間で豊かな自然が残っている田園都市で三田城の城下町であり、旧丹波国・旧播磨国と国境を接していた阪神地域の北側に位置している。神戸市や宝塚市などに隣接し、神戸牛の放牧場や農業地帯であったが、JR福知山線の複製電化により、阪神間のベッドタウンとして北摂ニュータウンの開発にともない、一時期は人口増加率日本一になるほど人口が急増していたが、現在は落ち着いている。三田市 フレッシュアイペディアより)

  • 明智光秀

    明智光秀から見た丹波国丹波国

    城主となった光秀は、石山本願寺(高屋城の戦い、天王寺の戦い)や信長に背いた荒木村重と松永久秀(有岡城の戦い・信貴山城の戦い)を攻めるなど近畿の各地を転戦しつつ、丹波国の攻略(黒井城の戦い)を担当し、天正7年(1579年)までにこれを平定した。明智光秀 フレッシュアイペディアより)

  • 北近畿

    北近畿から見た丹波国丹波国

    京都府北部と兵庫県北部を指し、令制国では丹波国の北半、丹後国、但馬国にあたる。北近畿 フレッシュアイペディアより)

  • 明石城

    明石城から見た丹波国丹波国

    明石の地は、山陽道が通り、北には丹波国、但馬国への道が分かれ、淡路島、四国のルートがあり、古来より交通の要衝であった。徳川幕府が西国の外様大名の抑えの城として、姫路城についで着目した。明石城 フレッシュアイペディアより)

  • 朝来市

    朝来市から見た丹波国丹波国

    鉄道では山陰本線と播但線、国道では国道9号と国道312号などが合流し、京阪神地区や丹波地方・播磨地方から但馬地方・山陰地方に至る要衝である。朝来市 フレッシュアイペディアより)

  • 織田氏

    織田氏から見た丹波国丹波国

    織田信雄の子孫は、四男・信良の系統が上野小幡藩、後に出羽高畠藩・天童藩の2万石の大名となった。また、五男・高長の系統が大和宇陀松山藩、後に丹波柏原藩の2万石の大名となった。両家ともに信長の末裔ということで、小藩でありながら江戸時代中期の宇陀崩れや明和事件に巻き込まれるまでは幕府から国主並の優遇を受けた。近代に入り、両家ともに華族となり、子爵を与えられた。織田氏 フレッシュアイペディアより)

  • 竹田城

    竹田城から見た丹波国丹波国

    築城に関しては、不明な点が多い。江戸末期に成立した『和田上道氏日記』によると嘉吉年間(1441年-1443年)に丹波国、播磨国の出入口である竹田の地に「安井ノ城」が築かれたことを記している。「安井ノ城」とは「竹田城」そのもののをさす。『和田上道氏日記』は古い伝承をまとめたもので、竹田城の築城に関しては他に史料がなく『史跡・竹田城』によると「嘉吉三年、山名持豊によって築かれ、太田垣光景が初代城主に任じられたとする口碑を残すのみである」とし1431年(永享3年)但馬国守護山名宗全によって築城され、太田垣光景が初代城主と言われる伝承を紹介している。竹田城 フレッシュアイペディアより)

  • 県民性

    県民性から見た丹波国丹波国

    そもそも、百数十年の歴史しか持たない府県が、千数百年の歴史を持つ令制国や郡を超越した風土を形成する括りとなるに至ったのかという大前提となる問題がある。前節の通り、「お国柄」を言い換えているに過ぎなかったり、国や郡の他にも多種多様に存在する地域性を無理やり府県という括りに当てはめたものが非常に多い。例えば、兵庫県は旧国で区分すれば摂津・但馬・丹波・播磨・淡路の5国となり(厳密には備前・美作も含まれる)、旧藩で区分すればもっと多くなる。また神戸市とその周辺地域にはさまざまな国・地域から永住を選んだ在留外国人=日本人ではないが兵庫県民である者も多いので、彼らの文化は当然それぞれ違う(例としてあげれば、神戸市内にはムスリムのモスクがある。サリーを着たインド人家族が三宮の街を歩いているのもしばしば目にする風景である)。このため性質や行動などについて共通点・相似点などが見出しにくく、しばしば「県民性がないのが兵庫の県民性」などという苦し紛れの強弁がなされる。県民性 フレッシュアイペディアより)

  • 日羅関係

    日羅関係から見た丹波国丹波国

    また昔氏の始祖説話においても、倭国東北一千里のところにある多婆那国の王妃の子が脱解王である。「多婆那国」は丹波国とも比定されている。ほかに但馬国、肥後国玉名郡などの説がある。日羅関係 フレッシュアイペディアより)

972件中 61 - 70件表示