1230件中 71 - 80件表示
  • 安倍弟当

    安倍弟当から見た丹波国丹波国

    宝亀4年(773年)従五位下に叙爵し、翌宝亀5年(774年)主税頭次いで少納言に任ぜられる。桓武朝では、大蔵少輔・左右少弁・兵部大輔などを歴任する一方、延暦6年(787年)従五位上、延暦20年(801年)従四位下に叙せられている。その後左中弁を務め、延暦23年(804年)丹波守を兼ねた。安倍弟当 フレッシュアイペディアより)

  • 倭彦王

    倭彦王から見た丹波国丹波国

    『日本書紀』継体天皇即位前条によると、武烈天皇(第25代)の崩御後に皇位継承者がなく、皇統断絶の危機を迎えた。そこで大伴金村らは、丹波国桑田郡にいた倭彦王を擁立しようとした。しかし、王としてのふさわしさを確かめるために金村らが武装して迎えに行ったところ、倭彦王は恐れをなして逃げ出したという。その後、代わって男大迹王(おおどのおおきみ、第26代継体天皇)が即位することとなっている。倭彦王 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原通重

    藤原通重から見た丹波国丹波国

    藤原 通重(ふじわら の みちしげ、生年不詳?久安5年8月1日(1149年9月4日))は、平安時代後期の廷臣。大蔵卿藤原通基の次男。母は大蔵卿源師隆の娘で待賢門院の女房である上西門院一条(上西門院乳母)。従四位上、丹波守。中御門流一条家の祖であり、一条 通重とも表記する。藤原通重 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原小湯麻呂

    藤原小湯麻呂から見た丹波国丹波国

    藤原 小湯麻呂(ふじわら の おゆまろ)は、奈良時代の貴族。名は小弓麻呂、湯麻呂とも記される。藤原南家、太師・藤原仲麻呂の子。官位は従五位上・丹波介。藤原小湯麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 朝来市

    朝来市から見た丹波国丹波国

    鉄道では山陰本線と播但線、国道では国道9号と国道312号が合流し、京阪神地区や丹波地方・播磨地方から但馬地方・山陰地方に至る交通の要衝である。朝来市 フレッシュアイペディアより)

  • 伊伎是雄

    伊伎是雄から見た丹波国丹波国

    嘉祥3年(850年)皇太子・惟仁親王の東宮宮主に任ぜられ、惟仁親王即位(清和天皇)ののち宮主に転任する。清和朝では宮主を務める一方、貞観5年(863年)外従五位下、貞観11年(869年)従五位下・丹波権掾に叙任された。この間貞観5年には一族の業孝らとともに卜部から伊伎宿禰に改姓している。貞観14年(872年)4月24日卒去。享年54。最終官位は宮主従五位下兼行丹波権掾。伊伎是雄 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本梅林公園

    岡本梅林公園から見た丹波国丹波国

    「梅は岡本、桜は吉野、みかん紀の国、栗丹波」と唄われている事で有名である。岡本梅林公園 フレッシュアイペディアより)

  • 別所吉治

    別所吉治から見た丹波国丹波国

    別所 吉治(べっしょ よしはる)は、安土桃山時代から江戸時代前期の大名。丹波国由良藩主。別所吉治 フレッシュアイペディアより)

  • 広徳寺 (練馬区)

    広徳寺 (練馬区)から見た丹波国丹波国

    織田信包 - 安土桃山期から江戸初期の大名。織田信長の弟、丹波柏原藩主。広徳寺 (練馬区) フレッシュアイペディアより)

  • 日置蓑麻呂

    日置蓑麻呂から見た丹波国丹波国

    左京三条三坊戸主の日置男成の戸口。天平年間に東大寺写経書に勤務し、『正倉院文書』にその名が現れる。淳仁朝にて大内記を務めたのち、外従五位下に叙せられ、天平宝字6年(762年)丹波介に任ぜられる。日置蓑麻呂 フレッシュアイペディアより)

1230件中 71 - 80件表示

「京都丹波のできごと」のニューストピックワード