972件中 71 - 80件表示
  • 平知盛

    平知盛から見た丹波国丹波国

    7月半ば、平氏軍は京を目前にした義仲ら反乱軍を迎え撃つため、一門を畿内各所に派遣し、平忠度は100騎の軍勢で丹波国へ、平資盛・平貞能は1,000騎で宇治田原に、平頼盛は山科へ、知盛は重衡と共に2,000騎の軍勢で勢多に向かった。しかし摂津国の多田行綱が反乱軍に同調して西日本への海上ルートを封鎖する動きを見せると、宗盛は包囲される前に伝統的平氏の地盤である西国へ下向して態勢を立て直す方針へ転換、7月24日、各地に派遣されていた諸将は都に呼び戻される。平知盛 フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県

    兵庫県から見た丹波国丹波国

    令制国では、摂津国と丹波国の各西半分および但馬国と播磨国と淡路国の各全域に当たるが、僅かながら美作国と備前国の各一部も含んでおり、計7か国にまたがっている。旧国名において7か国にまたがる都府県は当県のみであり、11か国からなる北海道に次ぐものである。加えて、五畿八道のうち畿内、山陰道、山陽道、南海道と最多の4地方にまたがり、古来の行政区分をほとんど無視する形で成立している。兵庫県 フレッシュアイペディアより)

  • きのさき (列車)

    きのさき (列車)から見た丹波国丹波国

    京都方面からは、丹波・丹後・但馬(三たん)地区への観光特急の色合いを持っており、特に冬場はJRの旅行商品「かにカニ日帰りエクスプレス」参加者が利用するため乗客が増加する。また、福知山駅以南は山陰本線(嵯峨野線)の通勤特急的な要素もあり、日吉駅に停車する列車もある。きのさき (列車) フレッシュアイペディアより)

  • トヨウケビメ

    トヨウケビメから見た丹波国丹波国

    伊勢神宮外宮の社伝(『止由気宮儀式帳』)では、雄略天皇の夢枕に天照大神が現れ、「自分一人では食事が安らかにできないので、丹波国の比沼真奈井(ひぬまのまない)にいる御饌の神、等由気大神(とようけのおおかみ)を近くに呼び寄せなさい」と言われたので、丹波国から伊勢国の度会に遷宮させたとされている。即ち、元々は丹波の神ということになる。トヨウケビメ フレッシュアイペディアより)

  • 豊臣秀吉

    豊臣秀吉から見た丹波国丹波国

    なお、その後の之綱は、今川氏の凋落の後は徳川家康に仕えるも、天正11年(1583年)に秀吉より丹波国と河内国、伊勢国内に3,000石を与えられ、天正16年(1588年)には1万6,000石と、頭陀寺城に近い遠江久野城を与えられている。豊臣秀吉 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝秀氏

    川勝秀氏から見た丹波国丹波国

    弘治元年(1555年)、川勝継氏の嫡男として、丹波の北桑田郡美山町(現南丹市)静原の島城に生まれた。天正5年(1577年)、織田信長に従って紀州征伐に参陣した。その後、豊臣秀吉の馬廻を務めて、天正10年(1582年)9月9日、丹波国何鹿郡内に3,535石を秀吉より与えられた。父継氏の家督を継ぎ、丹波内1万石余を領していたとされる。文禄元年(1592年)からの文禄・慶長の役では、肥前名護屋城に在陣した。この頃、従六位上、主水正に叙任した。 慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、小野木重次に率いられた丹波・但馬の諸大名とともに西軍に与して、細川幽斎が拠る丹後田辺城攻撃(田辺城の戦い)に参加した。この戦いで、幽斎が承継した古今伝授を残そうとした後陽成天皇の勅使によって、幽斎が救われた話は有名である。その後、徳川家康から赦免を受けて小野木重次が拠る福知山城を攻撃し、改易を免れることができた。戦後、丹波国何鹿郡内から丹波国氷上郡・船井郡内に転封となり、家康の命を受け丹波黒井城の最後の城主を務めた。川勝秀氏 フレッシュアイペディアより)

  • ミミおよびミ

    ミミおよびミから見た丹波国丹波国

    『魏志倭人伝』は3世紀の投馬国の首長に「彌彌(ミミ)」および「彌彌那利(ミミナリ)」がいたことを記している。『古事記』および『日本書紀』では和泉地方に陶津耳(スエツミミ)、摂津地方に三嶋溝耳(ミシマミゾクイミミ)、丹波地方に玖賀耳(クガミミ)、また但馬地方に前津耳(マサキツミミ)が記録されているが、いずれもその地方の首長と考えられている。『出雲風土記』には波多都美(ハタツミ)や支自麻都美(キジマツミ)など「ミ」の付く人物が記されており、いずれも地域的首長である。また『古事記』の出雲神話に出てくる須賀之八耳(スガノヤツミミ)、鳥耳(トリミミ)、美呂浪(ミロナミ)、布忍富(ヌシトミ)も地域的首長と考えられる。他に近江国伊香郡の伊香刀美(イカトミ)なども地名にミを付けた地域的首長を表すと考えられる。ただし首長と言う場合、男子の政治的首長を表す「ネ」や「ヌシ」、あるいはと違い、ミミやミは男子にも女子に付けられており、男女の区別無く呪術的カリスマのある人物に付けられた名称である。ミミおよびミ フレッシュアイペディアより)

  • 良岑良松

    良岑良松から見た丹波国丹波国

    承和年代に常陸権大掾、伊予掾を歴任。承和5年(838年)、遣唐使准判官として渡唐。翌年の帰国時に嵐に遭い、南海に漂流し、同乗者の多くが命を落とした。帰国直後、従五位下に授位され、その後従五位上侍従に任ぜられる。後に正五位下丹波介、従四位下縫殿頭、従四位上宮内大輔、諸陵頭の他武蔵、大和、山城守を歴任する。元慶3年(879年)に散位で卒去。良岑良松 フレッシュアイペディアより)

  • 高槻樫田温泉

    高槻樫田温泉から見た丹波国丹波国

    高槻樫田温泉(たかつきかしだおんせん)は、大阪府高槻市田能的谷(旧国丹波国南桑田郡)にある温泉。* 源泉井戸の老朽化で温泉成分が温泉法の規定より低くなったため2009年7月より「温泉」の名称を外し、地下水を湧かす公衆浴場として運用している。2010年現在は新源泉の掘削を計画中。高槻樫田温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 材木座

    材木座から見た丹波国丹波国

    京都の堀川は平安時代末期より諸国から集まった木材の販売で賑わってきたが、南北朝時代頃より祇園社を本所とする左方・右方の2つの材木座が成立した。彼らは同社の神人の身分を得て丹波国や近江国、美濃国などの周辺の国々や遠く四国方面から入ってきた材木を独占的な販売権を有していた。材木座 フレッシュアイペディアより)

972件中 71 - 80件表示

「京都丹波のできごと」のニューストピックワード

  • キッズコンサート2016

  • 案山子(かかし)コンクール

  • 遂に開いた!ピラミッド真実への扉 ツタンカーメンの秘宝と 太陽の船新発見!